『図書館戦争』☆SPドラマ今秋放送決定!

戦争という名の恋物語。。。

こんばんは。

今朝のスポーツ紙の片隅で、この見出しを見ました。
岡田准一主演「図書館戦争ー」SPドラマ今秋放送。

が・・・

わたくしの目がそれを見て、頭でその意味を解釈するとしたら・・・
「SP」というのはイコール“スペシャル”ではなく“エスピー”なんです。
なので一瞬、「SP」のドラマが帰ってくるのかと誤解をしそうになった。

よくよく読むと、そうか、毬江ちゃんが出てくるエピソードか。
そうなると、大好きな田中圭くんが活躍しそうな話ですな。

本を読む自由を守るために銃器を手にしてまで抵抗する、図書隊員の熱き姿を描いた「図書館戦争」シリーズ(有川浩/角川文庫刊)。2013年に公開された実写映画「図書館戦争」の大ヒットを受けて、“図書館戦争プロジェクト”が始動。すでに2015年10月10日公開で映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』がスクリーンに帰ってくることが発表されている。加えて、この秋にTBSテレビでドラマスペシャル『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』を放送することが決定した。
岡田准一を始め、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、栗山千明、石坂浩二らキャスト、スタッフは映画と同じメンバーが集結。それに加え、福士演じる手塚光の兄で、榮倉演じる郁に近寄る謎の男性・手塚慧役に松坂桃李、栗山千明演じる柴崎麻子が心魅かれる学芸員・朝比奈修二役に中村蒼、田中圭演じる小牧の幼馴染で聴覚障害のある女子高生・中澤毬江役に土屋太鳳という豪華な出演陣がこのプロジェクトに参加し、さらに熱い闘いを繰り広げる。


普段から本を読まない私は、准ちゃんが映画出演する物語の原作本はほとんどと言っていいほど読んだことがない。そして、映画を観る前も後も原作本は読まない主義なので、映画は映画だと思って観る。ところが、「図書館戦争」は映画の鑑賞後、ひょんなことから読み始めた原作に病みつきになり、スピンオフも含めた原作本5冊、全て読破してしまっている。主役二人の話のみならず、主役に近い人たちにもそれぞれストーリーがあって、様々なスピンオフドラマが作れそうな話だということも分かっている。しかしながら、映画とほぼ同時進行でスペシャルドラマをテレビ放送するとは、何という大胆なプロジェクト!

そして、誰もが、おぉー!と驚くのか、えぇー!と嘆くのか、登場人物を演じるキャストの発表に一喜一憂するのである。

う~ん、そうか。長政、いや、桃李くんか。
う~ん、そうか。まれ、いや、太鳳ちゃんか。

あ、太鳳ちゃんは小さいから、背の高い圭くんと並ぶといい感じかも。
俳優のイメージは、あくまでそれまで演じた役からくる偏見に過ぎない。
そのイメージを払拭してくれることを期待して、特に今はコメントなし。

いや、もう、なんでもいいッス。
堂上教官が映像で見られるならば。。。