ザ・少年倶楽部プレミアム(12/20)~平家派~

久しぶりに魂を揺さぶる歌声に出逢う。。。

少クラプレミアムならではの、平家派ゲスト。
今は無きユニットが、懐かしい思い出話と共に唯一結成出来る場所。

クリスマスなんちゃらをやることは知っていたけれど、知らなかったよ。
あんな面白い逸話や、クイズ形式の昔話があるなんて。

そして、何より、平家派で歌を歌うなんて。。。


光GENJIさんの曲だとか。
ラストのラストで、コーラスアレンジされた『Graduation』を平家派で歌う。

主旋律のV6の坂本くんと、TOKIOの山口くん。
都合よく、坂本くんの歌声しか聴き取らない私の耳。

体の芯から震え、鳥肌が立ち、息が出来ないほど胸が苦しくなる。
私にとっては、こんなに心を奪われる歌声には滅多に出会えない。

ふと、思い出した。。。

今まで、何度、坂本くんの舞台で涙したことだろう。
演技とか、物語とか、そういうのじゃなくて、歌で感動して涙する。

そういうことが、彼の舞台では度々ある。
彼の歌を、ジャニーズNO.1だと言い切れる理由はそこにある。

担当さんが頑張っているとか、久しぶりに会えたとか、そういう類の感動じゃなくて。
ただただ、寸分の狂いも無い安定した歌唱力と、胸を打つほどの表現力に感動して。

やっぱ、すごいなー。坂本くん。。。


思うんだ。

私は健担だし、カミ担だ。
ビジュアルでもキャラでも、カミちゃんたちが大好き。
でも、坂本くんがV6にいなければ、V曲が坂本くんを歌担として全面的に信頼しているようなサウンドでなければ、V6の曲を、こうも好きにはならなかっただろうって。

やっぱ、好きだーーー。坂本くん。。。

などと、プレミアムが終わってから、ひたすらこの曲をリピしながら書いてます。
トークのこととかいろいろ書きたいけど、もうすぐ仁の最終回だからさ、このへんで。


でもね、TOKIOのメンバーは皆、歌が上手いって聞いてます。
イノッチだって長野くんだって、坂本くんとアンプラグドライブやっちゃうぐらい上手い。

平家派って・・・今、ジャニーズの中で最高のユニットだなと。


若手のグループにも、それぞれ自慢の歌担はいると思うけど、まだまだ表現力が乏しい。
これからもっともっと、いい歳のとり方をして、平家派みたいな素晴らしい歌い手になって欲しい。



彼らはまだまだ、Graduationはしないぞっと。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス