HAPPY BIRTHDAY♪坂本昌行くん

奇跡の身体能力と底なしの魅力を持つアラフィフアイドル。。。

 V6&20th Centuryの坂本昌行さん 
 47歳のお誕生日おめでとうございます 

三宅さんが39歳だと驚くけど、坂本さんの47歳には納得だ。
歳相応の円熟したビジュアルと、変わらない抜群のスタイル。

長年連れ添うお姉さま方のみならず、新たに若者からも愛される。
V6独身メンバーの実質的な“最後の砦”であるリーダー坂本さん。
相変わらずダンディな大人の魅力で、世の女性を虜にしてますね。

今年は、待望のブロードウェイミュージカル主演舞台を控えている。
もう長いことずっと、坂本さんが本領発揮出来る場所を望んでいた。
舞台で培ったタップダンスも披露する、彼の才能が活かせる舞台だ。

ただちょっと、作品があまりに古過ぎて、楽曲が古風なのが難点。
もうちょっとだけ時代が進んだ頃の作品の方が、歌は堪能出来る。
とは言え、歌い踊る舞台の坂本さんが見られるのは嬉しい限りだ。

でも、告知の時期というのは、結構大事な気がする。早すぎても、先の予定が立っていない上、待ちくたびれる感がある。遅すぎても、休みが取りづらかったり、予定が入っていたりもして困る。11月からのこの舞台の告知が5月と早かったので、チケットも手に入れているけれど、もうこの頃は若干忘れ始めている。渋谷駅ヒカリエ内のシアター・オーブは、新しくて箱も大きい。それだけ、集客するのも大変なので、そういうことも加味しての告知時期なのだろう。ミュージカルはリピーターが多いので、心配はしてないけどね。ミュージカル上演に最適な劇場に、坂本さんの歌声が響き渡る。そのことを考えただけでも、何だか嬉しい。

坂本さんのミュージカルを観聴きして育ったせいか、ミュージカルってこういうもの、ミュージカルを演じる俳優はこうあるべき、という基準が、私はものすごく高い。増田くんがどんなに歌が上手くても、“それ、ミュージカルじゃないよね”と思ってしまう。只の歌唱と違うところは、歌が演技の表現のひとつであるという点。外部では、共演者達には素晴らしい方々が沢山いたけど、やっぱり何度も坂本さんと共演している鈴木壮麻さんが好き。内部では、主演俳優として独立し始めてからの、屋良くんのミュージカル俳優としての成長が著しくて素晴らしい。後輩も、先輩の背中を見ながら頼もしく育っているんだな。最近、Jr.くんたちの舞台進出が著しいけれど、ぜひ坂本先輩の舞台を観て勉強して欲しい。

哀愁を帯びた、シュッとした姿勢の良い広くて逞しい背中を持つ男。
振り向けば、お茶目な笑顔と飾らないコメントが温かい人柄を映す。
確かな舞台演技力と、揺るがないハイクオリティな歌唱力にダンス。

こんな魅力的な47歳がジャニーズにもいるってこと、もっと世の中は知るべきですよね!

私の愛するV6のメンバー、不動の二位(w)はいつだって坂本さんです。他のメンバーの結婚は全然平気だけど、坂本さんの相手にはうるさいかも…ナンテ、ウソ。ウソだけど、歌が上手い人じゃないと、イヤ。とか、勝手なことを言ってます。

とにかく、坂本さんにとって幸せな一年でありますように。。。

髭面なおっさん率高い可愛いカミちゃんたちを、これからもヨロシクね。


    Happy Birthday dear Masayuki Sakamoto☆2018.7.24