The 10th Anniversary Endless SHOCK

記憶に残る音楽。。。

いや、まだ、行ってません。
もうすぐだけどね。まだあと少し。

相方ちゃんが、グッズを買って来てくれるというので頼みました。
パンフレットとオルゴールだけ。

画像


毎年、パンフレットは文章全然読まないし、グラビアもチラ見しかしないのに、何故か買っちゃう。
中のグラビアは、昨年の方が何だか芸術的な感じでした。今年のは普通です。

SHOCK10周年ということで、歴代のSHOCKの記事も載ってました。
私は、2005年、ちょうどEndlessになった年から、SHOCKへ行き始めました。

パンフレットにもれなく付いてくるバッグは、紙製です。
オルゴールと同じで、真っ黒いバッグの真ん中に、真っ赤な文字が入ってます。


3000円もするオルゴールを、何故にファンでもない私が買うのか。

それは、奏でる音楽が、オルゴールの定番である“星に願いを”でもなければ“ムーン・リバー”でもなく、「CONTINUE」だからです。ただ、それだけです。

ちょっとサイズは大きめですけど、中にちょっとだけ、ジュエリーが入るスペースもあります。


オルゴールを初めて開けるときのドキドキ感って、ないですか?
バレリーナが飛び出す訳じゃないですが・・・ちょっとドキドキ。

で・・・音が・・・鳴るんです。

パカッと蓋を開けた瞬間、音楽が鳴り出すのです!

当たり前?・・・いやいや、フツー、ゼンマイは巻いた状態では売らないでしょう。
ゼンマイが伸びてしまうと良くないから、鳴らし終えた状態で置いておくでしょう。

それが普通なのに、開けた瞬間、音楽が鳴り出すのですよ~♪

「CONTINUE」は言わずと知れた、フィナーレの曲です。
個人的には、オープニングのフライングの曲が一番好きなんですけどね。

SHOCKと言えば、CONTINUEなのでしょうか。

私はむしろ、SHOCKのミュージカルとしての楽曲に惚れているところもあるのでね。
こういう記念の品は、欲しいかなって思います。ちょっとデザインが渋めだけどね。


さて、帝劇枠は諦めた私ですが、FC枠で観劇に行ってまいります。
SHOCKは早めに観劇するに限ると、個人的には思っているので。
アドリブがエスカレートしないうちに、原形に近い形で観たいから。
でも、まだ、もうすぐ。あと、もう少し。。。