PLAYZONE→IN NISSAY☆初日公演(1/6)

幼いあなたの貴重な経験。。。

画像

初めて冬に開催する舞台“PLAYZONE”。
青山劇場を飛び出して、日生劇場にシフトする。

基本は、2013年夏バージョンを踏襲。
劇場の都合で作れない舞台セットは、曲変更でカバー。

懐かしい曲もあり、新鮮な曲もあり、曲変更によりここ数年パターン化していた演出に新たな風を吹き込むことになり、いい“Change”だと思った。

グッズはシンプル。
パンフレットはA4版薄め、1600円。同じ曲は前回のステージフォトを使用し、変更された曲は、元祖プレゾンの少年隊さんの写真が使われている。出演者全員の直筆サインが嬉しい。皆が来ているTシャツ、グッズに出来なかったんですかね?
ショッピングバッグは1000円。紺色のビニール性で、ファスナー部分が赤と白がある。ショッピングするほどグッズが無いのが、何とも寂しい限りである。
オリジナルフォトは出演者全員分あり、各600円。関東のJr.舞台で出演者を平等に扱ってくれるのは、おそらくプレゾンだけだ。

上演時間は2時間半。
1幕:1時間10分、休憩:25分、2幕:55分。
休憩が長いので、ロビーでちょっと腹ごしらえも出来る。

ほとんどが1階席の青山劇場と違い、日生は奥行きが無い分高さがあり、中二階、二階にもかなりの席数がある。青山と同じように、ほぼ1階だけのメンバー客席登場では、地上と天井との温度差が生じるのは否めない。しかし、奥行きが無い分、確かに舞台そのものは近い。双眼鏡無しで普通にダンスを拝めるのは、なかなかの迫力だ。


セットリストや曲変更は、以下のよう。
ネタバレしたくない人はスルーで。

☆1幕
01.ROAD TO PLAYZONE→You&Me&Who?
02.仮面舞踏会
03.ケジメなさい
04.ハッとして!Good
05.100%…SOかもね!
06.LOVE YOU ONLY
07.どーしようもない→どうなってもいい~It's BAD
08.水の帰る場所
09.愛・革命
10.まいったネ 今夜
11.STAR LIGHT
12.パラダイス銀河
13.アンダルシアに憧れて→What's your name?

☆2幕
14.情熱の一夜
15.青春アミーゴ
16.HONEY BEAT
17.ズッコケ男道
18.A・RA・SHI
19.青いイナズマ
20.よく遊びよく学べ
21.フラワー
22.お祭り忍者
22.フラワー
23.星屑のスパンコール→想 SOH
24.Guys PLAYZONE、Liar→パーティーが終わっても


個人的には、“It's BAD”の復活が嬉しい!
かつてプレゾンのバックで踊った経験から、2005年のサマリーでNEWSの増田くんがソロ曲に選んだナンバー。翼さんが、黒パンツに赤タンクトップで登場した時、“あ、マッスーと同じ衣装”と思った。パンフレットに載る東山さんの衣装も同じ。どうやら、デザインは受け継がれているよう。翼さんが踊るとめちゃめちゃセクシィになっちゃうけど、振り付けも多分同じ。いや、マッスーもかなり刺激的だったけどね。

おやっ?
パンフレットの東山さんの隣にいるのは、マッスーかな???
ほ・・・ほそっ!(笑)
やっぱりいたんだね、あの場所に。

Road toもGuysも大好きだけど、何年も同じように歌うと、正直お腹いっぱいになる。ここらで一旦セトリから抜くのも、賢明かもね。

大掛かりなセットはない、ダンスで魅せる演目。
舞台慣れしたふぉ~ゆ~が引っ張る、“まいったネ、今夜”と“よく遊びよく学べ”の寸劇も楽しい。真面目にやっているのに、何故か笑いが起きるという。
所々に挟む、翼さん、屋良っち、優馬のメイン3人の礼儀正しい挨拶が心地良い。

今日は初日公演ということで、最後に3人が挨拶をくれた。
優馬は成人の日に二十歳になるし、午年だし、って言ってた。あれ?午年生まれなら二十歳にならないのにな、と思っていたら、名前に“馬”が付くからってことだったんだねww

私が内部舞台で唯一観られる舞台“PLAYZONE”。
寒い冬を、心からホットにしてくれるに違いない。