Private Eyes

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ジャニーズ銀座 2017』☆宇宙Six公演 (5/27)

<<   作成日時 : 2017/05/31 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シックスは理想型。。。

こんばんは。

怒涛のような舞台&ライブの日々が終わりました。
予定していた最後のライブがこれ、宇宙Six単独公演。

MADEとの合同公演7公演を経て、単独公演5公演を行った。

画像

毎年、日付入りのオリジナルチケットを入場口でくれる彼らの公演。
今年は、宇宙Sixとして初単独公演に挑む松本幸大くんのデザイン。

グッズは、メンバーのオリジナルフォトセットと、全公演共通マフラータオル。


【宇宙Six:メンバー】
江田剛、山本亮太、林翔太、松本幸大、原嘉孝、目黒蓮

クリエは、ウチワ禁止で、ペンライトのみ使用可の公演。
なので、担当を主張するのは、メンバカラーのペンライトしかない。

赤:林、紫:江田、黄:山本、緑:松本、青:目黒、オレンジ:原

でも、実は、一生懸命手を振ると、結構気付いてくれる。
そんな距離感がとても素敵な、シアタークリエのライブ。


2016年の嵐ツアー時に結成されたJr.のユニット、宇宙Six。
本当の意味での単独コンサートが、ジャニーズ銀座で実現する。

They武道3人の単独コンサートの時も、純粋に3人ではなかった。
バックにMADEだったか、幸大だったか、泰観がいたこともあった。
3人だと回し切れないから、毎年Jr.くんたちにバックを任せていた。

初の“宇宙Six”単独公演は、バックダンサーを付けず6人のみ。
正に“単独”コンサート。まるでブイシックスを見ているようだった。

一番年上の江田ちゃんと(可愛いけど最年長)、一番年下メンバーはV6と同じ9歳違いらしい。セクゾンバックに付くことが多かった原・目黒の年下組は、年長組と付いて来た先輩グループが違うので、知っている曲も踊れる曲も全然違っていたらしい。ジェネレーションギャップは、こんなところにもあるんだね。

今回の単独公演は、嵐曲が多い印象を受けた。春から夏にかけて各々違ったライブや舞台に駆り出されていても、嵐コンのバックには望まれてきた面子だもの。

翔太はThey武道の中では長身だったけれど、原・目黒の年下組はもっと長身だった。グループ全体として背丈の粒は揃っていないけれど、ダンスは皆かなり動ける。翔太は、三宅先輩の横で踊ってきただけあって、引き続き美しいダンスで魅せていた。原ちゃんは顔と同じくらい個性的なダンスが、とても目を惹いた。正統派、個性派、様々なスタイルのダンサー揃いで、フォーメーションダンスという程の複雑な振付のダンスではないけれど、よく動けるグループだと思った。

MADEとの合同公演はわちゃわちゃ楽しそうだったけれど、単独公演は、“大人っぽく”纏めているらしい。前半は怒涛の様なダンスの連続で次々と魅せていく。They武道だった3人はソロナンバーがあったけれど、必ず誰か他のメンバーがバックダンサーを担っていて、多くの担当さんが常に楽しめる構成となっていた。

さすがにV6の曲は少なかったけれど・・・。皆若いから仕方ないか。
テイクミーは、イントロ辺りはオリジナル振付だったけど、その後は結構アレンジして踊っていた。ま、ダンスがウリでもあるユニットだから、それもアリかなぁ。

“アイアイ傘”を歌い始めた時には、聴くのが久しぶり過ぎて、誰の曲か咄嗟に分からなかった自分が可笑しい。V曲かと思って曲名考えていたら、テゴマスだった。歌える翔太は、勿論生歌。デュエット相手に指名されたのは、幸大。Jr.でもこれだけの歌唱力レベルを持っているのだから、デビュー組はもっと自覚を持って努力すべきだと思わずにはいられなかった。やっぱ、いい曲だな、アイアイ傘。

印象的だったのは、全編殺陣の演出だった『愛想曲』。
さすが、かつて滝沢歌舞伎で鍛えられた面子、まだまだ出来るねぇ。
色柄違いの和装っぽいデザインの衣装がまた、とっても素敵でした。

オリ曲を作って披露した年もあったけれど、今年は全編デビュー組曲。
6人が全員、盛り上げの煽りが出来るというところが頼もしいと思った。

魅せる、盛り上げる、聴かせる、バランスの良い構成でした。
いつまでもこれからも、皆でパフォーマンスが出来るといいね。

ほんっとに、楽しかった!
サービス精神旺盛なみんな、素敵な思い出をありがとう。

何が楽しいのかって、やっぱりこれだけ近くて、肌で感じられること?
デビュー組のクオリティと、Jr.の心が通う手作り感、どちらも捨て難い。

また、逢えたらいいね。。。


えーっと、セトリは借り物ですので、正確かどうか分かりません。
一応、元歌のグループ名は調べました。ご参考まで。

<ジャニーズ銀座 2017 宇宙Six公演 セットリスト>

・Asterisk/嵐
・TAKE ME HIGHER/V6
・GOLD/KAT-TUN
・SHE SAID.../KAT-TUN
・Hung up on/嵐・大野智 (林)
・ロマンチックタイム/少年隊
・まいったネ今夜/少年隊
・男 never give up/Sexy Zone (松本、目黒、原)
・復活LOVE/嵐
・Hair/Kis-My-Ft2
・Keep the faith/KAT-TUN
☆MC
・Ho!サマー/タッキー&翼
・Bonnie Butterfly/KinKi Kids
・アイアイ傘/テゴマス (林、松本)
・抱いてセニョリータ/修二と彰 (江田、目黒)
・Crazy Accel/A.B.C-Z (山本、原)
・Steal your love/関ジャニ∞ (江田)
・FORM/Kis-My-Ft2・北山宏光 (山本)
・愛想曲/タッキー&翼 〜殺陣〜
・Sakura/嵐
・ひと夏の.../タッキー&翼
・エンドレス・サマー/NEWS
☆アンコール
・花言葉/A.B.C-Z
・Yes?No?/嵐
・感謝カンゲキ雨嵐/嵐(オーラスのみ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

V6☆CD予約受付中

V6☆CD発売中

滝沢歌舞伎2016☆DVD発売中

V6☆LIVE DVD発売中

坂本昌行のOne Dish☆発売中

V6☆DVD発売中

カミセン☆ドラマDVD発売中

『ジャニーズ銀座 2017』☆宇宙Six公演 (5/27) Private Eyes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる