ABC...座 2016 株式会社 応援屋!! OH&YEAH!!☆観劇(10/24)

バースデー公演は外せない。。。

日生劇場で10/5~10/27に上演されていたA.B.C-Zの舞台。
劇場端にある、このコンパクトな看板が、私はとても好き☆

画像

エビジの恒例舞台“ABC座”を観劇したのは、私は多分初めて。

私が応援する旧M.A.D.のメンバーは、結構バラバラに活動する。
なので、最近はいちいち全員の活躍を見届けることは出来ない。

今回、エビ座に出演していたのは、江田剛くんと山本亮太くん。
そして、10月24日は江田ちゃんの誕生日なので会いに行った。

主役ではないけれど、先輩というよりは同輩なエビジが座長。
何かしらお祝いしてくれるかなと、期待しながらの観劇だった。

『株式会社 応援屋!! OH&YEAH!!』

演出は、少年隊の錦織一清。
脚本と楽曲は、西寺郷太さん。

西寺郷太さんと言えば、V6の「kEEP oN.」、「Sexy.Honey.Bunny!」、「POISON PEACH」、「ミュージック・ライフ」、「D.I.S」等の作詞や作曲、そして、20周年ライブの要となった39シンフォニーの制作にも携わったソングライター。今回、エビジの舞台の楽曲制作で、ジャニで初めて本格的に作曲まで携わったと聞く。演出には期待はしていなかったが、楽曲に関してはかなり楽しみにしていた。実際、初日に先に観劇した相方からは、曲が良かったという話も聞いていた。

舞台はミュージカルと言っていいだろう。
物語の内容に沿った楽曲が歌われながらの演劇。

さすが西寺さん。どの曲もとてもメロディアスで印象的。
そして、物語の一部として、歌もちゃんと存在感がある。
サントラCD欲しいよね、という気持ちも納得なのである。

若くして成功したIT企業の実業家(はっしー)が、ある壮年男性と出会ったことから、突然自分の会社を捨てて“応援屋”と言う誰かを応援するという事業を始める。スタッフが必要なので、口が災いして塾の講師をクビになったばかりの喧嘩っ早い男(郁人)と万年コンビニバイトの温厚な男(とっつー)を誘い入れる。将棋ロボットとの将棋に負けて引退を決意したプロ棋士(五関さん)をも、引退後に仲間に誘おうとしたところ、棋士の道を断念して引きこもっていた筋トレ男(塚ちゃん)が成り行きで仲間になる。彼らは、将棋ロボットを操るIT軍団とのリベンジ勝負に立ち向かうプロ棋士を応援すると共に、一番応援したかった身近な人(応援屋の社長)が、過去の悲しみを乗り越えて愛を取り戻すために応援をする、ザックリ言うとそういう物語。クールなIT起業家がはっしーによく似合い、喧嘩っ早いところが郁人によく似合い、筋トレ馬鹿な塚ちゃんはそのまんまだし、優しいとっつーや、知的な棋士の五関さんがまた超カッコ良くて、それぞれ上手くキャラ設定しているなぁと思った。歌担のはっしーが勿論一番歌う曲は多かった印象だが、他のメンバーもそれぞれソロや見せ場があって、エビジファンには嬉しい舞台だろう。私はダンス担が好みなので、A.B.C-Zではいつも五関さんばかりを目で追っている。何故か、将棋の勝負を殺陣に見立てて勝負する場面があり、アクション満載で結構良く出来た舞台だった。

今回の出演Jr.は、They武道から2名、MADE4名、Travis Japan8名。
一度出演Jr.が発表されてから、MADEは更に追加出演が発表された。

江田ちゃんとトラジャの仲田拡輝くんは、バーテンダー役。
山亮と拡輝以外のトラジャは、IT企業のプログラマーの役。

拡輝は外部舞台経験があることから、演技を見込まれたかな。バーのシーンにしか江田ちゃんと拡輝は出ないから若干出番は少ないけれど、台詞もそれなりにあって、存在感がある役柄。

MADEはバックダンス要員で、様々な楽曲で常に踊っていた。ふぉ~ゆ~がバック要員を退いてから、重要なハイレベルなダンス要員のMADE。MADEが、何気に一番出演シーンが多かったかな。

人気のJr.たちが多数出演して、今回のエビ座はとっても人気があった。
物語の後のショータイムでは、ユニット毎の揃い衣装で総出演していた。

この日、ショータイムの途中から、ステージ上で郁人と何やら笑顔で話しをする江田ちゃん。思えば、ラストの打ち合わせだったのかも知れない。郁人が、出演メンバーをひとりひとり紹介する時、「江田、おめでとう」そう言ってくれた。う~ん、これだけか・・・と思っていたけれど。幕が下りる直前、エビジのメンバーが挨拶をしている時に、皆に後ろから押されて、いいよいいよと遠慮して前へ出ることを必死に遠慮する江田ちゃん(それがまた超可愛い)。最後の最後に「江田くんから一言!」と郁人が言ってくれて、マイクを渡され『29歳になりましたー!ありがとうございます!』と、めっちゃ可愛いまさにキャラメルヴォイスで、簡潔に一言、会場中に集まったファンの皆にコメントをくれた。ふぉ~ゆ~が今年全員三十路だから、一つしか違わないんだねぇ。江田ちゃん、お兄さんなんだ。

と言うことで・・・
江田剛くん、29歳のお誕生日おめでとうございました!

これからも、いつまでも、キミの活躍を見守っていけたらいいな。。。