LEAVE。。。

えぇ、えぇ。。。萌えますとも、萌えますともおぉぉぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!!!!!!!

一昨日の晩から、やたらと心拍数を上げております。

本当は、一つ前の記事も、PCの傍らに雑誌を置いて書いておりました。

特に、何とは申しませんが・・・
今までの長いようで短い、短いようで長いファン人生の中で、これほどまでに心臓をバックンバックンさせられたグラビアはなかったような気がします。

何気に他の方が脱いでいる時には、正視に堪えないのでページをぶっ飛ばすんですが、さすがに自担にやられると、これほどまでかと。。。
ここに心臓があるんだぞ!とまるで主張しているかのような機敏な動きで、体中に血液を巡らせようとする心の臓が、眩暈と吐気を催す位の焦燥感にも似た感覚を呼び起こしてくる。
それはもう、“萌え”とか言う表現の範疇ではなく、息が止まる時間が持続するせいで、かなりの呼吸困難に陥ってもがき続けなければいけないぐらい、その魔力に溺れてる。

あぁ。。。ダメだ。。。当分現実復帰できない。。。



と言うことで・・・
えっ?!なになに?と・・・・
普段見ない人に興味本位で見られたくないので、これ以上言及しません。

さて、今日は、Vコンのレポ満載の雑誌のお話。。。

☆POTATO

コンサートの様子を一番上手く表現出来ていたのが、この雑誌。
但し、最後の1文はちょっと不満。
“三宅の投げキッスという、ナイスなオマケ”という表現は適切じゃあない。
あれは、オマケじゃないんだ!
あれがないと、その日のコンはいつまで経っても終わらない、それぐらい重要なもの。
ファン目線で書けとは言わないけど、ちょっとこの表現は捻って考えたんだろうなぁとは思いますけど、あまりに陳腐かと。
でも、それ以外の表現は、他のドル誌よりは良かったと思ってます(一応、フォロー…)

岡ちゃんのグラビアは、“なぞなぞ大辞典…”ってSPで言っていた、ちょっと素に近い表情だなぁって思って、可愛くて好きです。

健くんの“Discovery”。。。
私がブログで書く、ちょっと意味が難しいけど何となく分かるな~的な表現を好む方には、ぜひこの健くんのインタビュー記事を読んで欲しい。
自分への気づき、自分と向き合うことの大切さを語っています。
こんな表現は、健くんのインタビューではいつものことで別に珍しいことじゃないけれど、アイドルでこういう哲学的なことを語る人って、そんなにいないんじゃないかな。
だから・・・大好きです♪

剛くんは、3誌共通して、1月からの舞台『IZO』のことを語っていますよね。
制作発表の剛くんの風貌を見て、知らない人は結構引いたみたいですけど、あれ、舞台上で動き出したら、たまらなく魅力的なんじゃないかと思うんです。
インタビュー読んでいるだけで、何か、どんな演技を見せてくれるんだろうって、すごくドキドキしてくるんです。
オマケに・・・土佐弁!って。。。
歌姫を見ながら、土佐弁いいよなぁ~って、進海丸を懐かしがっている私ですけど、剛くんも土佐弁なんですね~。
すごくすご~く、楽しみです♪

☆Wink Up

この雑誌のコンレポのいいところは、岡田くんの誕生日に寄せた他のグループのメンバーからのコメントが、ほぼ全文掲載されています。
長瀬くんや堂本剛くん、嵐の櫻井翔くんファンの方で、Vコンで流れたコメントが気になっていた方には嬉しいですよね。
ジャニウェブのレポって、Vファン向けに出来ていて、この他のグループメンバーのコメントって、かなり省略されていましたから。
長野くんからの、お母さん目線のお手紙も全文掲載されていますね。
あの手紙を読むのを聞いていた岡田くんの顔・・・何とも言えずおかしかったなぁ~。
コンレポに関しては、あまり萌えるグラビアはないけど・・・。

何ヶ月か前から始まった、テーマを決めたグラビア撮影のカミセン。
毎号、コンセプトが凝っていて、アイドル誌には珍しい、いい写真撮ってくれています。
でもあれ、カメラマンの腕だけじゃないと思うんです。
舞台やテレビで活躍する演技派な3人だからこそ、この2次元の空間での表現の芸術が成り立っているような、そんな気がします。
記事の内容が、テーマと全く関係ないって言うところが、何とも不可思議だけどね。
剛くん担の友達は、朝より夜の方が良かったなって言ってたけど・・・
朝だからこそ、けだるいんじゃないの?・・・(爆)

健くん。。。私が拾いに行くから待っててね。。。


えっとー・・・今回、duetは、特にコメントすることがないので省略。
(NEWSが表紙だから、買っているけどね)

☆oricon style

コンレポで一番贅沢なのは、何と言ってもオリスタ。
今週号はBOOK in Bookでコンレポ掲載。
そして、来週号では新曲についての記事で、表紙と巻頭記事を飾るので、ファン必読!

オーラスのMCが会話形式で掲載されています。
健くんの暴走ぶりが書いてあるけど、実はこの日は健くんなりにかなり抑えていることがありありだったんだけどね。
本当は、前日の方がもっと暴走していたんだよ。
コンの様子の表現は普通だったけど、各個人についてのコメントがなかなかいいと思う。
メンバーのことをよく分かっている人の言葉だなぁ~と思った。

記者さんに愛されるってことも、大切だよね。。。



貴重な公演だった、V6コンサート、ツアーファイナル。。。
メンバーに会いたくて、大切な時間を一緒に過ごしたくて、涙した人もいると思う。
でも、春には、あなたも彼らと素敵な時間を共有することが出来るから、待っててね。。。