「大決戦!超ウルトラ8兄弟」初日舞台挨拶レポ☆川崎1回目

光の国から僕らのために、来たぞ!我らのウルトラマン。。。

あぁ。。。ウルトラマンの歌を口ずさめてしまう自分が哀しい。。。(笑)

V6の長野博くん主演、待望のウルトラマン映画の初日舞台挨拶に行って来ました!

岡田くん主演映画の舞台挨拶のチケは激戦だけど、他のメンバーのなら何とか入手出来る。
今回は、お友達がネット販売でゲットしてくれました。ありがとー!

マスコミが入る新宿会場は、ウルトラ8兄弟が勢揃いするので、興味はあったけど激戦そうだし。
登壇者が少ない方が長野くんのコメントも長めなので、私は初めから川崎会場狙いだった。

1回目の舞台挨拶は映画上映後、2回目は上映前で、どちらかと言うとやはり上映後の挨拶の方が、映画の内容に触れることが出来るので、話の中味がある気がした。

映画は、予想以上にとても面白く、大いに楽しめた。
今の女の子たちには少ないだろうが、かつては男女分け隔てなく、ウルトラマンは万人に愛されていた。
リバイバルなのかリアルタイムなのか、私もウルトラマンで育った者の一人であることを痛感する。
ラストのブラスバンドでの往年のテーマソングが流れると、否応なしに心が一緒に歌いだす。

光の国から僕らのために、来たぞ!我らのウルトラマン。。。



では、以下はメモをもとに会話を再現した、舞台挨拶のレポです。
多少言い回しが違うところもあるでしょうが、雰囲気を感じて頂ければと。


 『大決戦!超ウルトラ8兄弟』初日舞台挨拶
川崎1回目≪2008.9.13≫

ちょっと地球防衛の隊員風の服装をした司会者が、まずは登場。
あれー、珍しく、伊藤さとりさんじゃないんだねー。
今回は、ウルトラ兄弟たちが、舞台挨拶に全国に散らばるからかな。

司会者が映画の紹介をちょこっとした後に、登壇者が登場!

まずは、モロボシ・ダン役の森次晃嗣さんとウルトラセブン。
そして、北斗星司役の高峰圭二さんとウルトラマンエース。
ラストは、マドカ・ダイゴ役の長野博くんとウルトラマンティガが登場!

ティガが壇上に上がる時につまずいてしまい、てへへ~、みたいな仕草がめっちゃ可愛かった。
ウルトラマンたちが一緒に登壇するとは思っていなかったので、何だか楽しい。
スーツアクターって、それなりにやっぱりアクターで、喋らないけどね、立ち姿がヒーローっぽく凛としている。
でも、結構お茶目な面もあって、特にティガの細かい芸が終始笑いを誘っていたな。

長野くんは、黒いレザージャケットにグレーのインナーにジーパンというシックな装い。
年配の方に囲まれると、長野くんのスリムさが一層際立っていた。ス☆テ☆キ


☆長野くんからの挨拶

長野「皆さん、こんにちはー!12年ぶりに変身させて頂きました、マドカ・ダイゴ役、ウルトラマンティガの長野博です。チビッコがたくさん来てますね。(ダイゴ~!と子供から声がかかる)は~い、ダイゴだよ~。8年ぶりにやらせてもらえるとは思っていなかったし、自分がテレビで見ていた人との共演は嬉しかったです。ここだけの話、エースとセブンが一番好きだったんですよ」
森次「二人がいるからじゃないの?」
長野「いや、本当に。黒部さんがいないからとかじゃなくて」
高峰「後で、サインちょうだい」

長野「遠くから来ている人もいるとか。北海道からって人は?・・・いませんね。九州は?(数名挙手あり)有難うございます。チケットは30秒で完売だったそうです」
(う~ん、本当はネット販売って、決済までに時間がかかるし、回線混雑のために決済まで到達せずキャンセルになる場合もあるから、30秒っていうのは違うと思うけどね)

長野「今回、横浜開港150周年ということで、横浜のロケ地とかを見てもらいたいですね」
(挨拶が終わると、隣に立っているティガと握手をする長野くん)

☆森次さんからの挨拶

森次「子供たち、元気かー?」
(1回目の舞台挨拶には、結構子供たちが入っていたけど、2回目は若い女性ばっかりだったよ)
森次「初日にこんなにたくさん集まって頂いて、有難うございます。2年前にメビウスと4人の昭和のヒーローの映画をやった時には、神戸で昼間のシーンが多かったのですが、横浜では夜のシーンもたくさんあって。平成のヒーローって、実は知らなくて・・・」
(誰が知っていて、誰を知らなかった、みたいな話を森次さんが遠慮なくする訳です。そうしたら、それを言っちゃあまずいだろう的に、隣のウルトラセブンが焦って、口に1本指を立ててシー!ってするんですよ。それが超可笑しくて、スーツ着ていても役者だなぁって思った)

