『ほっとけない魔女たち』第15話

しばらくほっときます。。。

おはようございます。

V6・三宅健くん出演昼ドラ『ほっとけない魔女たち』。
テーマは“脱ドロドロ・勧善懲悪の人情喜劇”の新企画。

春子の病気話以外、ミッションについては少しも嫌な思いをしない。
悪を懲らしめ善行を勧める、テーマに沿った分かりやすいシナリオ。

“アクション”と言うほどのアクションもなく、めでたしで収まる心地良さ。
元々の昼ドラ視聴層が何を求めているかは存知ないが、とりあえずいい。

なによりも、“昼ドラ”には縁がなかった働く世代が、録画視聴率ではあるけれど、番組に興味を持ってくれているのは事実。観る人が多いと言うことは、リアルタイムでないにしろ喜ばしいことではないだろうか。

Mission3の最終回。
今回もマモルくん大活躍!

チンピラ風に変装する意味があったのだろうかww
サラサラヘアを撫で付けて、グラサンで迫力を出そうと?

まるで、マンガのような大袈裟なマモルくん作のシナリオ。でも、劇中劇はそれと分かるようにわざとらしく、が区別がついていい。実際はどんな結末にしたかったのだろうか、責任感の強い脚本家は、めでたしの中でも悩むらしい。

おぉー!跳び蹴り、カッケー!!!!
そこで一発殴るかと思いきや、暴力は使わない。
男性キャストが“マモル”という名である意味が分かったような。

やっつけ方がぷぷっと笑ってしまうような結末だけど、めでたしめでたし。

Missionいくつまでやるんだろう。
昼ドラのワンクールはそんなに長くないと聞いてます。
あーあ、永遠にやってくれたら、毎日楽しいのになぁ~。


と言うことで・・・
来週はお家を留守にするので、しばらくほっときまーす。

我が家のDVDレコーダーは数日ほっとくとストライキを起こして、容量の残量があるのに録画しなかったりするから、マモルくんがちゃんと録れるか心配だぁ。

いよいよ、イエヒラ様は、最終である楽土の地で公演中。
長きに渡り、お疲れ様でございます。

遠い空の下より想いを込めて。。。