インターバルに込める思い。。。

“書かない”という表現。。。

ブログ更新の、インターバルが長いこの頃です。
おかげで、アクセス数の落ち込みの極端なこと。

あは。こんなもんかな、うん。。。

楽しい話題、求めてますか?
優しい言葉、求めてますか?


言葉はいつも、天から降ってくるんですけども。
地上がゆらゆらしているから、降り難いらしい。

最近の余震は、睡眠中に起こります。
目覚めますが、また直ぐに眠ります。

そして無事に朝を迎え、また一日が始まります。


例えば、文章における行間の存在。
一行空けるのと二行空けるのは、意味が違う。

それと同じように・・・
私が“休む”と宣言しない時のインターバルには意味がある。


人々の間に存在する温度差に、敏感に反応する感性。
書いていい事と、書くべきではない事の選択と模索。

つまり、そこには、
“書かない”という表現が存在する。

それを、感じ取って頂けるだろうか。。。