Private Eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS Love music☆V6

<<   作成日時 : 2017/08/02 00:26   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

一糸乱れる美学。。。

こんばんは。

歌番組『Love music』、V6初登場。

日曜の夜中に放送だったフジテレビ系音楽番組『Love music』。
聞き慣れない番組だと思ったら、森高さんと渡部さんがMCとな。
つまりは、歴代のその流れを組む音楽番組って事なんだろうね。

トップバッターで放送と分かっていたら、リアルタイムで見てたのに。
ファンを目の前にしたライブ形式のダンスパフォーマンスで魅せる。

目の前にチラチラ揺れるファンの手は正直ウザいけど。
一足先にキャーキャー言える環境が羨ましくもあるけど。

とりあえず、ライブのウォーミングアップとしてメンバーの為になるなら、我慢。

テレビでの披露は3回目のアルバム収録曲にしてリード曲の『never』。
メンバーの細か過ぎないカット割り、ダンスパフォーマンスが堪能出来るように映す引きの映像、美しく効果的に使うライティング、時々わざとぼかすカメラワーク等々、今までで一番映像が安定していて美しかった(下にチラチラ映る腕の影の鬱陶しさは別として)。

総じて・・・剛くんがピンポイントで効果的に映されている気がする。これは、カメラマンが剛くんが好きなのか、一番魅力的なダンス担のパフォーマンスと知っているのか、ついつい目が行ってしまうほどに無意識に映してしまうのか、嫉妬したくなるほど、メインパフォーマーとしてV6の魅惑的なダンスパフォーマンスを牽引している。ライブではうっかり剛くんを見ないようにしているんだけど、これだけ映されると、“か・・・カッコイイ!”と心の中で叫ばずにはいられない。そう感じるのは、どう見ても健くんのソロカットが少ないのよね。ま、いいですけども。テレビは出来たら平等でありたい。

メンバーのダンスの魅力をさらに引き出しているのは、何てことはない、普段来ているジャケットを脱いだ身軽なシャツ姿のパフォーマンスだ。しなやかな体の動きがより見せられることや、ジャケットを着ていないことで動きも速くシャープになる効果もあるのだろう。サスペンダー王子の健くんも素敵☆

MCが紹介するでもなく、ナレーションが紹介するでもなく・・・
国民的名MCが自己紹介、アルバム紹介(発売日をうろ覚えw)するのがいい。

近年、国内、国外、同事務所内外問わず、“一糸乱れぬダンスパフォーマンス”がウリでありプライドであるグループは多数ある。でも、V6はどう見ても違う。それぞれが個性的な動きであり、細かい所での違いが顕著なのだが、それは“乱れている”のではなく、クオリティの高い個性の寄り合いであり、それがフォーメーションで素敵な化学反応を起こす。“乱れぬ”ことが美しいのではなく、“揃えない”ことが魅力的なのだ。

そして、そんなV6が、たまらなく愛おしい。。。

あと、もう少し、もう少し。リハ、頑張って下さいね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

V6☆CD発売中

滝沢歌舞伎2016☆DVD発売中

V6☆LIVE DVD発売中

坂本昌行のOne Dish☆発売中

V6☆DVD発売中

カミセン☆ドラマDVD発売中

Love music☆V6 Private Eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる