ザ・少年倶楽部プレミアム(2016/9/21)

プレミアムな番組を目指して。。。

NEWSがMCを務める「ザ・少年倶楽部プレミアム」。

当初の企画から路線変更したかに見えた番組が、まさかの原点回帰。
いい感じでの原点立ち戻りで、ようやく番組を我が物に出来た感がある。

ゲストは、Kis-My-Ft2から玉森・宮田・千賀のドリボズ出演メンバー。
グループ全員ではないので、ゲストのプレミアムショーの時間はなし。

★「ザ・トレダカ」

メンバーそれぞれが1つのジャンルを極めた職人・芸能人とペアを組み、お題に対しての「取れ高」を競うロケ企画。今回は、テゴりんとマッスーが太平洋で釣りバトル!

何で競おうと、まず、テゴマスロケってところが嬉しいね♪
“もっている男”の喜ぶ姿と負けて悔しがる姿が、可愛いです。

★「ジャニーズ・ジャッジ」

ジャニーズの人気グループをゲストに迎え、「検事」となったNEWSの4人が、ゲストの日ごろの行いを訴え有罪か無罪かを決める、というのが当初の趣旨でした。でも今回は、NEWSメンとゲスト3人に関する視聴者から寄せられた噂の検証という意味でのウソ・ホントのジャッジ。

デビュー時期は違えども、互いに同期がいるMCとゲスト。
いろいろな噂の検証と、それぞれのコメントが面白かったです。

まさかの、手越くん出演の舞台「ドリームボーイズ」の貴重映像公開!
7年前って言ってたけど、メインヴォーカル揃いの贅沢な出演メンバー。
んん?あまり記憶にないんだけど、興味がなくて行かなかったのかな。
内部舞台もそこそこ観劇しますけど、ドリボだけは観たことないんです。

今だったらもっと凄いよね、テゴりんに亀さんにすばるだもの!

情報番組生放送やロケで培ってきたMC力を持つ慶ちゃんだけでなく、芸能人オーラバリバリのバラエティー担当テゴりんの天真爛漫なノリと、機転の利くシゲ先生のツッコミと、あまり語らなくても存在が面白いマッスーが、後輩だけどすごく近い存在のキスマイメンバーと絡んで、笑いの絶えない時間でした。トーク、めっちゃ面白い。

★Kis-My-Ft2ライブツアー「I SCREAM」レポ

メンバー全員がソロ曲をやったのは、初だとのこと。
Vさんもそうだけど、メンバーが多いとどうしてもそうなるよね。

★「NEWS PREMIUM SHOW」

夏から秋に変わる、この季節に相応しいNEWS曲のメドレー。
3曲とも、アレンジと使う楽器が全く違うのが、新鮮で素敵だった。

1曲目は『恋祭り』。

この曲は、和楽器を使うアレンジ。琴の音で始まり、和太鼓等の和楽器の演奏者が沢山バックについているステージでの歌披露。和楽器が鳴ると、反射的に「滝沢歌舞伎」を思い出してしまいます(笑)タオル回しもない、しっとりした、でも迫力ある歌唱に、テンションが上がります。

2曲目は『エンドレス・サマー』。

ピアノソロの伴奏から始まる、シンプルなアコースティックな伴奏での歌披露。高さの違う四角い台に腰かけながら、ソロを繋いでいきます。この曲はテンポもミディアムスローで、ライブでソロ曲後の繋ぎにも使える、一人一人のソロ時間がとても長い楽曲。じっくりと歌を聴かせてくれます。

3曲目は『秋の空』。

“ファン待望のアノ名曲”とHPで言っているのは、この曲のことかな?NEWSは、春から夏にかけてのライブツアーがほとんどだから、この曲はきっと出番がないんだろうね。初めて歌うんだっけ?もう、そんなことも分からない位、4人での歌唱が当たり前で自然になってきているのが、何とも嬉しい限りです。この曲はまたガラッと変わって、ストリングスのアレンジで、弦楽器のバンドメンバーが沢山の中、壮大な伴奏で歌います。

有名なミュージシャンとのコラボや、先輩アーティストとのコラボは、まだやらせてもらえないNEWSだけど、曲ごとにバンドメンバーも変え、アレンジも変えた持ち歌のメドレーには、時間とお金をかけてもらっているなぁという感じがひしひしと伝わってきて、何だか嬉しいです。


ラストは反省会はなく、玉森のエピソード映像で終わり。

最初はどうなることかと思ったけど、いい感じの番組になっているなと。
・・・担当の欲目でしょうかね~ww

もっと面白いバラエティー番組、もっと高尚な歌番組はあると思う。でもここは、せっかく自前のMCなのだから、ここでしか出来ないことで、ジャニファンにとっての神番組になればいい。

見逃してしまった方は、9月23日(金)午後6時からの再放送でどうぞ。