Blue Eyes。。。

バカヤローが似合う男。。。

こんばんは。

立秋が過ぎ、ちょっとだけ暑さが和らいだかな?
でもまたそのうち、残暑が戻ってくるんだろうな。

さて、本日、KAT-TUN上田くん出演舞台のとーらくでした。
ハイフンになった上友さんと、FC未入会の友人分を背負う。

無事に秋にコクーンに集合できそうでーす。(←他担ごとは書くw)

今年は、NEWSコンの後、Vさんの結果が出るまで他グループで自分の名義は使わないと決めていた。別にそんなことは関係ないんだけど、自分なりのちょっとした願掛け。3年ぶりの光一さんのソロコンも諦めて、無理かも知れなかったけど剛っさんのソロコンもエントリーすらしなかった。だから、この夏は暇なんだ。結果的には何も関係ないんだけど、その心意気は汲んでくれたりするかも知れない。守備範囲が広くたって、大事なモノが何かは分かってる。で、ようやく名義使用が解禁になったので、久々に本格的な舞台観劇予定が入る。愛之助さん&三宅さんが共に舞台に立った、Bunkamuraシアター・コクーン。自分にとっては、難解な舞台が多い劇場。今回もちょっとしんどそうな内容だけど、楽しみだ。

最初に告知された頃は、どんな舞台かも分からず。
少しずつ全容が明らかになると、戦争絡み、主役は獅童さん。

そして・・・

竜ちゃん、チンピラ役とかww
今の金髪そのままでいいね。

タメ旅で、毎回シャドーやらされて、強そうだし。
“バカヤローが似合う”と天の声さんに言われて、納得だし。

ぷぷ。似合いそう。ちんぴらww

主役じゃないので、出来るだけ出番が多いといいなぁ。
でも出番だけで萌える訳じゃないから、物語もそれなりを期待する。


『青い瞳』

in Bunkamuraシアターコクーン
2015/11/1(日)~11/26(木)

シアターコクーンで刺激的な新作上演を続けている劇作家・岩松了。演出家・映画監督・個性派俳優としても幅広く活躍し、唯一無二の存在である岩松が手掛ける新作。本作『青い瞳』は戦場から帰還した青年の、家族への想いと戦争の残酷さの狭間で揺れる日々を繊細なタッチで描き、戦争の意味を静かに、しかし激しく観客に問いかける。