みんなクリエに来てクリエ!(5/18)

瞳に涙を湛えて、あなたを見上げる。。。

シアタークリエで公演中のジャニーズJr.のコンサート。
A.B.C-Zプロデュース
「みんなクリエに来てクリエ!」

本日5月18日の昼公演に、行ってまいりました~!
Hey!Say!JUMPの薮宏太くんが見に来てまして、MCとアンコールでステージに上がりました。
ダメージジーンズをはいた長身のスタイルは、とても大人っぽかったです。
とっつーとよく電話する、仲良しらしいですよ、薮くん。
ま、メモは一切していないので、れぽはしませんけども。



数年前の大冒険以来、一度も使っていなかったJr.情報局の名義。
いい加減、更新するのを止めようかと思っていたけど、何となく継続していて。
久々に行こうかと思ったのは、A.B.C-Z初の単独コン。
相方への協力もあって、申し込んでみた訳ですけども。
蓋を開けてみたら、稀にみる激戦で、私の参戦は今日が最初で最後。
あとは、私の分まで相方が少しでも沢山入れることを祈りつつ・・・。


今は「Part1」というのがやっていて、昼公演はFiVeと共演するロックコーナー、夜公演はミスノをバックにミュージカルコーナーをやる。
ミュージカルコーナーも見たかったけれど、実はFiVeも嫌いじゃない。
基本的に楽器を演奏するバンドを見ているのは楽しいし、FiVeは昔からコール&レスポンスが多くて、“あぁ、ライブに来ているなぁ”って実感する。
翼コンでFiVeの歌の経験もあるので、そういった懐かしさもあった。


彼らは、オリジナル曲も歌うけど、所々先輩の歌も歌う。
V6の曲は、多分一番多かったんじゃないかな。
何を歌ったと思う?
お決まりのアレですよ~。

まずは、ロックコーナーで、Jr.が憧れる神曲「Shelter」。
往年のオリジナルな振り付けで、はっしー以外の4人が歌い踊る。
マイク片手に踊るのが残念だけど、神曲はやっぱり外せない?

次は、中盤で塚ちゃん&五関さまによる、カミ曲「Wild Style」。
カミ曲を歌うことは聞いていて、昔の曲だろうなとは思っていた。
最近カミちゃんはJr.をバックに付けないから、Jr.にとって馴染みのあるのは、昔の曲だろうと。
この曲は“ワイルド”な人が歌うと、もっとしっくりいくんだけどね。

最後は、後半に歌った、Jr.に歌い継がれ愛され続ける往年の名曲「Can do! Can go!」。
懐かしいオリジナルな振り付けを、はっしー以外の4人が踊る。

あらしもにゅうすも歌わないのに、V曲を3曲も歌ってくれた。
何だかそんなことが、たまらなく嬉しかった。



いやはや・・・近かった!
近過ぎて、正視出来ないくらいだった(笑)
客席通路のお立ち台に、メンバーが来るんだけど、1メートル位の距離だったから、見るに見れない(苦笑)
さすがに劇場だから、席移動のパニックもないしね。
いいよね~。こういう距離感。羨ましいっす!
これがJr.ファンの醍醐味なんだよなぁ~。



最後の曲。
きっとファンには、大切な曲なんだと思う。
お立ち台で歌うメンバーを、涙を浮かべた潤んだ瞳でメンバーを見上げている、そんなファンを見て泣けちゃった。

“いつか、単独コンサートを”と、長い間待っていたんだろうね。
夢が叶う瞬間に立ち会う感動って、ひとにも伝わるんだよね。


うん、楽しかった!
ダンスが上手いしね、彼らは。
FiVeのライブも、なかなか楽しかったです。

また、いつか。。。
機会があれば行きたいです。