ミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』☆観劇(8/20)

継続も挑戦も力なり。。。

こんにちは。

尋常じゃない暑さが、また戻ってきましたね。
皆さま、暑さに負けずお元気でお過ごしでしょうか。
気付けば8月は何も書いてない!ってことで筆を取りました。

KinKi Kidsの堂本光一さんの新しい舞台。
ミュージカル界の貴公子・井上芳雄さんとのW主演ミュージカル。

『ナイツ・テイル-騎士物語-』観劇に、先日帝国劇場へ赴きました。

画像

外看板横の柱には、二人の騎士の写真(絵かな?)もあります。
劇場内にも、天井から下がる幕に剣を振りかざす騎士の姿が。

SHOCK以外で帝国劇場に来ることがないので、レイアウトの違いに驚き!
売店も少なくて、カフェもシンプル。グッズ売り場が小さいから広々してる。

ミュージカル界の貴公子・井上芳雄さんは、実はストレートプレイで舞台を拝見したことがある。KAT-TUNの上田くんの舞台で。座長は上田竜也だったけど、井上さんは出番も多く、圧倒的な存在感で主役級だった。でも、彼をストレートプレイで起用するのは勿体無いなぁと思っていたので、今回初めて、彼のミュージカルを拝見することになり、楽しみにしていた。

ジャニーズの中では歌は上手い方に入るが、ミュージカル歌唱ではない光一さんが、外部舞台でどんな感じで演じていくのか、期待よりは心配しつつ、観劇当日を迎えたが、いい感じで作品に溶け込んでいて、とても安心して観ることが出来た。彼のちょっと誇張した物言いは、非日常的な音楽劇の世界で違和感なく会話し、抑揚のある歌唱は、声楽家級の歌唱力揃いの共演者達から浮くことはなく、上手く調和していた。歌は圧倒的に井上さんの方がパートが多い。なので、全曲通して心穏やかに聴くことが出来、非常に快適だった。

衣装や舞台セットも暗めで、物語もシリアスっぽいのだが、随所に笑い所が散りばめられていて、終始穏やかな気持ちで観ていることが出来る。当て書きなのだろうか、光一さんが井上さんよりも背が低いことを、かなりネタとして台詞に絡めてあった。

騎士を題材にしているから、殺陣も見所の一つ。
そこはもう、光一さんの真骨頂!場面を率いておりました。

共演の女性陣もまた、豪華だった。歌も演技も素晴らしい!

なんだかんだあったけど、結局ハッピーエンドで、めでたしめでたし。
後に残す感情はないが、歌・ダンス・殺陣と、楽しめるエンタメ作品。

自分はこういう作品、嫌いじゃない。
嫌いじゃないけど、1回観れば満足かな。

ジャニタレもファンも、たまに外部世界に足を踏み出してみるのもいい。

もうすぐ東京公演も終わりそう。
無事千秋楽を迎えられるよう、祈っております。