見えないあなたに恋をする。。。

最近、立場と見方が変わって思うこと。。。

公人も私人も、気軽にブログを書く時代。
どこまで自分を、そこに出してよいものだろうか。。。

ブログとは、私事、私的見解を書く日記!
そう開き直って言いたい放題するのは、個人の勝手です。
(内容によっては、品格を疑うこともあるけれど)

私は、開設当初から書く内容や言葉遣いにものすごく気を遣ってた。

世の中に公開しているブログは、私的な日記ではなく、公的な発言になると思うから。
最近は随分上から目線でも書くけど、それでもそれなりにファン心理には気を遣っているつもり。


でも最近、それだけじゃダメなんだなぁって思うことがある。

いつも訪れるブログがいくつかあって・・・
そこのブロガーのテンションの上がり下がりに、ものすごく影響される自分がいる訳です。

つまり、ブロガーのテンションが下がれば、自分も元気がなくなる。
ブロガーのテンションが上がれば、自分も楽しい気分になるってこと。
お会いしてお友達になれば尚更だけど、そうじゃないただのイチ読者の立場でもそう。
自分がそういう読者の立場になってみて初めて、そういう状況に陥ることに気付いた。

そうなると、自分のブログはどうなんだろうと、ふと省みるわけです。

以前は実は、他に私事を書くSNSを持っていて、そっちに個人的なことは吐き出してました。
そして、ここはあくまで、ジャニごとを面白楽しく表現する場に徹していたような気がします。
昔は今より私事がゴタゴタしていて、ブログにそういう私的なことを持ち込みたくなかった。
最近はもう、このブログ1本に絞っているから、そこそこ個人的なことも書いてしまっていて。

ある時、怒ったこととか悲しいこととかがあって、テンションを下げている自分がいる。
それをブログで表現するのは、ある意味心の吐け口になるから、その時の自分には必要なことだったと思う。
でもきっと、いつも読んで下さる方には心配もかけただろうし、早く元気になってまた書いてくれないかと、一日に何度も訪れてくれたかも知れない。

自分がそういう読者の立場に立ってみて、なんだか、目からウロコ。。。

何やっているんだろう、じぶん。。。
ここは、癒しのブログ、元気をあげるブログじゃなかったっけ?・・・


さりとて、創作者に徹して、自分を偽って書いていても、それはそれでどうなの?と思うし。
これでいいのだろうかと、反省でも疑問でもなく、ふと思ったりする訳です。


“言の葉”のチカラはすごいです。
見えないブログの向こうのひとに、恋をするんです。
ビジュアルを持たない、一種のアイドル的な存在になるんです。

だから、時には、怒りを抑えることも、悲しみを堪えることも、無理に笑顔を作ることも必要かなって。
私はね・・・そう思う。。。

うん。気をつけます。これからはね。。。
目から落ちてきた“ウロコ”は、心の中に大事にしまっておくことにするよ。