舞台『Believer/ビリーバー』

観る者の想像力を絶対的に信頼する、それこそビリーバー。。。

観て頂けましたでしょうか?
昨夜のNHK“劇場への招待”で放送された舞台『ビリーバー』。

放送時間前に、ちょっぴりキャストのコメントもありましたね。
内容は難しめでしたけど、笑いあり涙ありの、良い舞台でした。
うん。風間くんが出演する舞台は、いつも期待を裏切らないよ。


V担は、内容の深い良質な舞台を観る機会が多々あるが、普通はあまり触れる機会がないだろう。
特に、スターありき、アドリブありきな内部舞台を中心に観ている方が、この世界には多いのではないかと思う。
何と言っても、舞台はチケ代が高いし、じっと座って鑑賞することは、いわゆる“ヤなこと忘れてはしゃごうぜ!”的なストレス発散方法ではない。
好きな人を見に行くんだという発想では、あまりに勿体無いような芸術でありつつ、やはりスターの存在に心惹かれるのは避けられない。
そんなことで、演目に興味は持っても劇場に足が向くほどではない、で終わってしまうことがしばしば。
少しだけその世界から離れてみると、ちょっと人生損をしているようにも思える。

こうして、舞台を映像として放送してくれること、特にジャニーズ関連ではまず有り得ないことを実現してくれることの有難さをしみじみ感じながら、“信じること”について共に考えた夜であった。


さて、内容の奥深い翻訳モノ、それぞれの心にどのように映っただろうか。。。

まず、川平さん(カビラさんと読むらしい。カピパラさんみたいで、何だか可愛い)が1人何役も演じる、その芸達者ぶりが圧巻だった。
あれから、演出の鈴木勝秀さんと川平さんの、雑誌か何かの対談記事をネットで読んだ。
原作では、沢山の登場人物があるらしいが、今回、主人公家族以外の登場人物のほとんどを川平さんが演じている。
ミュージカル舞台を中心に活躍する川平さんには、久しぶりのストレートプレイらしいが、実に達者である。
比較的こじんまりとした劇場で、たった4人だけのキャストで作品化出来る、舞台ってマジックだなと思う。

どんなにシリアスな話でも、舞台には大抵“お笑い担当”な役者がいる。
主演の勝村さんも風間くんも、この“お笑い担当”に成り得る達者な俳優でもある。
その中で、あえて川平さんにそれを一気に引き受けてもらう潔さ、そんなところが実に心地良い。

好きなのは、舞台セットと場面転換。
スクエアブロックをいろいろなパターンに組み換え、舞台セットにする。
椅子とテーブル、黒板、時にはそれがチェロという楽器になる。
ブロックを斜めに積んで、それに向かって弓を引き音が流れる。
もうそれだけで、チェロを演奏している映像になるから、不思議だ。
舞台セットをシンプルにすることで、後は観客の想像力に委ねると演出家は言う。

それは・・・ある意味、スゴイ。そして、非常に面白い。

読書の面白さ、それは、活字を脳内で瞬時に映像化出来る醍醐味である。
ならば、視覚的刺激である舞台芸術においても、各々に映像化させる余力を残しておくのも悪くない。
と言うか、個人的にそういう鑑賞方法は、実に興味深くて面白くて好みである。



風間くんは、サンタクロースを信じなくなった、もうすぐ10歳になる少年をピュアに演じる。
大人が少年を演じる、勿論彼の演技の力も大きいが、それも観客の想像力の成せる技だと言う。
素晴らしい作品に、巧みな演出に出会うと、役者というのはこうも輝くものなのかと思う。

子供には、サンタクロースをいつまでも信じていて欲しい。
でも、大人がサンタクロースを信じていることは、狂気とされる。
信仰は正当化されても、個人的な思い込みは正当化されない。
矛盾がありつつも、だからこそ人間の秩序が保たれているとも言える。

無神論者の多い日本よりも、やはり宗教が生活に根付く欧米の方が、この舞台が人々に与えるモノは大きいように思う。
だが、そういう中立な立場である者だからこそ、多様に考えられる柔軟な思考は持っているから、テーマの意味は広がりやすい。
内容については、語り過ぎると陳腐になるので、あえて深くは突っ込まないことにしよう。

この作品の本当のタイトル。
『Believer or Tiny Violation of Symmetry』
それから、想像力を膨らませてみるのも悪くない。。。



今回、テレビという媒体で舞台を鑑賞してみて、実に芸術性を高めた編集だなと思った。
注目すべき細かい表情や仕草、そういうところが巧みに表現されていると思った。
舞台は別々の場所で各々が演技をするので、一ヶ所を映す映像で鑑賞するのは難しいと思われる。
だが、舞台で遠目に観るのでは、どうしても観て捉えきれない感情の機微もある。
そういう点で、時には引きで、時にはアップで、上手く編集されているなと思った。
派手めなメイクとオーバーな台詞で魅せる舞台なら、映像での鑑賞は違和感バリバリなのだが、こういうナチュラルなストレートプレイは、こんな鑑賞もアリだなと思った。

クライマックスは些か唐突ではあったが、彼がサンタ帽を被るところが好きだった。

そして彼は、自らが信じ続けたサンタクロースとなる。。。