愛しのSingles。。。

favoriteだらけ。。。

こんばんは。

Vコンのセトリが、歴代シングルのオンパレードなので。
初日が開けてから、「SUPER Very best」をよく聴いてます。

だって、今度こそ、残りの曲を聴き取るゾ!と意気込んでいたから。
そうしたら、今までそれ程興味のなかったシングルも好きになった。

それは単に好みの問題ですけども・・・いい曲が揃い過ぎてる!

20年も経ていると、その間の音楽業界でのサウンドの流行りとか、音楽技術の目覚ましい進歩とか、その年齢でのメンバーの声質とか、そんなことを含めての楽曲なんですよ。今の音楽機器で演奏して鳴らし、今のメンバーがそれを歌ったらちょっと違うっていう。そんな歩んできた歴史を含めて、全てを愛おしいなぁと思いながら、日々聴いております。

そしてやっぱり、ライブでちゃんと歌う曲は脳内再生が鮮明に出来る。
記憶のある曲と記憶のない曲に歴然と差が出ることが、寂しくもある。

いつかまた、B面ライブ、やって欲しいなぁ。


6人のキズナ 今までもこれからも。
20th ANNIVERSARY SPECIAL BOOK


そのようなタイトルが付けられた、ツアーパンフレット。
写真集的なモノよりも、読み応えあり過ぎて、大変!

最近は活字を読むのが苦手なので、パンフもあまりちゃんと読まないのですが、今回は特別。ツアー中に読破するのが、目標だった。次までに読もう読もうと思いつつ、横浜までに読めなかったので、その後の休みの日に頑張って読みました。いや、わたし、これでも幼い頃から本の虫だったので、読書はやめなさいと言われても止められない人だったのですが、自分がこうやって書く機会が多くなってから、ひとが書く文章を読むのが苦手になってしまったようで。どうしてだろう、多分、言葉のリズムがあるんだろうな。でも、読みました!でも、直ぐ忘れた(笑)

グラビアでは、時系列に掲載された、ライブフォトが素敵☆

『~此処から~』の制作秘話。いろいろ聞けて良かった。

他のグループ(と言ってもあまり多くは知らないけど)のメンバー自作の曲というのは、もっと玄人っぽいサウンドの楽曲で、歌詞の纏まり感と言い、洗練されたアレンジと言い、どこまでプロが関与しているのかなぁと思わずにはいられないんだけど、ソングライターが少数なVさんが自分達で作ったという曲は、まさに手作り感満載で、だからこそ、メンバーの思いがひしひしと感じられる。サウンドも素朴で歌詞もワンフレーズが長めだし、一見(一聞)地味だけど、そこが温かい感じがして、Vさんらしいなぁと。レコーディングにおける、イノッチのディレクターぶりが素敵だね。こういう話を読んでから、また改めて聴くと、感じることが違うかもね。

メンバーの“My favorite Single best 10”のコメントも興味深い。
私的にはどうかなぁ。ベスト10曲なんて、選べない気がする。

ひとつひとつ、すべての曲が愛しくて。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス