ザ・少年倶楽部プレミアム☆NEWS(1/21)プレミアムショー

同じ痛みを分け合って。。。

こんばんは。
昨晩の続きです。

Starring KAT-TUNのザ・少年倶楽部プレミアム。
プレミアムショーとプレミアムトークゲストが、NEWSという豪華版!

1/7発売のNEWSの新曲『KAGUYA』披露と。
1/21発売のKAT-TUNの新曲『Dead or Alive』の披露。

そして、何故か、MC4人とゲスト4人が対等な立場でのトーク展開。
この企画は、同世代であり、同じ痛みを共有しているからこそ生まれる。

NEWSを呼んでくれて、ありがとう。

この形式になってから、KAT-TUNのKAT-TUNによるハイフンのための番組みたいになっていて、ゲストでちょこっとトークがあっても、たった1曲ショートバージョンの新曲を歌わせてもらっても、正直他担としては面白くなかった。そもそも彼らのMCで始まった番組なら良かったのだが、それは昔、多くのジャニGファンにとって、フルバージョンで新曲やカップリング曲等を歌ってくれる、ジャニタレの本音が聞ける、まさに“プレミアム”な番組だったから、その落差がいけないのだ。しかしながら、歌える、踊れる、喋れるマルチな才能集団だからこそのMC抜擢であることは明白で、それは賞賛に値する。そして、過去にとらわれず、自分達らしい番組にしようという心意気は十分に伝わって来る。

まさか、いつか、こんな素敵な企画が実現しようとは。。。

大好きなNEWSメンが、KAT-TUNの大好きな曲を歌ってくれる。
大好きなKAT-TUNの歌声で、大好きなNEWSの曲を歌ってくれる。

何だか、それは、どちらの才能も好きな私にとっては、至福のとき。
素敵なコラボレーション企画、プレミアムショーでありました。

トークはとりあえず置いといて。。。


◆アクセントダンス

亀梨→小山→上田→増田→田口→加藤→中丸→手越

圧倒的な、KAT-TUNのダンス力に、目を奪われてしまった。
NEWSメンの、その重苦しい、ポージング中心のダンスは何?
そのアベレージの差に愕然としてしまったけれど・・・

赤いライティングの中、KAT-TUN4人のアクセントダンス。
緑のライティングの中、NEWS4人のアクセントダンス。

曲調がさ、違うんだよね。
スタイリッシュなKAT-TUNに比べて、NEWSのインスト曲がポップで可愛い。
カツンはダンスはフリーのようだったけど、NEWSは可愛い振りがついてる。

それを見て聴いて・・・あ、いいんだ。
NEWSはこれでいいんだって思った。

雰囲気もスタイルも全く違う。比べなくていいんだね。

歌のコラボでは、歌唱力のアベレージがハイレベルなKAT-TUNとのコラボでは、若干迷惑をかけてしまうのではないかとヒヤヒヤしていましたが、ものすごくナイスな選曲と絶妙な歌割りで、誤魔化せてるっ!

◆weeeek(NEWS)

歌うのは、増田&中丸の仲良しコンビ。
プライベートでも仲良しの二人が一緒に歌うだけで、萌える。
しかも、肩組んでるしぃ~。可愛い~。歌は心配なし。

◆EXPOSE(KAT-TUN)

歌うのは、加藤&上田コンビ。
シゲさんに、ラップに近い英語詞をもって来る、この選曲ナイスです。
ハスキーヴォイスなシゲと、儚げなハイトーンの竜ちゃんは絶妙コンビ。

◆チャンカパーナ(NEWS)

歌うのは、小山&田口の長身コンビ。
お決まりのスタンドマイクで、踊りながらサビを歌います。
安定の田口くんとのユニゾンだったので、慶ちゃん頑張ってた。
まさか、田口くんのチャンカパーナの振りが見られようとは・・・!
田口くんの頬を慶ちゃんが、慶ちゃんの頬を田口くんがぐりぐり。
あの~、もうちょっと下のホッペ辺りをぐりぐりするんだけど~w

◆Love yourself(KAT-TUN)

歌うのは、手越&亀梨のセクシィコンビ。
歌も踊りもアピール度も、お互い引けを取らないほどの表現者。
オレオレでイケイケでフェロモン出しまくりなお二人、いいコンビ。
この歌、大好きぃ~!

◆NEWSニッポン(NEWS)

歌うのは、KAT-TUN。
ここから2曲は、お互いのデビュー曲を歌い合う。
こんな美しい歌声で、NEWSの曲を歌って頂けるなんて、感激です。
竜ちゃんの美しい歌い出しに感激すると共に、今ではファンでさえやれる人が少なくなっている、デビュー曲の手振りをちゃんとやってくれているところも嬉しかった。練習したのかな?

◆Real Face(KAT-TUN)

歌うのは、NEWS。
歌い出しはもちろんマッスー、舌打ちはセクシィ担当テゴりん。
あ、こういう曲も歌えるのね、と素直に驚きました。素敵でした。

◆SUMMARY

あれから、後輩が引き継いでいたジャニーズ独特の舞台『SUMMARY』。
そのテーマ曲でもあったから、舞台自体なくなった今はあまり歌われない。

あの頃は、KAT-TUNが赤い衣装、NEWSが青い衣装、今よりもっとヒラヒラしたゴージャスな衣装だったね。今回、KAT-TUNは青い衣装、NEWSが赤い衣装を着ていて、勿論もう少し大人っぽいスーツな衣装だけれど、衣装のカラーを取り替えたのは、何か意味があるのかなと思ったり。

先ほどの歌でのコンビとは違う組み合わせでのデュエット。

増田&亀梨コンビ(亀さんの接近に、若干引き気味のマッスーww)
加藤&田口コンビ→手越&中丸コンビ→
問題の・・・上田&小山コンビ(笑)

曲中、慶ちゃんの胸ぐらを掴んで今にも殴りかかりそうな竜ちゃんに、苦笑しながらタジタジになって応酬する慶ちゃん。大丈夫、ボクシング男子には敵わないけど、一応慶ちゃんも鍛えているから。
※番組最後の反省会で、あれはタックルしているんだと弁解してました。

懐かしいと共に、ちょっと切なくなる、マイナーコードの楽曲なのでした。
聴いてるこっちもいろいろ思うことがあるから、歌っているメンバーたちはもっといろいろ思いがあるだろうなぁと。


グループとしては何度も、心配をかけられた。泣かされもした。
でも、それは、今ここにいる、ファン思いの8人のせいじゃない。

愛されてるんだね、わたしたち。。。


見逃した方、他担で興味のある方は、再放送にてどうぞ。
★1月23日(金)夜6:00 BSプレミアム