Private Eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS 『滝沢歌舞伎 2017』☆総括(9)〜化粧〜

<<   作成日時 : 2017/06/24 19:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

労り合い癒し合う言葉。。。

こんばんは。

後輩座長舞台『滝沢歌舞伎』の客演を無事に終えた三宅健くん。
今頃は、次の大きなお仕事のために、頑張っているのかなぁ。

のんびり連載も、そろそろラストスパートしなきゃね。
だってもう、次の未来はすぐそこまで来ているのだから。


『滝沢歌舞伎 2017』

<第一部>
11、滝沢一座   化粧


恒例、ステージ上での公開舞台化粧。
舞台下手に三宅さん、上手に滝沢座長が座る高い台座が登場。

顔の前に四角い大きな鏡台が置かれているので、下から見上げる位置の1階席の斜め方向、上手側席からは三宅さんが、下手側席からは座長様のお顔が、鏡に隠れて全く見えないという、残念な現象が今年は起きていた。昨年も1階席に入ったが、見えなかったという記憶がないので、鏡の大きさの関係だろうか。かなり広範囲の席から、綺麗なお顔を拝見出来ない時間となっていた。その分、二階席、三階席からは双眼鏡で拝めるので、たまには遠くの席にもおいしいところが回って来る。

見えなきゃ見えないで諦めがついて、センターで踊るSnow Manを見たりして過ごす。その代わり、見える席に入った時には、ここぞとばかりにガン見!

座長様は舞台化粧に慣れているので、お化粧のスピードが速い速い。三宅さんは、最初はスノーマンが歌い終わってもまだ腕の白塗りが終えてなくて、マイクを持って話しかけてくるタッキーとトークをしながら必死に塗っている感があったけれど、観劇に行く度に要領を得てお化粧が速くなってきた。なので、トークにも余裕が出て来たといいますか。

公演期間中に、J-webのタッキーの連載『滝沢連合』と健くんの連載『にこにこ健゜』の更新合戦を始めたのも、実はここのトークから。きっかけは5/5の公演のトークだったのではないかな。ひょんなことから、「お前のブログ、全然更新していないじゃないか」という三宅先輩の突っ込みが入り、話題がないのだとか言い訳するものの更に突っ込まれ、「じゃあ、今日更新しますから、健くんも更新して下さいよ」と、健くんを巻き込むタッキー。「俺は毎週日曜日に更新しているんだ」とはいうものの、そこは優しい健くん「よし、じゃあ俺も書くからお前も書けよ!」と言うことで、最初の更新約束が成立。ところが、タッキーは、楽屋のハンガーの写真一枚と一言のみという簡単更新。多分彼からすると普通の更新なんだろうけれど、それでは長文更新が得意の三宅先輩が納得しなかった。「ハンガーに芸術性を求めるな。あんなものは更新とは言わない」と後日の公演で更に突っ込まれる事態に。それに反発して、ラーメンを食べる過程を何回にも分けて連続更新したタッキーは、更に先輩の更新催促情熱に火をつけてしまい、その後はラブレターのように更新し合っていて、知らないうちにこんなに記事が増えているとビックリしたものだ。皆よりもずっと早い時間に健くんが劇場入りした日があって、上演している新橋演舞場の色々な場所を写メる為だったのだと、後からの画像付き連続更新で分かった。後半では、そんなことで公演を楽しむ余裕も出て来て、微笑ましかった。その頃、ここのトークは結構健くんが引っ張っていたような気もする。そういった事情を何も知らないと、あまりにも不定期更新をしていたにこ健゜に、ファンはビックリされたのではないかな。そんな、滝担にも健担にも嬉しい、更新合戦でございました。“写真だけじゃダメだ、文章を書け”のように、後輩座長に促していた三宅先輩。舞台への思いも、先輩や後輩への思いも、照れながらも書いてみたからこそ、想いを伝えあえたことがあるのではないかなと思う。お二人の関係も、より深まったかな?もう次はないと思うけど、いつまでもイイ関係でいてね♪

三宅さんは、ブログで顔を出すことを許されている数少ないジャニタレなので、滝沢歌舞伎の様々な舞台化粧のお写真を順々にアップしてくれましたよね。可愛いのとか、ちょっと怖いのとか。タッキー愛用の化粧落としが肌に合わなかったと書いていたけれど、それでなくても肌が弱いところで毎日厚化粧をするので、見た目にも肌荒れが分かり、さぞかしお肌は大変だっただろうと思う。お疲れさまです。今は、お肌を休めているかな?

今年の演目では、女方と立役とどちらも演じるので、女方が出来るような白塗りで、それもかなり可愛く仕上がっておりました。何と言っても、モトがいいからね、可愛くならないはずはないっ!

あ、そうそう、可愛いエピソードがひとつ。

あれは、まだ初日から間もない公演。腹筋太鼓では上半身裸で平気なのに、この舞台化粧になると、上半身裸が急に恥ずかしくなる、と言うことで、健くんが膝下にあるバスタオルを、お風呂上りの女性のように胸に巻くということをやり出して、タッキーも真似をして、二人して更に艶っぽさを増していた公演がありました。少なくても私は2公演それをやっているのを見ましたが、その後はやめちゃったみたい。可愛かったのに。パラリと肌蹴ると“はあぁ〜”と慌てて胸を隠したり、爆笑モノでしたけど、可愛かったなぁ。自分の可愛さを知っているから、恐ろしいww

公演後半に、ここのトークが長引いて、途中で幕引きされることもあったね。

たかが化粧でも、これ程の演目にしてしまうマルチな才能が溢れるお二人。
いよいよ、タイトルロールである、“滝沢”流歌舞伎へと向かいます。


つ・づ・く。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

V6☆CD発売中

滝沢歌舞伎2016☆DVD発売中

V6☆LIVE DVD発売中

坂本昌行のOne Dish☆発売中

V6☆DVD発売中

カミセン☆ドラマDVD発売中

『滝沢歌舞伎 2017』☆総括(9)〜化粧〜 Private Eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる