幸せの範疇。。。

それは幸せの中にある。。。

こんばんは。
週末いかがお過ごしでしたか?

あぁ~あ、何の予定もないよ~。


なんか、ちょっと思うところがあって・・・
光一さんとつよっさんのソロライブ申込をスルーしていたのに。

テレ東音楽祭(2)の薄荷キャンデーが良すぎて、泣けた。
どうせよそもんは呼ばれないだろうけど、ちょっと後悔した。

ふぉ~ゆ~がバックだったね。
久しぶりに4人が揃って踊るところを見たな。


旧M.A.D.のお兄ちゃん組、ふぉ~ゆ~にも舞台ふられちゃった。
SHOCKは二人だけだし、雄大とマツにはしばらく会えてないな。

ここんとこ毎年、夏はプレゾン♪でした。
今年は、昨年のDVD発売はあるけど、公演はなし。

そもそも、青山劇場ないしね。
どこか他で始めるなら、もうプレゾンの看板立てなくてもいいよね。

ふぉ~ゆ~は、単独舞台。
They武道と“MAD”は、滝様海外公演。
トラジャは、マッチ先輩バックのお仕事。

それぞれの夏、頑張っているんだな~。


守備範囲を広く持つのは、一途じゃないように見えるでしょうね。
私がほんの片隅でも、Jr.さんたちを応援するのには理由がある。

デビュー組というのは、その取り巻く様々な状況に対してファンが不満に思うことがあっても、それは所詮、幸せの範疇なんですよ。

望まぬカタチであろうとも、リリースはある。
待たされたとしても、ツアーをやってくれる。

愛にどっぷり浸かっていると、そういう基本的な幸せを見失う。


昔よりは活動範囲が多岐に渡り、仕事の幅も増えているけれど。
後ろで支えてくれていたダンス職人達を、これからも見ていたい。

彼らとの接点も、徐々に少なくなっているけれど。
会いたくても、呼ばれないことも多々あるけれど。

いろいろ気付かせてくれる彼らを、これからも大切に思っていきたい。


ふぉ~ゆ~兄ちゃん、出来たら次はもう少しキャパある劇場でお願い。