呟かない美学。。。

言葉はよく咀嚼するべし。。。

巷で噂の“さくらガール”、まだ聴けてないです。

我が家は家屋の性質上、ラジオというものが何も聴けないのです。
そして、どこかに落ちている音源を拾ってくるという技もやりません。
なので、NEWSの新曲を聴けるのがいつになるのか見当もつきません。

出来ることなら、初めての時は、美しい音源でフルで聴きたいというのが夢です。
NEWSはCDにPVのDVDが付いていないから、CSでフルオンエアーしてくれるといいな。



最近、ちょっと体調があまりよくありません。
ジャニごとではなくて、いろいろと緊張状態が続いているので、しんどいのです。

でも、毎日遊びに来てくださる皆さん、有難うございます。
気持玉もポチポチと有難うございます。とても嬉しく思ってます。
最近、記事を書かない日でも、アクセス数が落ちないのが不思議です。
何だか今年に入って知らぬ間に、新しい顧客?!を開拓したのでしょうか。
そんな気がしたりしています。もちろん、昔からの常連さんもありがとう!


宣言は結局しませんでしたが、今年に入って何となく、ブログを書く姿勢を変えました。

今の時代、いち早い情報提供は、ブログでは追いつかないということです。
それまでも、書き込み式の瓦版的情報網はありましたが、それ以上に発達したツールが台頭したからです。

そう・・・“つぶやき”という名のコミュニケーションツール。

あれが、コミュニケーションの道具に成り得るかは、若干疑問が残りますが。
若者の文化なのでしょうか。こぞって人は、つぶやきたがります。


私は・・・やりません。

瞬間的に発する言葉は、熟考していない分、色々な意味で危険が伴う気がするのです。
“呟く”というのは、大っぴらに言葉に出来ないことを、こっそり吐き出すというニュアンスがあります。
それを、公然と世間に公表する意味が、自分には理解出来ないと言いましょうか。

日常生活の中で、言いたい事を文字制限のある中でちょこちょこ小出しにしていれば、人々のストレスも溜まらずに、心の負担を軽くしているというならば、それはそれで意味がなくもないですが。

これは、性格的なこともあるでしょうけども・・・。

言葉はよく考えてから、使うべきだと思うのです。
話す言葉もですし、メールの言葉もですし、ブログの言葉もです。

誰もが当たり前のように知り得る情報を羅列すること、そしてその速さを競う意味はありません。
他人とは違った視点での物の見方を、グループを超えた新たな視点を見出し、読んで下さる皆様に、ジャニという狭い世界の中で、精一杯見聞と視野を広げて頂きたく、また、言葉によって無限なる想像力を働かせて頂きたく思い、言葉を選びつつ綴っているのでございます。

瞬間的に呟くことは簡単です。いつでもどこでも、誰にでも出来ます。
でも、たまには、ゆっくり咀嚼された言葉を、自分なりに噛み締めるのも悪くないのではないですか?

と言うことで・・・
私は、世間様に情報の遅れをとっても、何の支障もなく生きておりますです、ハイ。



あ・・・今日、もう一通の幸せの青い封筒が届きました♪

何と!V6メンバーのメッセージ入りーーー!!!!!

いつも、ツアーが決まると、お友達に聞かれるんです、“どこへ行くの?”って。
昔、遠征を自分に決して許さなかった時代には、その言葉がいつもとても辛かった。
平然とした態度で、そうしたいが如く“私は代々木だけだよ~”って言うのがね。

今は、少しだけ、自分が本当はどうしたいのかが、分かってきた気がします。
そして今度は、心のバランスを保ちながら、愛する人に会える時を待ちたいと思います。

まずは・・・郵便局へGO!