気を取り直して、話題を変える森次さん(笑)
森次「今回は、市役所勤めの長野くんが、ピッタリなんですよ。自転車に乗って通勤して」
長野「あの自転車、世界に1台しかなくて、30万するそうです。ティガカラーで特別に作ってもらって、GUTSのマークも入れてもらって」
高峰「長野くんが乗ったから、30万じゃすまないんじゃないの?売れば、オークションで」
長野「売るなら、実家で売りますから!」

(どういう流れだったか忘れたけど、ウルトラセブンの頭の上の鶏冠みたいなヤツ、あれは武器としてブーメランのように飛ばすことが出来るんだけど、森次さんがセブンに対して「これ、取ってみろ」みたいに言い出して、セブンはすご~く困る訳です)
長野くん「もう、勘弁してやってくださいよ」(と、ヒーローは優しいフォローを)

森次「ウルトラマンは8人いますから、最低8回はいろいろな角度から観て下さい」
(この時点で、かなりダンディー4が面白いことが判明!)

☆高峰さんからの挨拶

高峰「こんにちは、北斗です!」(ものすご~く大きな声で、びっくり!)
高峰「前回の映画と違って、(観に来ているお客さんが)若い女性が多くて、ドキドキしてます。これも長野くんのおかげです。一生ないぐらい感激してます。いろいろな所からおみえになっていると言うことで、お帰りになりましたら、面白かったよと、ぜひ宣伝して下さい」

☆ダンとアンヌの結婚話について

ウルトラセブンでは、ダンとアンヌは悲恋なのだそうですが、この映画では、結婚しているのです。
映画の制作発表では、特にこの、ダンとアンヌの結婚!がスポーツ紙を賑わせていたらしく。
森次「おじさんに、僕が女房と別れて外国人と結婚したのか!と思われまして」(と、苦笑い)
つまり、マスコミのツッコミどころが違うだろう!みたいな話でした。

☆ビューティー4とダンディー4

司会「ビューティー4やダンディー4との共演はいかがでしたか?長野さん」

えっ?!何っ?ビューティー・フォーって・・・。初聞きなんだけど・・・。
昭和のヒーローを最近、ダンディー4と呼んでいるのは知っていますが、ビューティー4って何?
・・・帰宅してパンフを読んだら、どうやら昭和のヒロインたちを、ビューティー4と呼ぶらしい。

長野「テレビで観ていた方々との共演で、僕の方が緊張しました。アンヌ隊員は、トニセンのコンサートを見に来てくれて」
森次「やっぱりあいつも、若いのが好きなんだな・・・」(爆笑)

☆V6の歌う主題歌「LIGHT IN YOUR HEART」の話

長野「映画の主題歌をV6が歌っています。予約がすごいらしいですよ。普通では変えないので、これを逃すと手に入りません。17日を過ぎるとここにも置くとおもうので、映画を観た時に買って頂ければ」

映画公開後のCD発売が良いのか、公開直前の発売がいいのか、悩みどころですけどね。
今回は、公開後の発売と言うことで、せっかくテンションが上がっているときに手に取れないのが、なんとも残念であります。
映画のエンディングで、V6のこの歌が流れますが、V6として出すCDよりも長尺のムービーバージョンです。
何が長いのかと言えば、おそらくは、ツーコーラス目の後から長野くんの大サビまでの間の、間奏が長いのだと私は聴いていて思いました。
メンバーたちがどう長いのか知らないのだから、歌が長いはずはない。
だから、アレンジ的に、クレジットが流れる時間に合わせた長さにしているのだろうと思う。
まだ、予約していないんだけど、どうしようかなぁ。。。

☆印象深い好きなシーンは?

高峰「最初に長野さんと会うシーン。おじさんだけど動けるところを見せたくて、走りながら長野くんにパンを渡すんです。格好いいバトンタッチになっていたでしょう!」

☆最後に、長野くんからのメッセージ

長野「今回、観て下さったような、親子で何世代でも楽しめる映画はなかなか無いと思います。同じ次元で話せるいい機会ですので、観たことを心で感じて、ウルトラマンを愛してくれたら嬉しいです」

そして、お手振りしながら笑顔で舞台を後にした、ヒーローたちなのでした。。。



と言うことで・・・
暴走するダンディー4の面白さと、優しくフォローする笑顔の長野くんの魅力全開な、楽しい舞台挨拶でした。

川崎2回目のレポは、別記事にて後ほど。。。


(パンフレットには、記念スタンプを押す箇所があるので、帰りに忘れずに押しましょう!)

PCから→LIGHT IN YOUR HEART ウルトラマン限定盤
携帯から→LIGHT IN YOUR HEART ウルトラマン限定盤