『テゴマスの青春』☆CD感想(6)

歌割りによる印象の変化。。。

なんと!また週末あたりは雪模様だそうです。
まだ、道路脇には、積み上げられた雪が残っているのに。

週末、新幹線に乗る予定じゃなくて良かった~。
ライブ初日までに書くって言っても、マイ初日はまだまだ先ですもん。


順不同な感想の続き、いきます。

素人の超個人的な感想なので・・・
ぐだぐだ言わずに只聴いて楽しめよ!という方は閲覧しないで下さい。
では、興味のある方だけどうぞ。。。


4thアルバム『テゴマスの青春』

06☆タイムマシン

本来なら、スローテンポの曲はわりと好きなはず。
でも、この曲が心に残り難いのは、ひとえに歌割りによる。

ワンコーラスめ、AメロBメロともに、テゴりんのソロ。
そして、サビも主メロはテゴりんで、マッスーはハモリ。
つまり、普通に聴いて、まるでテゴりんのソロに聴こえる。
ツーコーラスめになってやっと、マッスーいたんだ!って感じ。

ツーコーラスめは、全く歌割り逆転していますけども。
マッスーソロの優しい歌い方、とっても好きだけどね。

どうなんだろう。こういうパキーンと竹を割ったような歌割り。
もしかしたら、ソロの順番が逆だったら、印象が違うかもね。

Aメロ(テゴ)→Bメロ(テゴ)→
サビ(テゴ、下ハモ:マス)→
Aメロ(マス)→Bメロ(マス)→
サビ(マス、下ハモ:テゴ)→間奏→
サビ(テゴ、下ハモ:マス)

珍しくテゴが下ハモやってるし、二人の声って、違うんだけど似ている、似ているんだけど違う、同調する心地良さと言うのが、ゆったりテンポの中で心に触れて来るのがいいね。


08☆少年~Re:Story~

アルバム収録曲中では珍しい、サビ始まりのイントロ。
サビ始まりと言うのは、サビの強調によく用いられるが、この場合はどうかな。

初めからこのアレンジなのか、この曲順になってからのアレンジ変更なのか、それともこのアレンジだからこの曲順に組み込んで来たのか、定かではありませんが。イントロが本編よりもややスローにアレンジされているのは、前曲『サヨナラにさよなら』のゆったり感との繋ぎとしては非常に心地良い。あれで、心が一旦落ち着いたところで、急にガンガンいかれると、あまり心穏やかではない。ここは上手い繋ぎだと思った。

“もういっかい、もういっか~い”の繰り返し、力強くて元気出ます。

昨今、歌詞とメロディの区切りが同調せず、日本語でなんと言っているか聴き取りが難しい曲が多い中、わりとレトロな感じで、普通に曲を聴きながら歌詞が理解出来るので、私のようなあまり歌詞を重視しない人でも、自然と元気が出る歌詞が耳に届く、そういう面では素敵な曲だと思う。

それに、タイトルも何だかカッコイイゾ!

イントロサビ(テゴ)→前奏→
Aメロ(マス)→Bメロ(テゴ)→
サビ(マス、上ハモ:テゴ→テゴ→ユニゾン→マス、上ハモ:テゴ)→
Aメロ(テゴ)→Bメロ(マス)→
サビ(マス、上ハモ:テゴ→テゴ→ユニゾン→マス、上ハモ:テゴ)→
Cメロ(マス→マス、上ハモ:テゴ)→間奏→
サビ(マス、上ハモ:テゴ→テゴ→ユニゾン→マス、上ハモ:テゴ)→

Cメロが無くて、サビ繰り返しの曲が多い中、オーソドックスな曲構成。
ライブでは、さぞかし盛り上がることでしょう。そんな曲が多いけどね。


07☆サヨナラにさよなら

基本的に、シングル曲はリリースの時に記事を書いているので割愛する。
でも、この曲のことだけは、書いておこうかな。

リリース当時、私はあまり、この曲はピンと来なかった。
あまりにも、印象が薄いと言うか、大人しめと言うか・・・。

『サヨナラにさよなら』って、本当はあまり現実的な言葉じゃないのを知っているからかな。

多分、その頃、自分自身がいろいろバタバタしていたんだと思う。
でも、その後何となく、だんだん心にじわじわ響いて来たんだよね。

なんか、この曲いいじゃん!って。
いや、元々良いでしょ!って言われそうですけども。
あの頃よりも、今、結構好き。良い曲だと思う。アレンジも素敵。

明らかに、『サヨナラにさよなら』と『ヒカリ』は、ライブっぽいアレンジじゃない。リリース向け、対外向けのアレンジと曲調なんだよね。それが、じゃかじゃかと賑やかなライブ感バリバリなアッパーチューンに囲まれて、すごく新鮮に聴こえて、ますます最近好きになった。

この曲、本当は、MVが好きじゃないんだ。
そりゃあ、女と絡むMVはもっと嫌だから、恋人たちを見ているだけなのはまだいい。でも、曲の雰囲気を表現するにしても、女を映す時間が長すぎて興醒め。これはもう、そういう想像をしながら歌っている風で、テゴマスちゃんだけの出演で是非ともやって頂きたい。

マッスーソロの、“苦手な”でプツッと音を切るところが好き。
ビブラートを持たないマッスーは、スローな曲は声の伸ばし方が微妙で、その揺らぎだったり、プツッとした切り方だったり、ビブラートを持って音を長く伸ばせる人には絶対に出来ない歌い方をする、そういうところがホント、好き♪


と言うことで・・・ふぅ~、あと、2曲までキター!

つ・づ・く。。。


テゴマスの青春(初回盤)(DVD付)
テゴマスの青春(通常盤)