PLAYZONE 30YEARS★さよなら!~青山劇場★誕生日公演(1/13)

お祝いに来てくれました。。。

閉館が惜しまれる青山劇場で上演中のプレゾン2015。
本日は、中山優馬くんと松本幸大くんの誕生日公演♪

優馬、21歳のお誕生日おめでとうございます。
幸大、26歳のお誕生日おめでとうございます。

今年も呼んでくれて、ありがとう。
今年は1公演しかなかったから、盛大なお祝いだったね。

お仲間もお祝いに来てくれました!

開演前の場内が明るいうちから、生田斗真くん、内博貴くん、岡本圭人くん、伊野尾慧くんが、関係者席にずらりと着席。オマケに、それを撮影する関係者のカメラあり。あれ、DVDの収録映像とかに使ったりするんだってね。あまりの大胆な入場っぷりに、声を出して騒ぐ人はいなくて、ひたすら皆さんガン見(笑)

内くんは挨拶する時以外、終始マスク着用だったけど、斗真はもう堂々としたもので、そのまんま。久しぶりに生・斗真見ちゃいました!相変わらず、彫りの深いお顔立ちで美しいことったら。ドラマ撮影でお忙しいだろうに、お祝いに来てくれたのか、興味があって鑑賞に来てくれたのか、思いがけず会えて嬉しいです。昔、まだ舞台中心に活躍していらっしゃる頃は、Vメンの舞台をよく観に来てくれて、しょっ中斗真と遭遇していたなぁ。懐かしい。内くんは黒いトレンチコートを着ていて、スレンダーな長身に良くお似合いでした。斗真も黒っぽいコート。伊野尾ちゃんだけは、ちょっと小柄な印象で、そこがまた可愛かったです。

1幕の“FUNKY FLUSHIN'”で既に、曲の途中の掛け声で名前呼んだり、Jr.さんたちが、彼らのところへ来て一緒に踊ったりしていたので、1階席の人は彼らの観覧を分かっていましたけど、幕間前後も特に騒ぎになることもなかった。マナーがしっかりしてるのね。

翼さん、客席通路の屋良っちと優馬を呼ぶ時、斗真・内と呼んでたし。
もう、バレバレっていうか、巻き込まれること込みの観覧なんだろうね。

2幕1曲目のラストで、翼さんと屋良っちが、ケーキを持ってステージへ。

後方のスクリーンには、HAPPY BIRTHDAYの文字、二人の名前と歳が書かれ、大きなケーキの絵に電飾がキラキラしていて。こんな盛大な誕生日らしい誕生日サプライズって、久しぶりだなぁ。

ケーキは、優馬は白いケーキで21のナンバー飾りが、幸大のはチョコっぽいケーキで26のナンバー飾りが付いていて、なが~いキャンドル数本には火が点っていました。翼さんが音頭をとって、ハッピーバースデーを歌い、ローソクふぅ~♪

翼座長は、本当にトークがお上手で、感心します。客席に来ていた後輩4人に、誕生日の二人に地声で良いから一言を、と言って話を振ってくれました。トップバッターの斗真は、誕生日と知っていて来ましたと、言っていたかな。おめでとうございます!って地声でも十分届く声量、さすがです。露出に慣れている斗真と違って、内くんはちょっと話下手な感じで、マスクを取れ取れと言われたりしていました。圭人は、幸大とはあまり話したことがないと言っていて、伊野尾ちゃんは、今日は幸大のお祝いに来たのだと言っていました。相方ちゃんが、昔、伊野尾ちゃんと幸大は同じユニットだったことがあるのだと教えてくれました。その頃からきっと、仲良しなんだね。

勿論、優馬と幸大にも挨拶をさせていたけど、何て言ってたかもう忘れちゃった。幸大は、誕生日になる午前零時に、翼さんと一緒で、お祝いしてもらったそう。なので、翼さん、今夜は優馬に尽くすそうです。お持ち帰りされる予感があるので、新しいパンツを履いてきたと、笑いを取るのがお上手です。しかも、結構派手なパンツでね…とパンツ話を更に広げようとするので屋良っちに止められて、シークレットですと話を中断。翼さんって、あんなに面白い人だったんですね。新発見!

“SHOCKの敵役が揃ったんだねぇ”と、翼さん。“亮がいないけどね”と突っ込まれていましたけど、うん、確かに、豪華メンバー。翼さんから、次の斗真、未だに敵役現役な屋良っちに内くん。

カーテンコールでも、4人に声をかけてくれる翼座長。翼さんは、“斗真、また踊ってね”って言っていました。SHOCK以来、斗真が踊っている舞台なんて、私は観ていないかも。今は、映像仕事の方が多いですものね。

誕生日公演、誕生日サプライズが大いに盛り上がって、楽しかった!
そして、今年も、誕生日のお祝いに呼んでもらえたことに感謝します。


ところで、10日より2階にも客席登場が始まったとか。
一応、下書き段階で消したんだけど…気持ちが通じた?

2階席はステージの見応えは確かにあって、メンバーが被る1階席よりはパフォーマンス自体はずっと見やすいのですが、9日までメンバーが誰も来なかったから、客席登場する曲はハッキリ言って蚊帳の外状態だったんです。1階の通路より後ろは何にも見えないし、ライブみたいに見えない場所をスクリーンに映すこともしないから、誰が何をやっているかも分からず。だから、1曲でもね、誰かが来てくれるだけで、ちょっと盛り上がって、参加している気になれるのよ。良かった、来てくれるようになって。


あれ?入口の電飾が変わってるぅ~。

30年間のプレゾンのロゴの後、出演者の名前が流れるようになった。
座長様から始まって、ユニット名が出た後それぞれの名前が流れる。
そうでなくちゃね。歴代のロゴ見ても、我々には何の感傷もないしね。

画像


次々と流れていくのでなかなか写メが難しい。
代表して、本日優馬と共に主役の君の名を☆
時間がなくて優馬は撮れなかった。ゴメンね。

画像


さて、本日13日より、ステージフォト発売開始!

ひとり1セット(5枚入り、800円)、21種類。

怪我で休演の阿部顕嵐くんの分は、リハ風景の写真でしたけど、ちゃんとステージフォトも発売。オリジナルフォトもちゃんと彼の分も発売されていました。カンパニーに優しいプレゾン。


今日がマイ千秋楽。楽しい時間をありがとう。。。