大切なあなたへの手紙(91)

☆ペンは剣よりも。。。☆

知らずに傷つけてしまった言葉と、
傷つけると知っていて吐いた言葉。

互いの心につけた傷は同じ。
どちらが罪深いのだろうか。

後から口にしたことを悔やむことになるか、
吐き出すことで楽になろうとするかの違い。

互いに相容れないのであれば、それはそれ、これはこれ。
ぶつけ合い傷つけ合うことに、何の意味があるのだろう。

互いに大切なものはただひとつ。
どうやって守ろうとするかの、思いの違いだけ。

思いやることの出来なかった愚かさを悔いても、
またひとつ、無防備だった心の扉に鍵がかかる。

ペンもまた剣の如く、傷つけ血を流すもの。
刃を向ける先を見誤らぬように、心したい。

互いに大切なものはただひとつ。
それぞれの思いのカタチで守っていけたら、それがいい。

          ☆kiyona☆