2017年、今年一年を振り返って。。。

明るい未来のために。。。

こんにちは。

今年も沢山ご訪問頂き、有難うございます。
更新が少ない上に、今年最後の更新かも?!

ちょっと早めではありますが・・・
毎年恒例エントリー、今年一年の参戦・観劇記録でございます。

2017年のジャニごとやライブ(歌舞伎除く)等。
定価以上で入った公演はひとつもありません。

単なる個人的な覚書なので、こっそりUPします。
コメントは辛口なので、サラリと読み流して下さい。
(閲覧することで不快に思う方はご遠慮下さい)


【1月】

・TTT「戸惑いの惑星」/20th Century舞台(東京グローブ座)・初日を含む3公演

トニセン三人共に馴染のあるG2さん作・演出の、トニセン主演舞台。
新しいジャンル“Play with Music”を掲げ、持ち歌を散りばめた音楽劇。
トークが面白なトニセンなのに、アドリブ一切ナシなのは些か勿体無い。
歌は聴けても、これがトニコンの代わりになると思ったら大間違いよー。

【2月】

・TTT「戸惑いの惑星」/20th Century舞台(東京グローブ座)
・TTT「戸惑いの惑星」/20th Century舞台(福岡キャナルシティ劇場)

地方在住のお友達と観劇のため、トニセン舞台では初めての地方遠征。
空き時間は、健くんがツアー中にお参りした神社詣りをして旅行気分。

【3月】

・「Endless SHOCK」/堂本光一舞台(帝国劇場)

母上も毎年の観劇を楽しみにしている、これだけは欠かさない年中行事。
一新したJr.の顔ぶれには特に突出したモノを感じず、顔も覚えて帰らず。
ミュージカル歌唱を唯一会得する敵役が、もはや主役に思えてならない。

【4月】

・NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND/真駒内セキスイハイムアリーナ・2公演
・「滝沢歌舞伎 2017」/三宅健客演、滝沢秀明舞台(新橋演舞場)・5公演
・NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND/静岡エコパアリーナ公演
・「新世界ロマンスオーケストラ」/上田竜也舞台(東京グローブ座)・初日公演

NEWSの2017年ライブツアー、まだ寒さと雪の残る札幌初日から参戦。
ファンタジーからエロティシズムまで、対象年齢を絞らない妙な曖昧さ。
自分らしさの表現とパフォーマンスのクオリティ、妥協点がおかしいぞ。

滝沢座長に請われ、担当が二年連続客演を務めたジャニーズ流歌舞伎。
楽曲も増え歌舞伎も一新したが、二部物語の台詞構成変更が些か残念。
とは言え、三宅さんの完璧なパフォーマンスを拝めたとても有難い舞台。

久しぶりの上田舞台は、ファンが安心なラブシーンのないラブコメディ。
公的イメージを背負い過ぎる彼は、相変わらず殻を破れない舞台が続く。

【5月】

・「滝沢歌舞伎 2017」/三宅健客演、滝沢秀明舞台(新橋演舞場)・3公演
・「ジャニーズ銀座2017」/宇宙Six MADE公演(シアタークリエ)
・「ジャニーズ銀座2017」/宇宙Six公演(シアタークリエ)
・岡田准一主演映画『追憶』鑑賞

昨年よりアドリブ少なめ滝沢歌舞伎で、一番面白かったお丸さんBD公演。
舞台人として凛とした姿勢を崩さない仙吉親分も、この日だけは楽し気。
何よりも、お怪我なく無事に千秋楽を迎えられたこと、お疲れ様でした!

昨年秋、メンバー加入で“宇宙Six”とユニット名が変わった、They武道。
初めて6人でパフォーマンスをする姿を拝見し、新ユニットに納得する。

舞台挨拶には縁が無く、数週間後にひっそりと鑑賞した映画『追憶』。
安藤サクラさんの強烈な印象に、ひたすら持って行かれた感あり。
地味な映画だけれど、一流の制作者に愛される末っ子が誇らしい。

【6月】

・NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND/東京ドーム公演
・「君が人生の時」/坂本昌行舞台(新国立劇場・中劇場)

