2018年、今年一年を振り返って。。。

どうぞ、よいお年を。。。

こんにちは。
月イチエントリーですみません。

今年も、ゆるゆる更新で申し訳ありません。
そこそこ元気にしております。もう、大晦日ですね。

せめて、この記事だけはと思い、取り急ぎ書いています。
正直、公(ジャニ)私に渡り色々あって昔の情熱はありません。
それと、のっぴきならない事情で参戦を控えた時期もあります。

人生、同じペースで生きていくことはないんだなとつくづく思ったり。
V6兄さんたちを応援している限りは、細々と綴っていくつもりです。


さて、毎年恒例エントリー、今年一年の参戦・観劇記録でございます。

2018年のジャニごとやライブなど。
定価以上で入った公演はひとつもありません。

この他にも月イチペースで歌舞伎座の歌舞伎は観劇しています。
賑やかライブよりもゆる~い舞台が今は自分のペースに合うの。

単なる個人的な覚書なので、こっそりUPします。
コメントは辛口なので、サラリと読み流して下さい。
(閲覧することで不快に思う方はご遠慮下さい)


【1月】

なし

【2月】

なし

【3月】

・「Endless SHOCK」/堂本光一舞台(帝国劇場)
・30-DELUX NEW GENERATION THEATER featuring 宇宙six『スクアッド』/宇宙six舞台(新国立劇場・小劇場)

母上と共に行く帝劇詣は年中行事だったけど、来年は行かない選択を。
今年の敵役は優馬だったかな。歌唱力が準主役の域でないのが残念。

小劇団がJr.のユニット全員を出演者にした、手作り感満載の小演劇。
格好よかったけど、高尚なV舞台に慣れた目には些か陳腐に映る作品。

【4月】

・「滝沢歌舞伎 2018」/三宅健客演、滝沢秀明舞台(新橋演舞場)・3公演
・NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA/静岡エコパアリーナ公演
・KAT-TUN LIVE 2018 UNION/東京ドーム公演

担当がまさかの3年連続客演を務めたジャニーズ流歌舞伎・滝沢歌舞伎。
これまでの二年間と違い、芝居を省いた1部も2部もショー形式の作品。
和風演目は歌舞伎というより和風舞踊と言う感じで、歌舞伎感が薄れる。
和風も洋風も、とにかく三宅さんが素敵ならば、何度も通う価値がある。

NEWSは、日帰り旅行を兼ねた静岡公演のみ、今年は一度も遠征無し。
後の15周年も申し込まず。多分、これが私の人生で最後のNEWSコン。

充電期間を終えたKAT-TUNの東京ドーム復活ライブに参戦。
歌唱力アベレージも高く、個性が際立っている3人が羨ましいと思った。

【5月】

・「滝沢歌舞伎 2018」/三宅健客演、滝沢秀明舞台(新橋演舞場)・3公演

お丸さんBD公演を今年も観劇。
今年は前二年間と違いアドリブが少なかったので、BD公演は楽しかった。
DVD発売もCD発売も嬉しかったけど、座長の決意が衝撃過ぎた2018年。

【6月】

・東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM/日産スタジアム

昨年ハマッた友人のお付き合いで、初の日産スタジアム参戦。
野外会場だけど、そこそこ屋根も付いていて、いい会場だと思った。

【7月】

・「Only You ~ぼくらのROMEO&JULIET~」/増田貴久舞台(東京グローブ座)・2公演

FC当選した人が周りで皆無だった、超激戦の幻のマッスー舞台。
自分名義で呼ばれた公演と、当日券電話でゲットした公演を観劇。
作品を観てもらいたい本人の意図に反し、正にアイドルの為の舞台。

【8月】

・「Only You ~ぼくらのROMEO&JULIET~」/増田貴久舞台(東京グローブ座)
・「KNIGHTS TALE 騎士物語」/堂本光一舞台(帝国劇場)
・新作歌舞伎 NARUTO/新橋演舞場

王子がミュージカル界のプリンスとタッグを組んだ新作ミュージカル。
本格的なミュージカルっぽい高度な作品で、観応え聴き応えのある作品。
ワンピース歌舞伎に続く新作歌舞伎は、有名漫画原作の「NARUTO」。
あまりにも長編な原作なので、舞台でやりきれない感はあるが楽しめた。

【9月】

・KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST/横浜アリーナ公演
・東方神起 LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~/さいたまアリーナ公演

ずっとドームで遠くから眺めていたメンバーを、間近に感じられた公演。
宇宙sixをバックに付けてくれて有難う。全国ツアー、お疲れさまでした。
秋のアリーナ公演にもお付き合い、カッコイイけどハマらないのが残念。

【10月】

・「二十日鼠と人間」/三宅健舞台(東京グローブ座)・初日千秋楽を含む5公演

本当に久しぶりの担当座長の舞台、洋モノ、鈴木裕美さん演出で期待大。
予想を遥かに上回る三宅さんの素敵さに、何度も通った甲斐があった。
高額なチケ代の担当舞台続きで、お財布は悲鳴をあげていますけれど。

【11月】

・「TOP HAT」/坂本昌行舞台(東急シアターオーブ)・初日千秋楽を含む3公演

坂本さんの真骨頂、やっぱりこういうミュージカルが一番良く似合うね。
1階後ろで観た初日も3階で観た千秋楽も、音響のいい劇場は楽しめる。
珍しく1階最前列どセンターという夢のような良席で、夢心地を味わう。
席には拘らない派だけれど、良い席だとより楽しめることを実感した(笑)


【12月】

なし。

以上。


今年は、干支ツムの販売もないみたいなので、この記事にてご挨拶。
ブログの時代でもないのかなと思いつつ、吐ける場所は残しておこう。

今年一年、更新の遅い拙いブログをご訪問頂き有難うございました。
来年も、気が向いたら、たまには覗いてみてくださいませ。

来年も皆様にとって、良い年でありますように。。。