Kis-My-Ft2 A.B.C.-Z FIRST CONCERT

キッスでテンションが上がり、ハニビとweeeekで最高潮に達する自分っていったい。。。

画像


Kis-My-Ft2&A.B.C.-Zのファーストコンサート、横浜アリーナオーラス公演へ行って来た。

グッズはパンフレットとドッグタグだけ、記念に買ってきた。

ブログを読む仲良しの友達に、彼らの担当さんがいるので、正直言うと記事を書きづらい。
自分の担当グループに対しては、遠慮なく書けるんだけど、どうもね。。。
コンの感想って訳じゃないから、スルーしてもいいよ。。。



キスマイに関しては、いろいろ個人的な思いがある。
それはちょうど、最近のA.B.C.-Zのように。

キスマイは、NEWSがデビューしたことで、結果的にその数ヵ月後に結成した。
キスマイがよく歌っていた“千年のLOVE SONG”は、そのかつてのユニのオリ曲だ。

キスマイ誕生の頃、雑誌とか少クラとかで、その“M”がマッスーになることもあった。
王子様マッスーが率いる、4人プラス2人のそのパフォーマンスが大好きだった。
今でもその時代が戻ってくるとは思っていないし、それを望んでいる訳じゃない。
それは今の彼らとは何の関係もなく、ただ自分の担当の思い出だからというだけ。
かつて、7人に成り立てだった頃、弟組はローラーを履いて滑るのが困難だった。

まぁ、こんなに立派に滑れるようになって。。。という、親心もありつつ。

今は、こんなにも団結した素晴らしい7人グループになった。
北斗七星とか虹とか、シンメにならない奇数だって、いいところはいっぱいある。

お友達の担当さんの見せ場は、やっぱり感動する。
スポットライトを浴びる、その瞬間はゾクゾクする。
きっと喜んでいるだろうなって、泣いちゃっているかな、とか。

父さんが目の前のリフターで歌うのを目の当たりにして、すごく懐かしくなった。
あぁ。。。かつて、好きだった頃もあったなぁって。
カツンコンで思いっきりファンサもらって、Jr.担の醍醐味を味わってはしゃいだなぁって。

担当さんは、今のグループではたった一人しか滑れないから、コンでも滅多に滑らない。
でも本当は、大好きなんだ。担当さんの滑るところ、大好きなんだ。
こうやって、グループの皆で滑れるっていいなぁ~って、羨ましくなった。

格好良く踊るよりも何よりも、私は滑る男に惚れる。。。


A.B.C.-Zについては、特に思い入れはなかったけれど。

コンサートを見て、はっしーを入れた理由が何となく分かる気がした。
確実に、ヴォーカル力が強化されていた。
ほとんどのラップと、かなりのバラードパートを、はっしーが担っていた。
そして、それはちょうど、寡黙なクール男に見えて実はやんちゃな盛り上げ隊長であるV6での岡田くんのように、はっしーはその弾けるような若さで、コンでの強烈な盛り上げ隊長を担っていた。
これには正直、驚いた。はっしー、こんな子だったのかぁ。。。
それはなかなか、非常に興味深い出来事だった。



37歳の円熟した裸体と腰振りに骨抜きにされていた時期だったので、どうも若者には萌えなかったけど。
いいコンサートだったよ。。。懐かし過ぎて、相方は時々涙してた。
静かに遠くから見守るには、正面の見やすいスタンド席でちょうど良かったし。
いい曲を歌わせてもらっているよね、彼らは。


うん、楽しかったよ。。。
テゴマスのキッスをJr.が歌い始めてスクリーンに本家の映像が流れてから、急にテンションが上がり、その後ハニビとweeeekを歌ってくれた時が、最高にハッピーな自分にあきれたけど。
やっぱ、私って。。。(苦笑)


ひとつだけ思うのは、NEWSコンでも無い訳ではないけど、コンが始まると、担当が来ないからとか、触れられない席だからとかで、サイドチェンジや列チェンジを掲示板で求める人が多いのが、個人的には悲しい。
だって・・・担当の、究極に待ちに待った単独コンですよね?担当が主役のコンですよね?。。。

そんなとき、ピーターの名台詞がふと思い出されるんだ。

“これ以上、どんな望みがあるっていうのよ”。。。



と言うことで・・・
代々木公演も頑張って下さい!行かれるお友達、楽しんで来てね!

最後に・・・
初会いしてくれた瑠璃ちゃん、ありがとうございました!
こんな私ですけど、これからもよろしくお願いします(ペコリ)