アリーナツアーより5曲も曲を追加した、NEWSの東京ドーム公演。
オーラスに入ろうと思わなかった自分の変化を、受け入れ始める。

坂本さんの麗しい能力をことごとく封印した、ストレートプレイ。
何を以て彼にこの難役をやらせたかったのか、未だに理解出来ず。
たまたま観劇した公演にアフタートークがあり、作品理解は深まる。

【7月】

・「君が人生の時」/坂本昌行舞台(新国立劇場・中劇場)千秋楽公演

作品への理解が深まったおかげで、二度目の観劇では多少は納得。
しかし恋しくなるのは、歌い踊るミュージカルスターなリーダーの姿。

【8月】

・V6 LIVE TOUR 2017 The ONES/名古屋ガイシホール公演・2公演
・V6 LIVE TOUR 2017 The ONES/マリンメッセ福岡公演・2公演
・星野源 Live Tour 2017 "Continue"/横浜アリーナ公演

無茶して作ったアルバムを引っさげた、二年ぶりのV6ライブツアー。
名古屋ガイシで初日を迎え、翌週には福岡に飛んで追加を含む二公演。
20年間の詰め込みがノルマのアニバコンと違い、自由度の高いライブ。
落ち着いた演出の中に、大人の魅力を凝縮して、老若男女を虜にする。
ダンス、歌、選曲、構成、演出、自由なMCでさえ何の申し分もない。

逃げ恥から暫し源さんブームだった流れで、ライブにお一人様参戦。

【9月】

・岡田准一主演映画『関ケ原』鑑賞

9月にもライブツアーは続いていたが、敢えてここは何処にも参戦せず。
8月末に公開した末っ子の時代劇映画を、数週間後にひっそりと鑑賞。
時代劇なのに、乙女のツボを心得ていて、何故かホロリと泣かされる。

【10月】

・V6 LIVE TOUR 2017 The ONES/札幌きたえーる公演
・V6 LIVE TOUR 2017 The ONES/横浜アリーナ公演・6公演
・V6 LIVE TOUR 2017 The ONES/静岡エコパアリーナ公演オーラス
・スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース(新橋演舞場)

1公演のために札幌へ。V友さんとのライブ後の宴会も楽しみのひとつ。
横アリで初めて、フォトモザイクアートの企画に参加。いい記念になる。
皆に愛される長野くんのBD公演は、セクバニコン以来二度目となる。
静岡エコパオーラスは、台風接近の強風大雨の中、何とか無事に終了。
思えば、名古屋初日は豪雨で電車が止まり、オーラスは台風接近危機。
それでも会場は熱気に溢れ、ファンを気遣ってくれるメンバーが優しい。

ルフィ役の猿之助さんの開幕直後の骨折降板の衝撃は、内心大きかった。
悪夢再びと思いながら、改めて千秋楽を無事に迎えられる大切さを知る。

【11月】

・「お台場 踊り場 土日の遊び場」宇宙Six公演/フジテレビ湾岸スタジオ・2公演
・「すべての四月のために」/森田剛舞台(東京芸術劇場プレイハウス)・初日を含む2公演
・東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~/東京ドーム公演

冬開催の東京Jr.ユニット毎単独ライブは、720席しかない特設会場。
20歳過ぎてアクロバットを習得する心意気、デビュー組も見習うべき。

特異な役柄を演じることの多かった森田剛が、普通のひとを演じる妙。
笑いを散りばめた演出の柔らかさの中で、寄り添うように静かに佇む。
力強く演じられる彼が、敢えて力を抜いてそこに存在する姿は美しい。

友の付き合いで参戦した、除隊後初ライブの韓国デュオのドーム公演。
チケットにはゲートのみ記載、入場時に席が分かるシステムは画期的。
座席に拘らない私のような者は、こういうシステムの導入を推奨したい。

【12月】

なし。

以上。


今年のジャニゴトは、11月の剛くんの舞台で終了。
来年は、2月のSHOCKでジャニゴトに復帰します。

来週からお仕事も休んで、少しの間療養します。
パソコンもお休みしますので、また会える日まで。
年末年始のご挨拶は出来たらなと思っていますが。

今年一年、更新が少ないながらも、ご訪問有難うございました。
来年はもう少し書けるようになるかなどうかな、頑張りたいです。

クリスマス、そして、師走。
寒い日が続きますので、皆さまどうぞご自愛ください。

では、また。。。