連鎖反応。

逢いたい気持ちがEndless。。。

こんばんは。

最近、堂上教官に夢中ですww

映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』
観客動員数&興行収入ランキング、初登場首位おめでとう!

秋作品が続々と公開された3連休の週末興行を制したのは、ベストセラー作家・有川浩の人気小説を岡田准一主演で実写映画化した「図書館戦争」の続編「図書館戦争 THE LAST MISSION」。全国323スクリーンで公開され、オープニング2日間成績は動員24万6395人、興収3億2946万2700円を記録。これは前作と比較すると、動員比150.1%、興収比152.0%。最終興収17.2億円の前作を上回り、20億円超えが視野に入る好スタートとなった。


続編映画を観るには、前作映画視聴は必須。直前に放送したドラマも、出来たら観ておきたい。そして、続編映画を映画館へ観に行くと、また前作が観たくなる。前作を観終わるとドラマが観たくなり、ドラマを観るとまた映画館へ行きたくなる。と言うことで、三連休で2度も映画館へ行ってしまった。

エンドレスに止まらない、連鎖反応。
堂上教官のチカラは、おそろしい。。。

准ちゃんの場合、役柄に恋をしちゃうんだよなぁ、いつも。

かと言って、DVDは買わないから、前作も持っていないんだけど。
TV放送した前作映画、カットされている部分があって、ふま~ん。

図書戦では小牧LOVEな私は、小牧負傷のピースシーンは外せない名シーンなのに、何故カットする?CMカットして、前後のトーク部分を除くと、おそらく1時間半。これって、結構カットしてますよね。残念過ぎる。っつーか、DVDを買わせようっていう魂胆か?いや、買わないゾ。役柄への恋はすぐ冷めるからな。


さて、そんな図書戦祭りをしながら、まだ20周年ライブツアーは続きます。
Vさんの雑誌祭りも、記念日が近づいてきて、再燃?

ザ・テレビジョン ZOOM!と、TV LIFE Premiumは、買ってます。
テキストはいろいろ楽しいらしいけど、まだじっくり読んでない。

指折り数えて過ごす幸せも、あと約半月。
午前零時を過ぎたシンデレラのように、夢から醒めちゃうのかな。

少しだけ、考えた。

今、気張って、新規ファンを獲得することは、10年後20年後、そこに居るために役に立つのかなって。グループの名前は残っていても事実上活動していない先輩Gもある中、職人肌の個人仕事があまりにもクオリティが高いVさんが、あえて“グループやってます”アピールをしてくれて、若い世代のファンの増加に喜んでいるのも、一緒に歳を重ねて来たファンをおざなりにしているのではなく、未来も私たちの前にいつでも居てくれる、その為の土台作りなのかなって。そう思って、色々今まで思うことはあったけど、悪い方向・厳しい方向だけじゃなく、きっと良いことに繋がっていくんじゃないかって、少しそう思えるようになりました。

うん。20周年は単なる通過点だからって、健友さんも言ってたな。


さて、お知らせです。
パンダくんは、しばらく旅に出ます。。。以上ww