V6☆ライブDVD♪GET!

マルチアングルに、ちょっと期待し過ぎちゃったかな。。。

V6 LIVE TOUR 2007 Voyager~僕と僕らのあしたへ~

本日、そのライブDVDをフライングゲットしてきた。
今日一晩で全部観るのは無理だから、まずはマルチアングルをと思ったけれど。。。

どのマルチアングルの曲も、
アングル1が坂本くん、
アングル2が長野くん、
アングル3がイノッチ、・・・と、そこまではいいけど、
アングル4が何故か健くん、
アングル5が何故か岡田くん、
アングル6が何故か剛くん、・・・年功序列じゃないこの並びは?

※通常盤のハニビは全員のがアングル1になるから、数字がひとつずつずれる。
※トニとカミの曲も、3人は上の順番。

何かね、マルチアングルに期待し過ぎちゃった感がある。
ダンスの動きが激しいのは分かるけど、カメラが被写体について行ってない。
まるで、どこかの誰かがこっそり撮ったみたいに、妙にブレるしピンボケるし。
何だか目を疑ってしまった。萌え半分、落胆半分みたいな。。。

いや、可愛いからいいんだけどさ。。。
めちゃめちゃ可愛いから、いいんだけどさ。。。
どうなの?どうなの?これ・・・どうなの?

寄り過ぎじゃないですか?私的には、もっと引きでお願いしたかった。
だって、確かに可愛いお顔は拝見したいけど、どっちかと言うとダンスを見たい。
なのに、バストアップの寄りがほとんどで、オマケに寄り過ぎでピントが揺らぐ。
しかも動きについていけなくて、カメラが置いていかれているしアングルも悪い。
トニ曲もカミ曲も、重要ポイントが映っているのは、イノッチだけだし。
これ、結構重要じゃない?楽しみにしていたんですけど。
もしかして、そういうのは事務所的にNGなのかと思ってしまうほど。
トニ曲は、わりと引きの映像もあるけど、カミ曲はとにかく寄りっ放し。
これって、そうすればファンが喜ぶと思ってやっているんだろうか。
あぁ、もしかしてこれは、単に私の個人的な趣味なんだろうか。
私はダンスを見たかった。もっと、腰から下も含めたダンスを。
だって、ライブイシックスのマルチみたいなのを、普通期待するじゃない。
ちなみに、普通のアングルを見たけど、こっちの方がよっぽどいい感じに仕上がってた。
まぁ、そんなご不満な映像でも、十分ドキドキしっ放しですけどね。

実は私、V6のライブDVDを買ってもあまり観られないんです。
こんなに好きなのにね。こんなに大好きなのにね、V6のこと。
何故かって、映像のカット割りがあまりにも細か過ぎて、いわゆる○○モン現象ですよ。
聴くことは出来ても、長く観ていられないんです。悲しいことに。
これね、V6しか買わない人は分からないかも知れないけれど。
NEWSのDVDなんて、観る人に優しく出来ていて、いつまでも観ていられるの。
ここ数年のVのDVDは、いつも苦手。特にソロほど観れなくて。
企画は良くなっても、こういう映像は相変わらずなんだなと、少し残念だった。
健くんのソロがバラードで、カット割りが少ないのがせめてもの救いです。

でも、発売してもらえなかった年のことを思えば、こうやってDVD化してもらえるだけで有難いことだと思っています。

ザーッと流したら、サンダーバードとかは激しくて全然観れなかったけど、アンコールとかバラード曲は少しいつもよりは目に優しくなっているみたい。

これから少しずつ、アリーナにいる自分探しでもしながら、観ていこうかな。。。

愛しのナポリタンもMC集も、楽しみにとっておきます。。。
こっちの方が、萌えかしら。。。


思い出のカケラを拾い集めて、またここでつなぎ合わせると、
あの瞬間のあなたへの熱い想いが、この胸に甦って苦しくなる。。。




V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-(初回限定盤)
V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-(通常盤)