滝沢歌舞伎2014☆観劇(5/1)

今年も和の世界へ。。。

滝沢秀明くんの和の舞台『滝沢歌舞伎』。
初日はとっくに過ぎましたが、遅ればせながら観劇。

今年は博多座で幕を開け、新橋演舞場へ凱旋でございます!

本当は初日の観劇が好きなんだけど、既に博多で御披露目しているし、ちょうど東京初日が剛くん舞台の観劇予定だったので、やっぱりそっち優先でしょう!ということで、こんなに遅くなっちゃいました。しかも3階席で、見切れる見切れる(苦笑)でも、チケ代はほぼ半額だから、私には丁度良いかな。

博多座出演メンバーを踏襲して、東京でもちびJr.は出演せず。
かなーり、大人っぽい面子での時代劇、歌舞伎でありました。
こっちの方が断然見応えあるし、迫力もあるので、嬉しいです。

京本パパと、我らがハセジュン兄貴の出演は豪華。
さすが、舞台役者は声の出し方が違うなぁと思うのでした。

タッキーは、相変わらず麗しゅうございました。
洋装のスーツ姿はイケメンだし、和装の女形は美しく男役は凛々しいです。
好みじゃあないんですが、毎年毎年、綺麗だなぁと思って見ておりまする。

私も、寛容になったもんだな。Jr.の稽古場のごときグダグダトークや台詞出しにも、腹も立たなくなった。滝様は優しいんだろうなぁ。もっとビシバシと、後輩を育てて欲しいという思いもある。でも、そんなアットホームさが滝舞台の売りのひとつでもあり、若いファンに時代モノに触れる機会を作ってくれる貴重な作品でもあるので、それなりに温かい気持ちで楽しんでおりまする。

1幕、どういう演出なんだか知りませんが・・・
鼠小僧に扮した滝様が、客席からヒロシという人を引っ張り出して、ステージ前に来させた。

「お名前は?」と聞くと「ヒロシです」と答える、あの芸人?!のヒロシさん(笑)鼠小僧に手紙を託され、鼠小僧を探しているJr.たちに読むように促されるヒロシさん。「俺、お金払って観に来ただけなのに~」とあたふた。手紙は京本パパからで、タッキーの鼠小僧のドラマのこと(博多座ではドラマの宣伝だったらしい)と、6月4日に発売される、京本パパのCDだったかDVDだったかの宣伝。最後に、一発芸をやらされて(お決まりの“ヒロシです…”というやつw)客席に帰って行きました。ヒロシさんには災難でしたが、そこは、大いに盛り上がりました(笑)

そういえば・・・
昨年は女人たちは“京さま~”と京本パパにキャーキャー言ってましたが、今年は“三郎さま~”とハセジュンが大人気でした。髪をクルクルカールしてアップにして、京さまに“ベルばらみたいだな”なんてそのヘアスタイルを言われていましたが、非常にお洒落でありました。ハセジュンは他に、冒頭のナレーション役も担ってました。声がよく通るので、ナレーションには適役です。ハセジュンは、ジャニーズの役者班として、Jr.たちのお手本となる兄さんです。滝舞台に、いい風を吹かせてくれていると思いました。


さて、今年も“滝込みご飯弁当”美味しく頂きました。

画像

毎年、洋風弁当と和風弁当があるのですが、今年は和洋折衷。
\1400したのですが、いつもそんなに高かったっけ?(←増税?)
タッキーの大好きなカニの炊き込みご飯に、カニコロッケなどなど。
小さな和菓子入りが嬉しい、美味しいお弁当でございました~。

法被型に折られた手ぬぐいを毎年記念に買うのですが、今年の色は赤黒。
ちょっと情熱的な(翼さん風)色合いで、でも和風に梅?の絵柄が付いてる。
後は、お気に入りJr.さんの為に(フォトの売上は重要でしょうから)フォト購入。

いやはや、楽しかったです。

みんな、頑張ってたな~、Jr.さんたち。
裸祭り(和太鼓)も迫力だったしね、腹筋しながらの太鼓、大変だ~。

多分、もうすぐラストの公演を迎えるのだと思う。
随分長いこと公演をしてきて、それでこのぐだぐだかっ!とは思うけど。
そういうところが、まぁ、可愛いんだと思っておこう。

皆さま、お疲れさまでした!
来年もあれば、やっぱり行っちゃうんだろうな・・・!