テゴマスのうた♪感想(1)

あなたのラブソングが、こんなに苦しいものだなんて。。。

広島カミコンに行く前に、感想だけはあげておきます。
なんだ、随分短い休みじゃないかと思われるだろうね。
長さではなくて、ひとつのケジメというか何と言うか。

いつもはフラゲして、楽曲やアレンジ重視で、直感で書いてる。
でも今回は、書くなら、しっかり受けとめてから書きたかった。
マッスーは歌詞重視な人だから、歌詞も一緒にちゃんと聴いて。


テゴマスのアルバムを聴いて、つくづく思った。
大好きな人の歌声がそこにあるなら、何でも良いんだって。
いつも、ぐだぐだと言葉を並べるところに、究極の愛は無いなって。

ひいき目じゃなく・・・
楽曲・アレンジ・歌唱等、総合的にも非常にクオリティの高いアルバムだと思った。
ジャニでこれだけのものを出せるのは、堂本剛さんぐらいじゃないかなと個人的には思う。
あくまで、楽曲や歌い方やハーモニーが、好みとか好みじゃないとかは、別問題としてね。

テゴマスは、自分たちであまり楽曲を作らない。
自分で作ってアレンジして歌うのも、誰にでも出来ることではない素晴らしい才能だと思う。
前にも書いた事あるけど、どんな曲でも好きになって歌い込めるって、ある意味才能だと思う。
他人が作った曲を解釈して、歌い込んで、表現するってそれなりに大変なことだと思うから。
良いなと思う曲もあるだろうし、ん?って思う曲もあるかも知れないじゃない。
彼らはただ歌うだけ、踊るだけじゃなくて、本当にハートで歌っているからね。

二人とも、可愛くとかハードにとか色っぽくとか切なくとか、いろいろな歌い方が出来る人たち。
だから、いろいろな曲調に合わせて、それぞれいろいろな歌声を聴かせてくれて、すごく贅沢。

二人で作った『チキンボーヤ』・・・
ファンなら確実に分かるだろうけど、明らかに歌い方が違う。
それだけ、自分たちの想いがこもると、これだけのものになる。
あぁ、末恐ろしいね。。。

全体的には、深く細部の音にまでこだわって作り込んでいながら、決して二人の“うた”を邪魔しないように、ものすごくシンプルに仕上げてある。
シンプルで歌を前面に押し出していながら、バックを重厚に固めてあるって言うか。
ジャニには他にもデュオがいるけど、これだけ歌を歌わせている感じはしない。

テゴマスの1stアルバム。。。
いいものを作ってもらったなぁって、幸せに思った。

そして・・・
いかにいつもの自分が、浅はかであるかを思い知った。
最近のシングルのカップリング曲の、対象年齢が低いとぼやいていたけれど。
そう思っていたうちが、心穏やかで幸せだったんだってことをね。。。

あなたが愛を囁くたびに、この胸がチクリと痛む。。。


『テゴマスのうた』/テゴマス(手越祐也・増田貴久)

1.ミソスープ
2.キッス~帰り道のラブソング~


シングル曲の感想は、割愛します。

3.たったひとつだけ

この曲は・・・きっとテゴりんが好きなんじゃないかな。
どんな歌い方にしようか結構考えたみたいだし、弾けた歌い方からも思いが感じられる。
ハモリを聴かせるというよりも、それぞれのソロを聴かせる、そんなナンバー。
テゴマスにも、そんなナンバーがあってもいいよね。
マッスーは、こんな元気な歌い方も似合ってる。

実はテゴりんパートの「今日もムリして頑張ったの?」の歌い方が好き♪
曲の構成は、ABサビCサビのオーソドックスなパターン。
ちょっとこもった感じに声を加工してあるアウトロと、効果音的な音がイカシテル。

忙しくてあんまり会えないけど、心で繋がっている、心は君のそばにいるよ的なラブソング。
身近にありそうな、そんなテーマがたくさんの人の心をくすぐるかもね。

4.夏への扉

“チキンボーヤ”は別格として、このアルバムで一番好きなのはこの曲!
イントロが“常夏VIBRATION”を思い出させる、まさに夏を感じさせるナンバー!
歌詞は高校野球でしょうか?高校3年、球児にとっての“最後の夏”ですか。
彼女は受験勉強中?ちょっと若い設定ですけど、それはこの際気にしない。

