MEN'S VERSION CLUB SEVEN 8th Stage(8/18)

マーチンのプロのお仕事。。。

画像

「MEN'S VERSION CLUB SEVEN 8th Stage」 in シアタークリエ

この横文字タイトルはなんぞや・・・?!
そう、MAの町田慎吾くん出演の外部舞台であります。

事務所担の友人のお勧めだったのと、相方に誘われたので行くことに。
シアタークリエは久しぶり。あのアットホームな空間が好き。
何の予備知識もない中で、気楽に観劇することにしました。

舞台の出演者は男性9名のみ。
ダンスあり歌ありコントあり芝居ありのオムニバス舞台。
それはそれは多彩な内容が、これでもかと次々に繰り出す。
出演者は男性だけ。役柄には女性も出てくるから、女装場面も。
芸達者な役者さん揃いで、エンタメのクオリティがジャニとは格が違う。

「面白かった?」
「これを面白くないって言う人はいないでしょ!」

くだらないコントも間が良く、無茶ぶりのアドリブにも必死に対応し、お客様を楽しませるために体を張っているプロの男たちが、ただただ美しかった。

イケメンさんもいるし、ゴツい体格な面白い人もいる。
町田さんはお顔立ちが優しいから、女性役をすることが多かったけれど(マチコちゃんって言うんだよ)、一瞬先ではキリリとダンシンしていたり、マーチンファンには堪らないお仕事だろうと思う。
外部舞台は迫力が違うので、興味がある方は今からでも当日券でどうぞ。


さて・・・
わたくしごとのくだらない話ではありますが・・・

先日のライブと今日の舞台の間に、趣味の発表会というものがありました。何か…は申しませんけども、ここ1ヶ月、夜の合同練習、朝昼の自主練習、トレーニングや食事制限をしてのボディメイキングで、最終的にウェイトを3キロ、体脂肪もかなり落として、本番に臨みました。私のことをご存知な方は分かると思いますが、生来寡黙でポーカーフェイスなキャラクターなので、ステージでお客様に何かを伝えなければならないことに関して、沢山悩みました。真面目に真剣にちゃんとやれていても、“顔が怖い”“表情が硬い”と怒られ続け、わざと笑うことが嫌で嫌で仕方なくて、どうして笑顔でいなくちゃいけないんだろうと、逆に泣きそうになる日もありました。でも、そんな日々の中、楽しそうに可愛い笑顔で踊るJr.くんに癒されたり、Vさんのパフォーマンスに感動しながら、観る立場と魅せる立場のギャップを痛いほど意識して、そして、楽しませることと自分が楽しいことは違うのだということを知りました。覚えが悪い人、テキトーな人、笑ってごまかす人等、自分ではない人間と心をひとつに目的に向かう難しさも痛感しながら、でも最終的には、同じ方向に向かえる喜びも味わいました。楽しそうに見えるパフォーマンスも、沢山の努力の賜物であろうと思うと、どんな公演も一瞬一瞬が貴重な体験です。そんな思いを胸に、これからは会いに行こうと思います。

いくつになっても、日々是勉強です。。。(笑)