テゴマス☆『新堂本兄弟』&Mフェア

カヴァーの難しさ。。。

我らがテゴマスちゃん、KinKi先輩の番組へ出演。
アルバム&ツアーをちょい宣伝しながらの出演のよう。

KinKi兄さん、呼んで頂きありがとうございます!

あんまりテゴりんの言動を取り上げ過ぎるのは好きじゃないけど。
あれで、兄さんのファンが楽しんでくれるのなら、まぁ、いいか。

私たちって、意外とマヒしているのかなと、最近は思う。
そうじゃなかった時代からテゴりんを見て来ているんだけど。

ラブラブとか、イチャイチャとか、極々フツーなんだけど・・・。
結構前から子猫ちゃんと言われているし、愛し合うのフツーでしょ。

一夫多妻制なんだ・・・って、ちょっと笑えるコメント。

一昨年末、カウコンで光一さんが取り上げてから、それってフツーじゃないんだということを初めて知った。と言っても、別にVさんがそれをやる訳ではないし、確かに他のGじゃあまり言わないかも知れないけど、それをあえて考えてみることもしなかった。その場所には、その場所に相応しいテンションがあって、自分が子猫だと呼ばれて狂喜乱舞している訳では全くないけど、彼の盛り上げ隊長の才には、テゴマスもNEWSも大いに助けられている。

私は、客として入るライブで、“おめぇら”とか“お前ら”とか呼ばれるのが嫌いだ。でも、そう言われてキャー!となる方も多い。感じ方は人それぞれなんだと痛感する。“子猫ちゃん”と呼ばれるのを考えると気持ち悪いと思う人もいれば、それがごく自然なファンの代名詞なのだと受け入れている者もある。だから、あまりそればかり強調されるのは好きじゃない。別に、嫌でもないけど。それが多分、番組を面白くする大きな要素だと思うから。ちょい照れながら“愛してるよ”っていうつよし兄さん可愛かった。自分のライブでは似たような熱い思いを語る人なのに、彼はライブ最後に静かに語るから、テゴりんの盛り上げ掛け声とは性質が違うんだろうなぁ。光一さんの毒舌も知ってる。一応、ソロコン行ってるし、ファン友達もいる。ああいう正直なところ、好きなんだよね、きっと。

歌うナンバーは、KinKi兄さんの曲『ボクの背中には羽がある』。

テゴマスちゃんは、とても上手に歌っている。
でも、つよしさんが歌い始めて、やっぱりこれは兄さんの曲だと思った。

キーも、歌い方も、何もかも。
他人の曲を歌うって、難しいんだなぁって思った。

でも、兄さんに囲まれて歌う二人が誇らしかった。
呼んでくれてありがとうございました(宮川さんは要らないけど…ボソッ)。

茶髪のマッスー、可愛かったです。
赤くしないで、茶色の方がナチュラルで好きだけどな。

ここ一番の勝負の時は、いつも赤毛ちゃんだよね。
何か、思うところがあるんだろうなぁって思うけどね。



同日、これもカヴァー曲、いやコラボ曲となる、Mフェア放送。

以前にも同番組でコラボで歌ったことのある曲。
ゴスペラーズさんの名曲『ひとり』。

あの時は必死感があったんだけど、今はすごく余裕を感じた。
歌い出しも難しそうなファルセットも、実に堂々としている二人。

いつか、ゴスペラーズさんからの提供曲『DONUTS』を、コラボして聴かせてくれないかなと、そんなことを想像しながら大御所に囲まれる二人を見てました。


堂兄もMフェアも、初動売上の為じゃない(←レーベルの本気の売る気を感じない)、集客の為じゃない(←PGのお知らせのテロップが出たけど、正直どこの会場もチケが余っているとは思えない)、そんな番組出演オファーは、ジャニらしくなくて大いに誇らしい。


さて、あと1ヶ月近くジャニごとがありませーん。
仕事は忙しい時期だけど、週末暇なのは嬉しい。

五輪も終わることだし、しばし、のんびりしまーす。