歌詞が旋律に乗っていてスーッと耳に入り、メロディアスでありながら、軽快なアレンジが心地良い。
何が“夏”を感じさせるかと言えば、パーカッションやビブラフォン、そして独特なギターの音色。
私は、こういうアレンジが大好きなんだ。
アレンジが爽やかすぎて、スポーツの暑苦しさを感じないね。
好きなメロディーは「ものを ひとつ 風の中」のところ。
こういうメジャーなのかマイナーなのか、微妙な感覚が好きなんです。
コーラスアレンジも、テゴマスの歌を際立たせてくれていていいね。

二人とも、長く旋律を伸ばすときも、とても素敵な声を出すんだけど、こうやってブツブツと旋律を切るときにも、それなりに可愛らしく歌えるところがスゴイ。

この曲は、二人の相性の良いユニゾンを聴かせる曲だと思う。
このテンポと歌ののんびり感は、マッスーにピッタリだね!

5.What's going on?

この曲も結構好きだったりする。
特にイントロ。特にマッスーの英語!(笑)
パンプキンもそうだけど、低音でちょこっと英語のフレーズを囁くのがたまらない。
(長く英語で歌うのは、ちょっと微妙だけど・・・)

あぁ、あなたは、こんな時でもおなかが空くのね。
もう、食いしん坊さんなんだからぁ~。


これは、「たったひとつだけ」と一緒で、若い社会人のカップルのお話。
前者は支え合いながら頑張り、後者はすれ違いで別れていく。
こういう歌を聴くと“若いなぁ~”と思う。
トニ兄さんの「SUNDAY,SUNNYDAY」とかって、仕事でデートがキャンセルされても、しょうがないなぁと、文句を言いつつ認め合い、労わり合っている。
若いと、“あたしと仕事とどっちが大事なの?”的なパワーがあるじゃないですか。
何となく、若いからこういう歌が歌えるんだなぁと、それはそれで微笑ましいです。

“何が起きているの?”的な慌てぶりが可愛い♪

6.くしゃみ

会いたいのにどうして?君はここにいない。。。

アコギだけで歌う、テゴマス色の色濃い究極に切ないバラード。
これ、KinKiさんで耳の肥えているRainさんに、ぜひ聴かせたい。
まだまだ、ベテランの先輩には敵わないけど、頑張ってるもの。
レコーディングスタッフから切ないため息が漏れるのも、うなずける。

本当は、発売直前に友達がこの曲のラジオ音源を送ってくれたんだけど、わざと聴かなかった。
これは、もっと、澄んだ音源でじっくり聴きたいと思ったから。ごめんね。

この曲は、ほとんどがサビで、それ以外はオマケな導入と展開みたいな感じで、常識破りな構成。
でも、二人の歌唱力抜群の歌い手によって料理されれば、つまりは素材はなんでもいいのだと痛感する。

マッスーは、こういう切ない歌い方をとても得意とするけれど、意外とテゴりんもいいなと思った。
“神様に抗議しよう~”からのテゴりんパートは、なかなか聴かせてくれます。

テゴりんの歌唱力は、昔から認めているけどさ。
何だかどうもパワーを抑えきれないところが、若いなぁと思ったりしたもの。
甘く控えめなマッスーの優しい歌声と融合して、ユニゾンでもハモリでも、ちょうどいい感じになっていた。
それが、今回は一人でも、随分歌い込んでいるなぁと、本気で思いました。

マッスーは、ビブラートが利かないのに、これだけの歌が歌えること自体スゴイ。
ラブソングを、切ないラブバラードを歌われると、胸が苦しくて仕方ない自分に泣けてくる。

もう、参った。。。


つ・づ・く。。。


PCから→テゴマスのうた【初回生産限定盤】 テゴマスのうた【通常盤】
携帯から→テゴマスのうた【初回生産限定盤】 テゴマスのうた【通常盤】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス