Live House ジャニーズ銀座☆屋良朝幸&They武道(5/13)

可能性はゼロじゃない。。。

ジャニーズJr.のコンサート in クリエに、行って来ました!
最近、重たい舞台にどっぷりだったから、楽しかったぁ~!

いっぱい笑って、いっぱい萌え萌えして。
きゃわいいぃぃーーー!って叫んで、うっとり聴き惚れて。

こういうのがさ、やっぱり、究極、楽しいよ、うんうん。

今年のシアタークリエで開催する、主に東京Jr.のコンサート。
その名も・・・

“Live House ジャニーズ銀座”

クリエはキャパが小さいので、毎年激戦がハンパない。
それでも、お目当てさんが出ない年は、まるっきり興味なし。
クリエでのジャニコンは、ほーんとに、久しぶりなのであります。

“MAD”の出る内クリエを諦め、相方の為に屋良Theyクリエに絞った申込。
それでも、予想していたこととはいえ・・・案の定の全滅・・・orz

“人の心の痛みを知れ!”とハリーにいくら言われようとも、無理。
自分に関係ないことは、こうも心が痛まないものかと、自分に呆れた。

そうして迎えた、翌日のプレガ発売。外出中に電車内で片手間に電話。一応、協力しましたよ、のパフォーマンスのつもりで、それはもう、別に繋がるなんて、これっぽっちも思っていなかった訳で。それが、どこをどうすり抜けたのか、開始20分も経過していたのに、奇跡的に取れてしまった幻のチケット。これは・・・夢じゃなかろうかと、発券してもらうまで、自分でも信じられない出来事だった。

プレガ?そんなもん、取れる訳ないじゃん。でも、可能性はゼロじゃない。
そんなことを身をもって実感した、今回のチケ争奪戦なのでありました。


今回の論点は3つ!

<その1:屋良さん、ソロコンやれるっしょ!>

何だか、昔より、確実に歌が上手くなってる、屋良っち。
正確に歌えるだけじゃなく、声質にすごく個性が出るようになって。
開始数曲は、屋良さんソロにThey武道バック、みたいなシチュエーション。

歌える、踊れる、飛べる、喋れる逸材。
しかも、全曲自分で振り付けしたダンスで構成。

数名のユニットの各特技を、一人で併せ持っているような才。
これは、もう、こんな小さな劇場じゃなく、アリーナクラスでもイケる!
(一人じゃ寂しいから、勿論、真に踊れるユニットをバックに従えて)
そんな風に思いながら、彼の歌やダンスに魅入っておりました。

髪が茶髪でくるくるしたパーマヘアの屋良っち。
昨日美容院へ行ったら、辰巳みたいにされちゃったと。
えっ?!福ちゃんじゃなくて、雄大ですか?今、そんな感じなの?

と言うことで・・・私が入ったのは夜公演なんですが、昼公演には、堂本光一さんとふぉ~ゆ~が観に来ていたという話をしながら、夜公演には、オーナー役の前田美波里さんが来ていると紹介し、バルコニー席からいろいろと感想を述べて下さっておりました。普段でも、ああいう喋り方をされる美波里さん、カッコイイです。ついでにリカ役の方も観に来ているとかで、昼夜合わせると、ここでSHOCKが出来るんじゃないかと、そんなことを言っておりました。

<その2:マルチな才能を見いだされた、ヒロミ>

主に、舞台やライブでヴァイオリンを弾いている、後藤泰観くん。
実は今回、屋良Theyクリエに付くことは、何となく風の便りで知っていた。

ヒロミは歌がとっても上手いのに、なかなか聴かせてくれる機会がない。
今回は、かなり沢山、歌を聴かせてくれたのと、良く喋りもしていた。
屋良っちのことを“あなた”と呼ぶヒロミ、なんだかその言葉遣いが新鮮。

“後藤のコスプレ大会”とすら言い切る、屋良っちの企画。
屋良さん直々に、ヒロミに出演をオファーしたのだそうですぅ。

ヒロミが、ドラム叩いたり、裏方さんに扮したり、白衣を着て医者に扮したり、ゴキブリの着ぐるみ着たり、スターのキンキラ衣装を着たりして、歌ってるー、踊ってるー、バック転してるー、ロンダードのバック宙してるー、と、驚きの連続!振り幅がハンパないマルチな才能にして、主役はあくまでも屋良Theyってことで、挨拶も謙虚。いやぁ~、惚れるわぁ。大好きだわぁ。意外な一面、いや、二面も三面も見れて、本当に楽しかった。

<その3:とにかくちまちまっと可愛いThey武道>

一生懸命前へ前へと喋るのに、肝心なところでカミカミなのが可愛い山亮。
マイクは下にさげているのが基本姿勢な最年長なマスコット、江田ちゃん。
唯一長身でスレンダー、男前度がぐんぐん増してきたTheyの歌担、翔太。

翔太の生歌がいっぱい聴けて、幸せです。
ユニットに歌担がひとりでもいるだけで、安心出来る。
ダンスはめちゃめちゃカッコイイし、いつの間にあんないい男に。。。

山亮は、SHOCKや王子ソロコンのまんま。
その微妙な空気感とすべり感が、可愛いんだよね。

江田ちゃんは、踊ればキッラキラ。でも、大人しいんだよねー。
今日は江田ちゃんが『ケセナイ』(テゴの)を歌うって言うからビックリ!
でも、結局コントの一端で、歌い出し直ぐに、バッサリ切られちゃったけど。
“僕のケセナイは・・・?”と名残惜しそうに呟く江田ちゃんが超ラブリーだった♪


歌もダンスも寸劇もコントもコスプレも、全部自分たちで企画演出プラス裏方。
この手作り感いっぱいなクリエライブ、間の悪さも段取りの悪さも全部楽しい!

完璧なパフォーマンスはプロだと思うし、息を呑むほど素敵だと思う。
でも、こんな手作り感満載なアットーホームなライブもアリかなって思う。

曲は、屋良さんのソロ曲、MAの曲、舞闘冠の曲など。
Theyコーナーでは、ワイハや大ちゃんのソロ曲など、嵐曲が多かったな。

演舞城とSHOCKで離れ離れだったメンバーたち。
数少ないリハ日程で、よくぞここまで、と思います。

たった二日間、わずか4公演。
もっともっと、表現の機会と、ファンに会える機会を作って欲しいと願います。

屋良さん、Theyのみんな、ヒロミ、お疲れさまでした-!
楽しい時間をありがとう。これからも、キミたちを応援するよ!