『ゲド戦記』初日舞台挨拶レポ♪

7月29日に公開初日を迎えた、スタジオ・ジブリ作品『ゲド戦記』。
TOHOシネマズ六本木で行われた、初日舞台挨拶について。。。

舞台挨拶は初回上映の後、画面にはアレンと龍の絵が映されています。
映画上映終了後、報道陣がドーッと入ってきて、スタンバイ。
何か、こういうWS撮影見るのって久しぶり・・・。
TONI-TENイベントの時以来かも。
完成披露試写会は何回か経験あるけど、初日舞台挨拶は実は初めて。
司会は男性で、日本テレビのアナウンサーか何かかな。結構面白い人だった!

舞台挨拶は、V6の岡田准一くん、手嶌葵さん、宮崎吾朗監督が登場です!

宮崎吾朗監督、岡田くん、手嶌さんの順番で出てきてくれました。
岡田くんは、黒いパンツにグレーのジャケット。
何故か中が、白地に人の顔が描かれているTシャツだった。
手嶌さん・・・岡田くんより若干背が高いような・・・。
ドレープのきいた素敵なドレスを着ていましたが、こういう場に慣れていないのか、コメントが教科書的なひとことばかりで、司会者も困っていました。
緊張されていたのかな、それに比べると岡田くんはやっぱりアイドルだよね!
(以下、メモ起こしなので言い回しが実際とは多少違いますのであしからず。)
webでも詳しいレポがあると思いますけど、参考まで。


≪ひとりずつの挨拶≫

☆岡田准一くんの挨拶

アレン役をやらせて頂いた岡田准一です。今流れていたのと同じ声ですけど・・・。
吾朗監督が上映中の中の様子が気になるらしく、扉を開けたがるのをスタッフが引き止めているのが印象的でした。
初日は緊張します。どういう感想なのかな、と思います。
撮影は3日間だったんですけど・・・。 (吾朗監督に、絵はとってないと突っ込まれ)
アフレコは3日間であっという間に終わり、ひとりでブースに入って撮影しました。
(アフレコのことをつい、撮影と言っては監督にアフレコだよと言われていました。)
(手嶌さんとは、一緒の仕事はなく、後日初めて会ったそうです。)
手嶌さんにお会いした時、”テルーの唄”聴いてますって言ったらサーッと引かれて・・・。
そんなシャイな二人でやっていこうかと思います。
ぜひまた観に来てもらえたら嬉しいです。

☆手嶌葵さんの挨拶
初めての演技で分からなかったのですが、吾朗監督に教えて頂いて嬉しかったです。

☆宮崎吾朗監督の挨拶
満員と聞いていましたが、ここにいる方の99%は岡田さんを見に来た方だと思います。
本当の勝負はこれからです。

≪大勢の観客を目の前にしての感想≫

☆岡田くんの感想
初めての声優でどうして良いか分からなかったところもありますが、楽しい現場でした。
怖いですが、期待もあります。

☆手嶌さんの感想
とてもドキドキしています。

☆宮崎吾朗監督の感想
開き直るしかないですね。

第63回ベネチア国際映画祭に『ゲド戦記』が特別招待されることになったと、司会者が発表。

≪ベネチアでの世界デビューについて≫

☆宮崎監督のコメント
ベネチアの人は、いつこの映画を観たんでしょうね。
あてずっぽうで招待して、失敗したと思わないといいですが。

☆岡田くんの声の世界デビューについてのコメント
きっと字幕だと思うので、声なんて意識しないで観るのではないでしょうか。
(監督に一緒に行きますか?と言われ・・)
日本の声をやっている人なんだ、位の相手にされなさそうですよ。

☆手嶌さんの歌の世界デビューについてのコメント
世界の人に聴いてもらえるのは嬉しいです。

≪主題歌・挿入歌の作詞について:宮崎監督≫
(詞は30分位で書かれたそうですね、と宮崎監督に司会者が聞くと・・・)
それは大袈裟で、実際は3時間ぐらいです。
詩を書くのも絵を描くのも同じで、イメージが溜まったものが噴出す感じで。
イメージが出来てくれば、詩も書けるみたいな。
今回は葵さんの声をイメージして書きました。

≪宮崎監督と仕事をしての感想:岡田くん≫
とても楽しかったです。
やってやるっていう気合や覚悟、想いがすごくある人だと思います。
一緒に仕事をしていて、とても楽しかったです。
選んで頂ければ、これからも一緒にやりたいです。

≪最後に皆さんへのメッセージ:岡田くん≫
面白いと思ったら、友達や家族とか、いろいろな人に勧めてください。



ということで、短い舞台挨拶が終わり、ちょっと準備をして写真・映像撮影に。
カメラさんは、舞台上に上がり、客席向きにカメラを構えます。
どうやら、中央通路に立って、お客さん背景に撮るらしい。
かけ声練習なんかもさせられまして・・・笑。
真後ろにいなくて良かったよ。写り込んだら大変だ。

監督、岡田くん、手嶌さん、そして・・・ゲドの格好をした方の4人が登場!
中央通路に置いた台上に上がり、大きな看板を持ちます。
後方席にいたから、看板にはなんて書いてあるか全く見えませんでしたけど。
そして、練習したとおり・・・
『ゲド戦記、超大ヒット!』と言って手を振るカットを何回も撮影。
ゲドさん側の看板が下がっているだのなんだのと、面白楽しい撮影でした。

岡田くんは、髪は相変わらず短めで、でもとても似合いますよね。
シャイな感じでボソボソって話すけど、ちゃんとポイント押さえてまとまりのあるコメントを言うあたり、舞台挨拶慣れしているようでさすがだと思いました。
アフレコがたった3日間だけだったというのは、驚きでしたね。
岡ちゃんはとっても素敵な声だから、これからも声優やる機会があったら嬉しいです!

いい作品だと思います。観て下さい。。。




ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック