Endless SHOCK 2015 15th Anniversary☆観劇(2/6)・前編

クオリティを高める新しい風。。。

毎年恒例のEndless SHOCK、観劇。

今年は15周年とか。そんなこと頭の片隅にもなかった。
つい少し前に10周年やったと思ったのに、あれはEndless10周年か。
今回は、SHOCKシリーズの15周年ということらしい。忙しいなぁ~。

帝国劇場入口全面が、大変賑やかなことになっております。

画像


会場入口天井から吊るされている、タペストリー。
SHOCK15年間の写真で出来た、モザイク画です。
この特大パネルが、劇場内階段下に置かれております。

画像


他担のくせに、私のSHOCK初観劇は2005年です。
つまり、Endless SHOCK初年度から、ずっと見続けております。

ここでの感想は、座長に寄り添うことが出来ない代わりに、Jr.寄りです。
ほほーそういうこともあるのかと、気軽に読み流して頂ければ幸いです。


今回のSHOCKカンパニーのメンバーを独断と偏見で紹介。

◆堂本光一

言わずと知れた、座長さま、光一先輩。

今年は、生着替えがなくなって、ちょっと残念です。ミュージカル俳優としてはやや声量が足りませんが、演技・歌唱とも表現力は豊かで、何よりも光輝くオーラを纏うあたりは、唯一無二の存在です。

◆屋良朝幸

敵役としてはKinKi担に絶大な人気の屋良っち。

既にミュージカル俳優として、主役を張る演技派です。演技歌唱が出来るのは彼だけなので、昨年はぶっちゃけ主役の存在を脅かす勢いでしたが、今年は座長様と良い力関係で表現されていました。

◆福田悠太/越岡裕貴

アドリブ職人、安定の演技派ふぉ~ゆ~からのSHOCK選抜。

ふぉ~ゆ~がユニットレギュラー番組を持っている関係で、全メンバーが数ヶ月穴をあけることが出来ないという事情から、番組に必要な能力などなどを加味して、今回福ちゃんとこっしーの二人がSHOCK選抜になったと思われます。ふぉ~ゆ~では、誰が演じても、演技に何の不安もありません。アドリブなら、雄大が得意かも知れませんが、経験豊富なのでこの二人でも十分対応出来ると思います。
今までは、雄大と福ちゃんが役柄的に台詞が多かったのですが、雄大の役をそのままこっしーが引き継いだ形ですので、こっしーは今回かなりの重要な役どころ(本物の刀を渡すとか)です。
屋上の“福ちゃん、光ちゃん”の呼び合いは以前と変わらず、可愛いです。
ふぉ~ゆ~はメンバー全員、以前からずっとダンスレベルは高いのですが、中でも一番上手いと私が思うのは松崎でした。でも、1月のプレゾンの時に、何故か福ちゃんのダンスレベルが驚異的に上がっていて、ビックリしたものです。4人の中では松崎が抜きん出ていたのに、福ちゃんもすごく美しい、芯の通ったダンスで目を引きました。今回も素晴らしかったです。上手いダンサーでもまだまだ上達の余地があるんだなぁと、人は努力次第だなと、思いました。

◆野澤祐樹

三宅健くんを尊敬する先輩に挙げる、ジャニーズきってのVオタのんちゃん。

久しぶりにのんちゃんを生で見た気がする。元気そうだね~。あるユニットのツートップを張っていた頃、いいとも冒頭要員に抜擢され、事実上ユニから離れて活動。その後はどうしているのかなぁって思っていたので、今回元気な姿が見られて嬉しいです。特別、ダンス力が秀でている訳ではなさそうですが、岸孝良くんと体型・身長的にバランスが取れていて、シンメトリーな美しさが舞台に華を添えます。座長、屋良っちとも永遠の小柄?!なので、優太くんと諸星くんも小柄なので、のんちゃんと岸くんの二人がひょろっと存在感があります。

◆岸優太

SHOCKカンパニー参加3年目の貫録のボーカル要員。

この歳の男子の成長は速くて、坊やがどんどん大人に成っていく過程を見ているような気がします。最近では、「お兄ちゃん、ガチャ」というTVドラマの主役をやっております。2年前に、名の知れたJr.が名を連ねるSHOCKカンパニーに突然抜擢され、しかもいきなり歌でソロを取るという実力派。Jr.の中に一人でもベテランがいると、安心して観ていられます。彼の良いところは、物語に入りやすいところで、後半、桜からフィナーレまで泣きっ放しなのが可愛いです。


◆岸孝良

もう一人の岸くんは、石垣に次ぐジャニーズのキーボード奏者。

大学受験で一時休業していたとかで、暫く見ないなぁと思っておりました。主要なキーボード奏者が多忙な時に、舞台やコンサートのバックバンドで、キーボードを弾いていた岸くん。まさか、歌って踊るところを見る日が来るとは思いませんでした。ダンス力はまだ良く分かりませんが、のんちゃんと共に、長身細身の若手ジャニーズ体型、美しい存在感を放っております。

◆諸星翔希

ジャニーズらしからぬ、顔と玄人芸で観客を魅了する逸材!

Jr.の中では既に活躍されているそうですが、最近Jr.事情に疎いので、今回初めて拝見しました。特に写真とかで顔も見ずに、いきなり劇中で見たので、ちょっとびっくり。何と言うか、その~・・・ジャニーズらしからぬ、三枚目的な風貌。身長も低めで、優太のように細身でもなく、これは・・・かなりわたくしの好み♪w
しかも、ダンスがめちゃくちゃ上手い。やっぱりキレの良いダンス担は、低身長に限ります(田口くんは例外中の例外)。動きやターンのスピードが、周りと明らかに違う。しかも、アクロバットも出来るので、山亮の代わりも務めている。しかも、顔芸(表情での演技)の上手さがハンパない!ベテランふぉ~ゆ~の演技レベルをも遥かに凌ぐ勢いで、とてもカンパニー初参加とは思えない貫録。しかも、お笑い担当の松崎のいない穴を埋めて余りあるほどの、三枚目っぷり。この玄人芸、本当にJr.なの?と目を疑ってしまいました。そして、新顔への配慮でしょうか、松崎のような粗雑な扱いを受けない演出にも好感が持てます。

ど、ど、どこでこんな逸材を見つけて来たのかっ!
これは、今後、舞台や映像の俳優班に欲しい才能です。

つ・づ・く。。。