三宅健さん取材日記

これが噂のギャップですか。。。

いいもん、見つけたー!


気が付けば、健くんの話題どころか、V6の話題すら書いてない(汗”
しかも、バレンタインデーに“愛してる”の一言すら書いてない(滝汗””
これで、カケモチブログと言えるのか・・・!!!!!!!

と、反省しつつ。。。

クマグスもVシュランも、年明けから録画を録りっ放し。
トニコンのDVDだって、M.A.D.で盛り上がる始末。
これで、カケモチブログと言えるのか・・・!!!!!!!


言葉にしなくても、想いはいつも変わらない。
健くん、愛してるーーーーーーー!!!!!!!!!!!


いつも、そろそろあまり書いてないなぁって時になると、V6の朗報が飛び込んで来る。
そうねぇ、こういう時は、舞台決定!なんて言うのがいいなぁ~☆

今日は、それではなくて、そろそろ健くんの連載する「ステージ・ダイアリー」が掲載されている雑誌「acteur」の発売日じゃないかなぁと思って調べていたら、アメブロにacteurの編集者のブログを見つけて。
今月発売号に掲載される「ステージ・ダイアリー」の健くんの取材に同行した編集者が、『三宅健さんの取材日記』と題して書いているのですが。

まぁ、ベ・タ・ボ・メ

爽やか・・・しかも、カメラ撮影でのキリリッとした表情のギャップがいいと。
話が上手い・・・挨拶をしっかりする素敵な人だと。
まぁ、ベタボメです。

でも、そんなこと、当たり前です!
G・A・Pでも、何でもありません、と本当は言いたい。

つまり、世の中の健くんの印象は、本当の健くんと違うとは言わないまでも、ほんの一部分。
そして、私たち健くんフリークは、そんなこと百も承知だったりする訳で。
今更何をおっしゃるウサギさん、と思ったりもしますが。

ふふふ・・・でも、嬉しいの

単純に、これだけ褒められると、ファンとして誇らしい

acteurのグラビアって、健くんをものすご~く艶っぽく撮ってくれるから好き

『acteurNo.14』は、2月21日発売です!忘れずに本屋さんへGO!


PCから→acteur(アクチュール) No.14(2009 March) (キネ旬ムック)
携帯から→acteur(アクチュール) No.14(2009 March) (キネ旬ムック)