KAZUMASA ODA TOUR 2011(9/28)

あなたの思いを感じたくて。。。

行ってきました。

KAZUMASA ODA TOUR 2011
どーも どーも ~その日が来るまで~ in 東京ドーム

小田和正さんのライブです。

画像


想像していたより、可愛らしい方でした。
トークもユルいんだけど、面白かったな。

友達が熱心なファンなので、オススメされたこともあるけれど、聴きに行った一番の理由はやはり、三宅さんがライブの感想をにこ健゜に書いてくれたから。
時も会場も違うけど、同じモノを観て聴いて感じてみたかった。

観客の年齢層はお高めだけど、老若男女いて、男性客も多い。
開演前にスクリーンに観客をピンポイントで映すのですが、自分が映ったと分かると、皆さん手を振るんですよ。
それが何だか、とってもほんわかしていいなぁと思いました。

ステージは基本360度で、六角形の外周花道と、センターステージから各角の小ステージに花道が伸びてます。
いろいろな所で歌ってくれて、花道走ったりアリーナ歩いたり活動的で、アリーナを歌いながら自転車に乗ったりして、元気いっぱいな小田さんが可愛い。
サブタイトルの“その日が来るまで”というのは、復興に向けて頑張ろうの意味で、ライブの初めと終わりには、そういう挨拶をされていました。

311の後ジャニは、予定していた公演をやるのかやらないのか、判断というか、発表が非常に遅かった。
でも、小田さんは一旦、直ぐにツアー中止を発表されていたんですよ。
その後、やっぱり歌で元気を届けたいという思いで、延期という形でツアーを遅れて始められました。
それから約半年、全国をツアーで回っていらっしゃいます。
小田さんの作る曲は、歌詞も優しいですけど、今回は特に、いろいろな思いを秘めながら歌われているのだろうと思います。

オフコース時代の歌も、たくさん歌ってくれました。
その時代の曲が始まると、会場のボルテージが上がる上がる!
昔からのファンなのか、昔なら知っているファンなのか。
観客の反応を見るのも、ちょっと面白かったりします。

歌はちょっと語り尽くせないくらい、素晴らしいですよ。
言葉にすると陳腐になりそうだから、敢えて語りません。


東京ドーム、3階席の後ろまで観客はびっしり。
その中で、約3時間、お一人で歌い続けるライブ。
歌声が隅々まで行き届き、ドームが狭く感じる位。

優しい歌声とお人柄に、癒された時間でした。。。



レコーズとか、ステータスとか・・・
最近の音楽業界の実情を、本物の音楽に触れる度に嘆かわしく思う。