V6 LIVE TOUR 2017 The ONES☆WOWOW×V6

目線は視聴者に委ねて。。。

11月、V6強化月間だったWOWOW放送。
有難いことに、年末から年明けにも再放送がある。

DVD発売まで待つわ♪と思っていた気の長~い方も、ご検討あれ。
加入申込の時に理由を聞かれるから、“V6が見たいから”と言おう。
それがひいてはV6の応援になり、新たなお仕事に繋がるのだから。

◆V6 LIVE TOUR 2017 The ONES ライブ放送

・12/30(土)夜9:30~ WOWOWプライム
・1/18(木)夜9:30~ WOWOWプライム

◆V6 LIVE TOUR 2017 The ONES 放送直前スペシャル

・12/30(土)夜8:30~ WOWOWプライム
・1/18(木)夜8:30~ WOWOWプライム

11/23には放送直前スペシャルの番組と今夏に放送されたアルバム関連番組の再放送があり、ライブ放送本番の11/25には、過去ライブ映像の再放送もあった。WOWOW視聴者に毎月届く冊子の表紙もV6で、直前には“WOWOW×V6 Special Collaboration”のCMがガンガン流れていたと聞く。これだけ手厚く扱ってくれるのは、本当に有難い。

10/22にライブツアーがオーラスを迎えたばかりなのに、11/25にそのライブ映像が見られるという事。DVDがリリースされるのが、早くても半年長くて1年後が当たり前の昨今で、ツアー終了の1ヶ月後に観られると言うのは、考えてみれば物凄く画期的な早さだ。

メンバーが編集に関わり、特典映像も含めて、じっくり企画・編集されるリリース映像とは異なる、WOWOW独自の撮影・編集。前回の20周年ライブ映像の時もそうだったが、全体的に引きの映像が多い。どのメンバーも見ることが出来る時間が長いので、誰の映像を見るかは、視聴者の目線に委ねられている。つまり、観たい人、お目当ての人を見ることが出来る機会が多いと言う、オールマイティな映像だ。

短くて2時間15分、長くても2時間半だったワンズライブ、トーク分30分をカットするとしても、2時間の内1時間半を今回の映像として流すとしたら、相当分露出することになる。DVDの売上に影響は出ないのかと思いきや、肝心の、ファンが一番観るのを楽しみにしていると思われる曲目をカットするという、商売の上手さ。ファンを焦らすことなく、積極的に与える愛に溢れつつ、更にリリースをも楽しみにさせるという、ファン心理の操り方の上手さ。メンバーを取り巻く環境はとても恵まれていて、私達ファンはとても幸せだとつくづく思う。

例えば、オープニングのoverture、どれだけの人がライブで、真正面からちゃんとした綺麗な映像を見ることが出来ていただろうか。少し斜めから見ることになると、きちんと見えていないこともあり、見ていたと思っていたことが全てではないことが分かる。名前の紹介なんて、今更いらねぇぜ的なシルエットやパーツだけで表現するオープニング映像は、未だかつてないクオリティの高さだ。それを、寸分も漏らすことなく、しかも会場内の雰囲気も交えつつ魅せる技はさすがだ。

実はこれまで、担当さんばかりを双眼鏡でロックオンすることが多かったのだが、何故か今回のライブツアーでは、フォーメーションダンスの美しさ、他のメンバーとの絡み、そして他のメンバー(某ダンス担ww)のダンスにも時には魅了され、双眼鏡を使わずに引きで全体を観ることがいつになく多かった。だから、WOWOW編集映像は、自分が目に焼き付けてきた記憶に雰囲気が近いものがある。

このような素晴らしい映像を、数千円の視聴料で手に入れられるなんて、お得と言わずに何と言おう。私は、20周年の時にWOWOWに加入してから、退会せず視聴を継続してきたけれど、その後に視聴を中止して、今回加入し直した人も知っている。有料チャンネルは止めにくいのではと思いがちだが、そうでもない。もっと気軽な身近なものになりつつあるのだ。

でも、ひとつだけ言わせてもらうなら・・・
GOくんのyou~♪は真正面からお願いしたかったw