嫌われる勇気。

我が道を支える勇気。。。

NEWSの2017年一枚目のシングル曲『EMMA』。
新年明けての深夜、CDTVで初披露をした新曲。

NEWS専属デザイナー・マッスーによる衣装は、いつもより露出多め。
血気盛んなファンを狂喜乱舞させたであろう、パフォーマンスの数々。

私の周りのもう古参になってきたファンの間では、微妙な空気が漂っていた。
この陳腐な言葉とあからさまな振付に融合する、お得意の歌謡曲風テイスト。

受け入れ難いが、言葉にしたくない。
それが、新年早々このブロガーを絶句させた理由だった。

この曲は、シゲ先生が出演するフジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』のOP曲。
1月12日の初回放送を目前に控えてそのことに気づき、すとんと腑に落ちた。

“嫌われる勇気”

他者から嫌われることを恐れない“嫌われる勇気”を持ちえたとき、人は初めて自分だけの人生を歩み始めることが出来る、というアドラー心理学の本質。それを、正に体現したパフォーマンス。王道なアイドル道を歩むと見せかけて、実はかなりの我が道を往くNEWSらしい挑発的行動だと思い当たる。

アイドルには、いつか“いい歳”というものがやって来る。期待されている虚像と自身とのギャップ、引きずってきたイメージと成りたい自分とのギャップ、やっていることと重ねていく年齢とのギャップ、そういう壁にぶち当たることが少なからずある。そういう時に、期待されないビジュアルになってみる、望まれていないパフォーマンスをしてみる、らしくない楽曲を歌ってみる、そういうことは往々にして今までも経験してきたことをふと思い出した。要するに、試されている?的な。

思えば、固定イメージを持ち過ぎるファンが多過ぎて、期待に応えることにがんじがらめなアイドルを、残念で可哀想だなと思うこともあるので、そういう固定観念をぶち壊す行為が出来る範疇にいると言うことは、案外幸せなのかも知れない。

音程、拍子外れをモノともしない熱唱系生歌。
どう見ても粒が揃わない体型とダンスの動き。

ツッコミどころ満載な、歌番組でのパフォーマンスで思うのは・・・。
これ、一般ピープルにどう思われるだろう、ということ。そして、気付く。

“嫌われる勇気”を持ってこそ、カッコイイ。。。

試されている時に脱落するのは本意ではないので、踏みとどまる覚悟ww