十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門☆観劇(10/17)

古典芸能に招聘される逸材。。。

タッキー&翼の今井翼さん出演中!

10/3~10/27まで新橋演舞場にて上演中の十月花形歌舞伎、
「十月花形歌舞伎 GOEMON 石川五右衛門」を観劇して参りました。

初日でも楽でも土日でもないですが・・・
本日は、出演している今井翼さまのお誕生日でありまする。

この日だけは、チケットがあっという間に完売!
翼さま、沢山のファンの方に愛されていますね。

実は私、滝沢歌舞伎に通い詰めた後、秘かに歌舞伎にハマっております。
本物を見ずして滝沢歌舞伎をここで語っちゃいけないと思ったのが始まり。
でも初心者なので、敢えてここでは語りませんが、素晴らしいで芸能です。

でも、愛之助さんの歌舞伎姿を観たのは、実は初めてです。
シアターコクーンで三宅さんと舞台共演されて以来の、ご対面であります。

この作品は2011年が初演、翼さまは2014年上演で初参加、今回二度目です。
前回は大阪松竹座での公演だったので観ていませんが、今年は東京で上演。
行くなら絶対誕生日公演!と言うことで、他担なので3階からこっそりお祝いを。

歌舞伎と言うのは、普通カーテンコールはありません、っていうか有り得ません。
でも、歌舞伎座から場を移し、若い役者が精力的に取り組む花形歌舞伎は異色。
ちょっと何でもアリなところもあって、とっつきやすく分かりやすくなっている感じ。
なので、お誕生日サプライズも期待しつつ、舞台も楽しみにして行って来ました。

舞台は、和洋折衷で、ちゃんと歌舞伎っぽい演出もありつつ、フラメンコダンサーや翼さんや女性ダンサーがフラメンコを踊る場面もあり、回転舞台を頻繁に使って場面転換も多く、1階や2階の客席通路で立回りなんかもやっちゃって、臨場感溢れるエンターテインメント作品になっていました。主要な女性役は勿論歌舞伎俳優が女形で登場しますが、アンサンブルとして女性ダンサーがいるんですよ。ビックリです。何でもアリ。猿之助さんが漫画のワンピースを歌舞伎化したり、勘九郎さんがプロジェクションマッピングとコラボ上映したり、こうして愛之助さんがフラメンコとのコラボレーション作品を演じたり、“これが歌舞伎?”と思うと腹も立ちますが、芸能はその時代の人気を集めてこそ後世に残せていけるものだと思うので、若い役者の奮闘もそれはそれで素晴らしいなぁと思って観ております。

愛之助さんの石川五右衛門、ガッシリと貫録があって、カッコ良かったです。
“絶景かな、絶景かな”と誰もが知っている五右衛門の台詞もあったなぁ~。
南禅寺の山門、に見えない、スチール製の舞台セットって感じでしたけども。

翼さんは今回、カルデロン神父と雲隠才蔵の二役を演じ、歌舞伎化粧でも登場。
台詞を歌舞伎っぽく言うのは無理ですけども、頑張られておりました。パチパチ!

一幕も二幕も愛之助さんが宙乗り(ジャニでいうフライング)で去り、幕を閉じます。
宙乗りは花道から上がるので、三階席下手に設置された箱へと消えて行きます。

本来はそこで終わりです。でも、拍手が鳴り止まない。
初日も拍手が鳴り止まず、カーテンコールに出て来たと聞きました。

今日も、特別だよねー!
鳴り止まない拍手の中、愛之助さんがステージに登場し、翼さんも呼びます。
二人で普通の演劇みたいに三方向に挨拶をした後、下手に去ろうとします。

えーーーー!的な声も上がる中・・・

花道の七三にあるすっぽんという出入口(ジャニでいうポップアップ)から、ローソクに火のついたケーキを持った山三さんと阿国さんが上がって来て、下手と上手から全キャストが登場して、会場は一転してお祝いムードに。翼さんがローソクの火を吹き消すと、洋風場面の時のギターやヴァイオリンの奏者が、ハッピーバースデーのBGMを流してくれて、ついでにフラメンコの歌手さんがスペイン風に歌ってくれたり、“服装は自由”と愛之助座長からお達しがあったらしく、ラフな和装の人や着ぐるみ着た人とかいろいろいて、ひとりひとり“HAPPY BIRTHDAY”の文字を一字ずつ背中にはってお祝いメッセージを送ったり、華やかで温かな雰囲気に包まれた時間でした。ファンの方に一言をと、愛之助さんに勧められて、“一言ではなく、二言三言を・・・”と遠慮がちにおっしゃった翼さんは、二言三言どころか十言くらい喋って、愛之助さんやキャストや裏方さん、松竹さんやファンの方々への感謝を延々と述べておられました。サプライズも予想して、挨拶考えて来ていたのかな?とても嬉しそうで、可愛い翼さんでした。何歳になられるか知らなかったんだけど、ケーキに“35”が飾ってありました。またこのケーキが、写真が貼ってあったりするとっても凝っているケーキで、愛之助座長様が“翼くんに気付かれないように楽屋に運び込んだ”と言っていましたけども、その甲斐ありましたね。サプライズ、成功です!ファンの皆さまも一緒にお祝い出来て、嬉しかったでしょうねぇ。

誕生日公演はいつ入っても温かい雰囲気に包まれて、楽しい思い出になります。
特別扱いされるのを好まない三宅座長は、チュッパチャプス1本で済ませたけど。
それでも、お祝いの日に一緒に過ごせるだけで、ファンは幸せなんですよねぇ~。

最後になりましたが、今井翼さま、35歳のお誕生日おめでとうございます!
千秋楽を無事に迎えられますよう祈っております。