テゴマス☆雑誌デビュー♪

今月のアイドル雑誌3誌では、テゴマスの二人が仲良くグラビアを飾ってる。
あれから・・・メンバーはいつも別々のページだった。
だからね、二人が一緒なのが何だかとっても嬉しいの。。。

今日は、やっと『ミソスープ』のPVをゲットしたぞ!(正確にはしてもらった・・・)
あ・・・危なかったんですけど。。。
母上さま~10時からだって言うのに、寝坊しないで下さいよ。。。
1曲目のきんきさんを録り損なったじゃないですかぁ。
良かった、ミソスープは9曲目で。
でもその代わり、余分に録っていた時間に、Kさんの『ファースト・クリスマス』が入ってた。
映画「7月24日通りのクリスマス」の映像が流れていて、すごく懐かしかった。
映画では、エンディングに流れるから、映像と共に流れることはないんだけどね。
すごく映像に合っていて、とってもいい感じ。。。
Kさんの歌、心にしみますよね。。。

昨日の少クラの英語バージョンの『ミソスープ』。。。
正直に言うと、Kさんが流暢な日本語で素晴らしいバラードを聴かせてくれるほどに、
英語圏の方々に、あなた方の想いは伝わるのか。。。ちょっと不安。
いささか発音がジャパニーズなのですが、ぜひともそのへんはハートで伝えて欲しいかな。。。

あ、雑誌の話だね、そうそう。。。

NEWSの手越祐也くんと増田貴久くんのユニット”テゴマス”が、雑誌初登場!!!!!

知らなかったから、本屋さんで絶句しちゃって、即3誌ともお買い上げ。。。
いつもは、買っても記事はほとんど読まない私ですが、テゴマス記事だけは読みました。
写真はどの雑誌も二人で仲良さそうにしているけど、特にテゴりんの笑顔がとても自然な感じなのが印象的。
マッスーはいっつも笑顔キャラで、自然であろうが作ろうが、いつも輝いていますけど。
テゴりんが、何だかとっても嬉しそうで、こっちまで嬉しくなっちゃいます。
なぜ記事に書こうと思ったかと言えば、テゴりんのコメントがとても嬉しかったから。

☆P誌より

マッスーの歌は・・・何て言うんだろう、オレの頭の中では”こう!”って言うのがあるんだけど、それを言葉にするのは難しいな。優しいというか、包み込むように歌うというか、それはマッスーにしか出来ないと思う。

あと、マッスーの歌のすごくいいところがもうひとつある!今のアーティストって、歌をすごくかき混ぜて歌う人が多いんだよね。テクニックに偏ったりとか、語尾にすごい色をつけたりとか。それはやりすぎるとしつこさになってしまうの。でも、マッスーは歌詞をすごくストレートに歌う人だと思う。ストーンと心に入ってくるような歌なんだよね。テクニックはあるのに、それを使いすぎない。そこはスゴイなって思います!


そんな・・・テゴりんのマッスーの歌に関するコメントがね、すっごく嬉しかった。
まさに、そうだなぁって、表現の上手さにちょっと感動した!

いい意味でお互いをライバルとして意識して、互いの歌を磨いている姿勢が素敵ですぅ
そう言えば、マッスー、あんな大舞台なのに、音外さなくなったね。
随分きっと、歌い込んでここまで来たんだろうなぁ~って思って感無量です。

さっき、英語の発音がどうのこうの言いましたけど・・・
この雑誌読むと、どんなにか二人が英語バージョンを頑張ったかよく分かります。
だからやっぱり、歌は言葉じゃない、ハートだよって思ってます

☆W誌より

P誌が、インタビューに対する答え的対談なのに対して、こちらは自然な二人の会話っぽい。
”テゴマス”誕生秘話?とか、味噌汁に関しての話とか、スウェーデンの話とか。

曲の内面の部分って表にも出ると思うから、聴いてくれる人にも気持ちを伝えられたら嬉しいよね。。。ってマッスー。
ぜひ、何度も聴きこんで、ボクらの気持ちを感じ取って下さい!。。。と、テゴりん。

CDデビューという経験があったからこそ、ここまで歌に対して真剣に向き合ってきたんじゃないかな。
自分磨きをしながら来年まで頑張ろうという、今のこの時期があったからこそ、二人がユニットとしてデビュー出来たんだと思うから、そういった想いも込めて、いい歌聴かせて下さいね

☆D誌より

3誌の中で、唯一屋外でのグラビア撮影。
自然体の二人の笑顔が素敵です♪
りんごをボールに、バナナをバットに見立てて、何遊んでいるんですか?
対談も、ちょっと面白秘話絡みかな。

みなさんも、クリスマスは『ミソスープ』で!ってテゴりんが言うけど、ごめん。。。
イブは・・・びーなすしてたり、ほっさまーしてたりするかも。。。


と言うことで、私的には、断然P誌がおススメでありまする。。。


あ、そうそう。。。今週のoricon styleにテゴマス登場です!
表紙はKinKi Kidsさんですから、売り切れないうちにGETしましょう

↓英語バージョンCDはコチラ