キミへのラブソング~10年先も~

ただ聴きたかっただけなのに。。。

最近、とてもお気に入りの曲はコレ。
1月25日発売シングル『キミへのラブソング~10年先も~』。

ちょっと前に朝の情報番組で特集をやっていて、気になってはいたけれど。
VのLIVEDVD版セクバニPVを捕獲した時に、一緒にこの曲のPVが録れた。

フルコーラスで聴いた時、自分の理想の音楽の全てが詰まっていると思った。
心に残る印象的な美しいメロディ、ストーリー性のある心のこもったリリック。
曇りのないストレートな声質、ためらいがちに余韻を引っ張る深みのある歌唱。
十分な長さのあるAメロとサビへ繋がるBメロ、盛り上がりのある印象的なサビ。
そして、滅多にここまで十分な長さを取ることのない、最高潮に達するCメロ。

歌っているのは、松下優也さんという、とてもきれいなお顔だちの男性。
俳優さんもやっているようだけど、ミュージシャン先行の人のようだった。
藤木さんみたいに、俳優さんで名を馳せたとしたら、後々難しいけれど。

久しぶりに、ジャニ以外のCDを買いたいと思った。。。

○マゾンさんで調べてみると・・・
初回限定盤がA、B、C、D、Eとあり、更にブックレット付きの限定なんちゃら。
内容の違うDVD付きや、収録されたカップリング曲が違うバージョンだったり。

別に映像とか要らないし、でも他の曲も聴いてみたい。
出来るだけカップリング曲が多めな、Vさんの通常盤みたいのが欲しいのに。
あまりにもいっぱいあり過ぎて、初心者には、どれを買っていいか分からない。

つまり・・・ファンはこぞって全形態買うかも知れないし、その購買力をあてにしているのだろうが、例えば、ただこの曲がいいなと思ってCDを買おうと思う人にとっては、今の多種リリースは混乱を来たすものなんだなぁと、一歩外の世界に出てみると、そんな風に思うのだった。

で、どうしたかと言うと・・・着うたフルをダウンロードした(笑)

携帯でも自分の超高性能のヘッドフォンが使えるように、携帯電話から音楽を聴くコードは、アダプターだけのにしているのだ。でも、リピート出来ないのと、音楽を聴くことで充電を使いたくないと言うのがあって、移動中に聴くことはないのだけれど。今は、終わる度にポチポチ押しながら、ヘビロテしています。

アレだけ十分な長さを取れば当たり前のこと・・・曲の長さは5分越え。
5分を越えるとオンエアーにも二倍のコストがかかるので、冒険は冒険。
でも、私の理想の曲形態を実現するには、5分以内に納めるのは困難。

本来曲を作る人なのかは存じないけれど、この曲に関してはソングライティングは別の方のようだった。たとえ作らない人だったとしても、歌の表現力だけで十分素敵なミュージシャンだと思う、CDを聴く限りはね。

携帯は音楽を聴くのには不便だけれど、その場で直ぐに聴きながら歌詞が見れるので、その点では便利だなぁと改めて思う。ダウンロードもワンコイン以内だし。CD離れも頷ける、と言うか、この多形態リリースは、何だか更にファン以外の一般人のCD購買意欲を無くさせているようにも思う。

いや、買うけどね。だって、今週リリースだから、日曜日までに買えばカウントされるでしょ。デイリーランキングの5位まで行った日もあるみたいだから、僅かながら売り上げに貢献しようと思います。

よく調べたら、タイトル曲とそのカラオケだけのワンコインCDがあるみたい!
これは、この曲がいいって思って買う人には嬉しいかも。私は、どうせなら、他の曲も聴いてみたいと思うけど。これだけ楽曲が秀作ならば、自信を持ってオマケなしの安価リリースもおそらく当たるだろう。ホワクリにも期間限定生産のワンコインCDがあったけど、楽曲に自信があればこそ、なんだよね、この売り方が出来るのは!

さて・・・どれを買ったらいいのやら。。。