ベストアーティスト2013&FNS歌謡祭

年末に期待をし過ぎないように。。。

師走が近づくと、いろいろありますね、歌謡祭。
ベスア、FNS、そして、最後はMステスーパーライブかな。

今年1枚しかシングルリリースのない、V6。
アルバムリリースでリード曲しかない、NEWS。
シングルは出すも、ツアーのない、テゴマス。

・・・・・・・・・・。
あんまり、期待しないようにしようか。


FNS歌謡祭で毎回大活躍の、大切なコラボ要員の・・・
テゴマスちゃんがいなーーーーーーーーーーい!

えっ?Vさん、あれだけですか?
しかも途中からワラワラ出て来て映らないし・・・。

今年ほどつまらないFNS歌謡祭はなかった気がする。
昔のアイドル曲のおさらい、いい加減懐メロは要らないよ。

わずかな出番の“WAになっておどろう”は楽しそうでしたけど。
冬らしい白い衣装で、V兄さんたち、とっても素敵でしたけど。

なんか・・・時間、損した気がする。

あ、でも、ラスト、SMAP兄さんの『シャレオツ』が嬉しい。
何が嬉しいって、“作詞:大竹創作”ってところが感無量。
創作さんの書く一言一言の歌詞が愛しくて、感激してしまいます。
木村兄さんの大サビラストの曲調は、乙三.っぽいんだけどなー。



さて、1週間前の“ベストアーティスト2013”。
面倒だから、担当グループぐるっとまとめて書いちゃいます!

NEWSくん。
サッカーの応援歌?新曲『SEVEN COLORS』初披露。
リリース告知より初披露が先ということは、出てもカップリングか両A面。

NEWSって、なんでこういう曲のカラーなんだろうっていつも思う。
こういうイメージで、こういう勢いで、いっつも応援ソングを歌う。

応援ユニットとして生まれたグループの中で、一番初心を貫いているかも。

なんか、不思議なチグハグ衣装で、お洒落なんだかダサいのか良く分からない、相変わらず我が道を往くテゴマスちゃんたち。髪の色も大事だと思うけど、それでいいの?

歌はよく頑張りました!・・・そんな感想。いつも、かな。
でも、頑張らない人より頑張る人が好き。それでいい。

4人のデビュー曲と言っても過言ではない『チャンカパーナ』。
ダンスがバラッバラ過ぎるのはご愛嬌、はいつまで許される?

冠番組もないし、リリースもないので、元気な姿が見れるだけで嬉しい。
いろいろ言っちゃうけど、特に改善を望むものではありませんww


V6さん。
いきなりオープニングメドレーで、デビュー曲をダンス付で披露。
千鳥格子?ちょっとずつ柄がお揃いな、お洒落なコーディネート。
長身のトニ兄さんたちはコート、ちっこいカミちゃんはラフなスタイル。
身長とスタイルと雰囲気と、とにかくメンバー皆がとてもお似合い。
だぼっだぼのセーターにスキニーパンツの天使さんに目が釘づけ。

範頼さまも博士(or怪物)さまも、この日は休演日?
舞台公演中に、気持ちを切り替えてくる仕事人に脱帽です。

2曲目は、今年リリースの『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』。

思うに・・・
何となくVさんは、タイトルの付け方で流行の一歩先を行っている。
カタカナ使いが流行る前に既に使っていたし、長文タイトルもそう。

ここでも似ているようで少しずつ違う、衣装のコーディネートが素敵。

歌担ツートップが存分に聴かせてくれる、珠玉のバラード。
それを低音&高音で支えるコーラスの妙。もはやアイドルを超えている。

男気のある本物の歌を聴くと、元気が出ます。
ありがとう、Vさん。そして、お疲れさまでした。


昨日危うく、テレステの健くんお当番の号を買い逃すところでした。
(本屋さんに慌てて電話して、取り置いてもらいました)
相変わらず、セクシーショットを撮るのが上手い、テレステさん。

“破壊力”というのはつまり、担当にしか通用しないものなんだなぁw

この記事へのコメント