HAPPY BIRTHDAY♪長野博くん

幸せをお裾分け出来る稀有なアイドル。。。

V6&20th Centuryの長野博さま
46歳のお誕生日おめでとうございます

某記者会見記事での、「トニトニ構想」という言葉を読むと・・・
何故か、“ちょっとー、勝手に使わないでくれるー”と未だに密かに思う。

ユニットとしての活動は目立たないけれど、長寿番組のラジオも(聴けないけど)ずっと続けているし、トニファン、トニ担、トニ世代などと、私たちにとっては日常的に、“トニ”=“20th Century”なのだ。きっと、他の事務所がこの言葉を使ったらいい気はしないだろうに、同じ事務所だからって遠慮なく使っていいのか、とちょっとファンは思う所がある。

長野くんの誕生日を横浜アリーナでファンやメンバーと祝ったVコンから、早いものでもう一年が経った。もう、と言うより、まだ一年しか経っていないことに、感覚的に驚く自分がいる。ライブツアーは最低2年に一度と分かっていながら、待たされる時間は、何と長いことよ。その間、担当と舞台で会える舞台班のメンバー担だけは少し潤う時間もあるけれど、それでもVメンが恋しくなることに変わりはない。

トニ贔屓の相方ちゃんが、時々テレビ番組に出ている長野くんの様子を報告してくれる。私は、バラエティー番組が苦手なので、出演しますよと伝言されても、ほぼスルーすることが多い。なので相方ちゃんが、TV画面の写メ付きで、報告をしてくれる。相変わらず、得意分野で思う存分魅力を発揮されているようだ。そうしたTV仕事も趣味の一貫として、喜びを見出し誇りを持って取り組む姿勢は、自然で癒される。面白いコメントや行動で笑いを求められている訳でもなく、機転の利く器用に回す話術を求められている訳でもない。真摯にプロの腕前や知識を披露して、その穏やかなビジュアルや優しい雰囲気、甘い声でお茶の間に癒しを届ける。披露する知識は豊富なれど、決してひけらかしを感じないのは、持って生まれた人徳。考えてみれば、TVの世界でも稀有な存在なのかも知れない。

長野くんの、最近の一番大きな出来事と言えば、お子さまのご誕生。
息子さんの無事なご誕生、本当におめでとうございます!

Vメンは最近プライベートごとが多いですが、いちいち書きません。でも、どのことも、心から祝福しているし、喜ばしいと思っているし、幸せになって欲しいと思っています。アイドルだからって、応援してくれる人すべての望むようには生きられません。ならば、自分が幸せでいられる道を選ぶのがいい。自分が幸せでいれば、いつかきっと分かってくれる日が来ると思います。ひとを幸せにするお仕事をする人には、まず自分が幸せであって欲しいから。幸せってもらうだけのものではなく、与えて初めて相思相愛になれるもの。私たちは、直接何かを出来る訳ではないけれど、応援の気持ちをカタチにすることでメンバーが幸せを少しでも感じてくれればいいなと思う。激動の時代の中で、皆で活動する時間は少なくても、そこに“V6”として6人が存在してくれるだけで、今は幸せだと思いませんか?

長野くんには、お子様は一番お世話が大変で一番可愛い時期だと思うので、プライベートの時間も大切に、お仕事もほどほど頑張って欲しいかなと思います。

でもね、やっぱりカミちゃんたちと絡んでいる博ママが好き。
来年はそんな長野くんに会えるかな、会える日を待ってます。

46歳のこの一年も、公私ともに幸せに満ち溢れた日々でありますように。。。

   Happy Birthday dear Hiroshi Nagano☆2018.10.9