乙三.☆アコースティックライブ(2012/9/29)

夕暮れ時の心地よいサウンド。。。

はい、こんばんは。
明日のお月見は絶望的なお天気予報ですよ、算哲さん。
今夜は雲が多いので、朧月夜です。それもまた、風流であります。

さて、STBぶり、3ヶ月半ぶりに、乙三.のライブに行って来ましたー♪
お初な会場、経堂コルティ4F屋上庭園でのアコースティックライブ♪

経堂は、駅も広くきれいになって、経堂コルティも駅目の前の施設で。
急行停車駅だからアクセスも良く、広々した空間がなんとも素敵でした。

演奏終了後の握手会で・・・
“お久しぶりです”って、創作さんが言ってくれたーーーー!
(それって、ちょっとは憶えてくれているって思い込んでもいいんでしょうか?)
“こんにちはー”って、はっしーがにっこりしてくれたーーー!
(それって、ちょっとは憶えてくれているって信じてもいいんでしょうか?)

数ヶ月に1回、無料の屋外ライブとSTBしか行かない私なのに・・・。
うるうるっとしてしまいました。箱ライブに行けなくて、ごめんなさいです。

今日は趣向を変えたアコースティックライブだというので、楽しみにしていました。
会場でも初めての音楽イベント開催ということで、大人しめのサウンドにしたのか。
もっと、しっとりバラード中心に歌うのかと思ったら、決してそういうのではなく。
いつもの雰囲気の選曲なんだけど、ややアコースティックという演奏形態でした。

克弥さんのドラムが、数々のパーカッションの演奏に変わっていたこととか。
幸平くんのギターが、アコースティックギターであったこととか。
創作さんが、ギターだけで、キーボードを弾かなかったこととか。
畑野さんのベースが、やや音量が抑え目だったこととか。

そんなことがちょっと違うだけで、いつものノリノリな楽しいライブでした!

16時からのライブは、ちょうど日も暮れようとしていて、そよ風が肌に優しく。
元々ある屋上庭園のテーブルセット以外にも、ステージ前に椅子があって。
何と、嬉しい、座ってライブを聴けるという、ありがたーいライブでありました。

とにかく、克弥さんのパーカッションの素晴らしさに目を奪われっ放し。
STBでのドラムソロもとっても素敵なんだけど、今日も素敵だったなぁ。
日頃ステージの後ろの方で黙々とリズムを刻む男は、ここぞで本領発揮なのだ。

もちろん、はっしーのトロンボーンの艶っぽい音も好き。
替え歌しながら場を盛り上げる、ライブならではの創作さんの歌も好き。

なんだろうねぇ、音楽を本当に出来る男って、マジカッコイイと思うんだよねー!
乙三.大好きー☆ということで、毎度毎度、宣伝を兼ねて感動を綴っております。

久しぶりに乙友さんにもお会い出来て、嬉しかったです。
またいつ会えるか分からない、そんな関係もいいのです。

あなたに逢えない時間には・・・
本物の音楽に触れ合うことで心を豊かにしていきたい、そう思います。。。