『Dead or Alive』(2)

優しく強気な表現者。。。

こんばんは。

何の勢いなのか、普段KAT-TUNの記事を書いても相手にされないのに。
不思議といつもより多めにアクセスを頂いております。どうしてなんだろう。

映画『ジョーカー・ゲーム』のプロモーションと、主題歌CDのプロモ。
同時に出来て相乗効果がハンパない。亀さんの露出も多いですね。

ZIP!に共演の伊勢谷さんと一緒に出演していましたけど、伊勢谷さんは超面白い人なので、究極クエスチョンがめっちゃ楽しかった。「あしたのジョー」の初日舞台挨拶の時から、面白い人だと知ってます。ああいう方がいると、宣伝効果が高まります。

先日、KAT-TUNのCDをお持ち帰りした時に、もれなく付いてきたポスター。CDショップの小さな袋からはみ出すポスターに、電車の中で恥ずかしいだろうなと思って、それ要りませんと店員に言おうかどうしようか迷ったけれど、とりあえずもしかしたらもらい手が見つかるかも知れないと思い、持ち帰りました。その後、無事に上友さんのお家へ婿入りすることが出来ました。良かった、良かった。前回のCDリリースの時には、大手CDショップごとにポスターの絵柄が違っていたと思う。今回は、全店共通。その方が、ファンに優しいね。

本日、Mステに出演のKAT-TUN。
リリース週にして、タイトル曲ではなく、カップリング曲を歌う大胆さ!

CD売る為のご出演でしょうに。
どんだけ、自信があるんでしょ。

いろいろ憶測は呼んでいるようですが、芸術に他意はないですよ。
タイトル曲とは全く違うイメージのミディアムバラードを披露する。
この大胆かつ斬新なパフォーマンスは、結果的には吉と出ると思う。

あのギリギリに生きているハードボイルドな印象の男前集団が、まさかあんなに優しいバラードを美しい歌声で届けるとは、アルバムを聴かないリリースシングルしか耳にしない一般ピープルには知る機会は少ない訳で、サウンドの振り幅の大きさを魅せるいい機会だったんじゃないかと思う。

『WHITE LOVERS』

これは、『Dead or Alive』の通常盤に収録されていますので。
いいなぁ~と思った方は、日曜日までにCDショップへGO!

Dead or Alive 【通常盤】

私は通常盤は買っていないので、まだフルコーラスでは聴けていないのですが、上友さんは私のKAT-TUN曲に関する好みを良く分かっていらっしゃるので、私の好きそうな曲だよと聞いていました。はい、好きですよ☆まさか、田口くん押しの楽曲だとは思いませんでした。ツーコーラスめは違うのかな。素敵でした♪どのカップリング曲でも、歌番組で披露出来るのは、歌唱力アベレージが高いからこそ。素晴らしいです。

なんか、歌が上手くて、ハーモニーがキレイで羨ましい。。。


そうそう、初回限定盤Bに収録の亀梨さんのソロ曲『離さないで愛』。
特典DVD収録のMusic Videoが、NEWS担には刺激が強すぎましたw
映画の一コマみたいな演技もありつつ、しっかりダンスも魅せている。

これはきっと、万国共通で、“セクシー”だと言えると思う。

NEWSメンはこれを観て、もっとセクシィを学んだ方が良いのでは?としばらく思っていたけれど、プレミアムショーを観てからは、NEWSはあのちょっと照れの残る初々しく演じるセクシィの可愛さがウリなんだなぁと思い直し、ありのままのキミが好き、と思ったものでしたww

いちグループにひとり、主役級の俳優班欲しいよね、ホント。


と言うことで、CDの感想でも何でもない、ただの雑談でした。
明日には、WEB限定予約販売のスペシャル盤が届くらしい♪


さて・・・

丸々6年間愛用しているiPodが壊れた訳ではないのですが。
この際思い切って、高音質だというWALKMANをポチりました。

そのうち、相方お勧めの、ワンランク上のヘッドホンも欲しい。
今でも十分高価なんだけど、ワンランク上はもっといいらしい。

そろそろ、アルバムも出るし、本気で音と向き合おうかな、と思って。
今でもうるさいけど、今の環境では聴こえてない音もありそうだから。

ちょっと楽しみ。ワクワク☆