滝沢歌舞伎 2011☆こどもの日特別公演(5/4)・前編

炎の中にあなたの面影を求めて。。。

画像


日生劇場で上演中の2011年の滝沢歌舞伎。
普通の公演は、イノッチの舞台と被って行けず。
今年は、貴重なこどもの日特別公演のみの観劇となった。

元々和モノ舞台はあまり好まないので、二部がショータイムなのは有難い。
時間があっという間に過ぎるほど、二部は本当に楽しかったなぁ~。

画像


入口入ると同時に手渡される可愛い“こいのぼり”。
うろこがハート型で、“LOVE”って書いてあります。
目玉のまわりは、ちょっと歌舞伎の隈取のようでもあり。
このこいのぼりは、大人にもくれます。素敵なお土産です。

グッズは、フォトがないので、可愛く畳まれた手ぬぐいを買ってみた。
桜の花びらは、滝沢連合総長の後に続く雄大が撒いてくれた花びら。
通路から数席目にいたから、スカートの上は花びらだらけになりました。


1階の通路は、次から次へとJr.さんたちが通るから、ドキドキしっ放し。
でも、お子様目当てだから、子供連れじゃないとあまり見てくれないけど。
それでも、大人だけなのにこの場に呼んでもらえたことだけでも感謝感謝。
こっそりJr.さんたちを拝見するには、十分素敵過ぎるお席でありました。

終演後、いやに外へ出るのに待たされると思いきや、何と!お見送り!!!

早めに出た相方ちゃんの時は、滝様がいて屋良くんがいなかったらしいけど。
終わりの方で出た私の時は、滝様はいなくて、屋良くんがお手振りしてくれた!
募金の所にはスノーマン(ほとんど分からず)、屋良くんの後にキスマイさん。
千ちゃんが良く手を振ってくれていたので、思わずこっちが後から振ったくらい。
せっかくだから、全員お見送りしてくれたら、もっとテンションあがるのにな・・・。


でも、観ている時には、思ってた。。。

出番が多いとか少ないとか、手前にいるとか奥にいるとか、そんなの関係ない。
あなたがステージに立っていて、私がそれを観ている、それだけで幸せなのだと。

あなたの最後のステージだった、去年の歌舞伎。
1部も昨年とちょっと違っていたから、思い出したのは炎を揺らす時だけだった。
何が楽しいのかニコニコ笑いながら、炎の向こうでただその役を淡々と演じてた。

今はね、今頑張っている仲間を応援しようっていう気持ちに、少しなれてる。
乗り越えなくていい。思い出を抱えたまま、仲間と共に過ごそう、そう思ってる。

だから、また、夢の中でいいから逢いに来て。。。

ラストナンバーは・・・With Love...